2009年02月02日

●タケムラログはじめました

この春で、百足館通信をはじめて5年。なんかここだと「どーでもいいこと」が自分の中で勝手に書きづらくなってしまってて、使いづらい!ことになってしまってて、なおかつMovableType3.2というオールドスペックなシステムゆえ重かったり使いづらかったり!というわけで、新しくタケムラログをはじめました。

のんびりきままにやっていきます。
百足館はしばらく放置しますので、ブックマークやRSSに登録してくれている方はぜひ以下へ貼り直しをお願いします・・・!

http://takara-machi.jugem.jp/

1月4日アップ/2月2日改訂記事

2008年10月20日

●ご不満が飛ぶ!

boo.jpg

またもやすごいサイトを発見。

全日本ご不満放出選手権

それぞれの不満をかき込んでトブ太君に注入してぶっ飛ばすと、不満がちょっとだけ解消されるという仕組み。おらの書いた不満は「タバコ税1000円」。ヤレタバコは害だ1000円だ、っていう例のヒステリックなアレです。

「タケムラ君は1000円になったら吸う?」
「いや、吸うでしょ」
「え〜1000円で!」
「いや、吸うでしょ、本数減っても」

もーこういう会話いやなんです。
欧米はタバコ20本が1000円以上で日本は安いからタバコも上げるべしといいますが、じゃあ消費税が欧米並みに引き上がるのもOKなんじゃろか???

ていうような不満を飛ばしてみましたが、いまひとつ飛びませんでした、ハイ。

2008年10月02日

●さかさまアポロ

apolo.jpg

さいきんは結構入ってるんだろか。
些細なシアワセ。

2008年09月27日

●野田凪

2d66b18c.jpg
アートディレクターの野田凪が今月はじめ、亡くなった。
ラフォーレやナイキの広告で知られていた人物で、これからますますスゴそうなヒトだった。
去年交通事故に遭い、その後遺症を和らげるための薬を誤飲したのだとか。
なんか、こういう形でこれから先を見たかったひとがなくなるのは、イヤな感じだ。

2008年09月23日

●ライフスタイルセンターじゃと

読売新聞のサイトでとある記事を発見。


続きを読む "ライフスタイルセンターじゃと"

2008年08月19日

●地下鉄がライブで

MAP.JPG
こういうのって、分かりやすい。
地下鉄の走行位置をライブで見れるヘルシンキのサービス。
ちょっとワクワクする。

高知くらいの小さい街なら、バスや電車をこんなんで見せてくれたら分かりやすいかも。特にバスは路線図も分かりにくいわダイヤも自由奔放だわ(定時性がない)、とにもかくにもどこ走っているのか一切わからん。
まあお年寄りが利用者の主ではあるから今は不必要だろうけど、ネット世代が普通に高齢化していくこれからの時代も考えたら、いずれこういうのが当たり前になるような気がする。

関連リンク■ヘルシンキのTRAIN MAP

2008年08月15日

●おそるべしGoogleマップ[ストリートビュー]

こらすごい。
東京・大阪など大都市圏でとりあえずはじまったgoogleのストリートビュー。
あらゆる道沿いの情景が映し出される・・・

子ども時代やら大学時代に棲んだ家もだいたい見れる。
大阪の新地ではヤリてババアの姿が映っていたり、多摩霊園のあたりではバスに心霊が映っていたりと早くも話題騒然。
しかしこれって高知とか地方都市だと相当やばそうねえ。
あれ、だれそれさんがこんなくに・・・?なぜ?みたいな。

続きを読む "おそるべしGoogleマップ[ストリートビュー]"

2008年08月09日

●師匠・井上明彦

freefactory_cover.jpg
おいらが勝手にたった一人の師匠と思い続けて15年。
井上明彦先生。

美術家にして評論家、デザイナーでもあるこの人の授業を受けたのは大学2年生のとき。
おいらの専攻科とは一切関係のない、芸術学科の講義「芸術学特論」を取ったのがはじまりだった。
(当時は岡山大学の助教授で、出張で造形芸大まで教えにきていた。今は京都市立芸大の准教授)
「コレクション」をテーマに、ひたすら考え、ひたすら遊び、ひたすら実践。
他の眠たげな授業とは全然違う刺激に打ちのめされた一年間だった。

続きを読む "師匠・井上明彦"

2008年07月24日

●ブログアンテナー高知、100サイト追加


高知は自己主張が強い人が多いのか、その黎明期から案外ブログが多い。とにかく人口が少ない割に良く書かれているような気がする。
で、3年前くらいにはじめていたのが「高知ブログアンテナ」。当時はおいらもブログをこまめに書いていたので、余所のブログを探すのに便利じゃろうと思って作ったんだけど、こういうサイトの定めで最近は完全に放置プレイ。気がつけば動いていないブログがだいぶ増えていました。
で、最近ちょっと時間もあったのでいろいろ手直し。一年以上動いていないところを100個くらい削除して、新たに追加したのが130。カテゴリ分けも見直して、更に勝手に選んだオススメカテゴリなども増設。ちったあ見やすくなったかと。

で・・・先日ウキウキのukikiさんとも話をしていたんだけど、以前はそれぞれのブログが個性的で、嘘だらけのブログ、真面目すぎるブログ、写真でしっかりと見せるブログ、文章が深いブログ、ノリのいいブログ、日記に徹したブログ・・・と色々なタイプがあったんだけど、最近は飲み会ブログがやたらと多いという印象も再認識。

でも、その一方でよーく見て行くと、マイナーブログでも面白いところってあるなあというのも認識。そういうブログをできるだけここで(勝手に)収容していけたらいいなあ。

こちらをどぞ→→→ブログアンテナ高知


2008年07月08日

●やっぱりすごいや百人隊


やっぱりすごいね。
NYのはかっこええけど、こっちはこわい。おもろい。

2008年07月05日

●大阪ブタ事件

pig.gif
こういう事件があるから大阪はやっぱり好きだ。
北区野崎町といったら南森町の近く。
ここからたぶん2km北あたりのペットショップから手押し車でご自宅のある西成区まで運ぼうとしたらしい。
んで、あえなく撤退。

車使えよ

でも、たぶんハッと気付いたんでしょうな、これはヤバいと。

「食欲、トンでもない」 ブタ置き去りで書類送検
 ペットショップでブタをもらったものの、食欲や重さに圧倒されて公園に置き去りにしたとして、大阪府警曽根崎署は4日、動物愛護法違反の疑いで、大阪市西成区の男性会社員(29)を書類送検した。
 調べでは、会社員は6月12日午後4時ごろ、大阪市北区野崎町の公園に体長約80センチのメスのブタ1頭を捨てた疑い。
 ブタの名は「モモコ」。同日午前11時ごろ、北区内のペットショップから「売れ残った」として無料で譲り受け、手押しの台車に乗せて自宅へ出発。重さに耐えられず、約2キロ離れた同公園でいったん降ろした。
 雑草を食べる様子を見て「すごい食欲。育てられないかも」「持って帰るのが大変」などと考え、そのまま放置したという。付近住民から間もなく110番があり、曽根崎署が保護した。会社員は、以前からブタを飼うことに興味を持っていたという。同ショップによると、モモコは体重が4、50キロとみられる。
 曽根崎署は引き取り手を探している。連絡は同署、電話06(6315)1234へ。

ヘイ投票↓
banner_02.gif

2008年07月04日

●いまさらのだめカンタービレ

nodame.jpg
いまさらながら、のだめカンタービレの時代なのである。
ラスト・フレンズ」終了後、上野樹里ブームが到来。ついでにやっぱりクラシックブームが到来。
家人は逆に千秋(玉木宏)ブーム。

それにしても。

のだめと瑠可(上野樹里)、
峰とタケル(瑛太)、
清良とエリー(水川あさみ)。

三人ともホントに役者だねえ。
同じ役者なのに、二つのドラマで全く違うキャラクター。
「はきゅーん」とか「みな〜みちゃんでっす」とかいうてる人と
「これから素敵なことがいっぱいある・・・きっとある」というてる人が一緒とは・・・

だけどこのドラマは案外奥が深いのね。
毎回涙涙。
千秋が少しずつ成長し、そこにいつものだめがいる。
堅い人物なのに吸収をどんどんしていく。
シンプルな話だけに、シンプルに泣かされます。

聞けばasakozirusiもかつてのだめブームに襲われ、
喋りが「のだめ」になっていたのだという。
それを娘にたしなめられ、以来喋れなくなったとか。

近くヨーロッパ編も借りにいきます!
って・・・youkuで発見してしもた。

フジテレビサイト■のだめカンタービレ

noda.gif

2008年06月10日

●ラストフレンズ・ハチワンダイバー

lastfriends.jpg
最近どーでもいい話題増えてますが。
家のテレビが地デジになったことも関係あるんだろか、今クールは珍しくドラマ二本にはまっちょる。

ひとつは「ラスト・フレンズ」。
回を重ねる毎にどんどんディープ化。
いよいよ今週は最終章。どーやら誰かが死ぬっぽいけど、ホントに全く展開が読めないのがすごい。

そして、上野樹里の化けぶりにビックリね。
この人はすごいね、ホントにそういうキャラにしか見えないくらい役柄にはまってる。
長澤まさみも上手い!瑛太もこんな奴おったら間違いなく惚れるくらい上手い。
みーんな上手い。
でも、たぶん一番上手いのは及川宗佑役の錦戸亮かも知れん。

てゆか、瑛太の姉ちゃんは後の2話でどうからむのか?
てゆか、瑛太は職場復帰できるのか?それどころか、ホントに心臓小さいのか?
てゆか、上野樹里はレースで事故死とかないのか・・?
てゆか、おぐりんとエリーはどーなるのか?

後の2話で、一体どーなるの?というぐらい要素がテンコモリでございます。

続きを読む "ラストフレンズ・ハチワンダイバー"

2008年06月07日

●うんとこどっこいしょ

急に脳みその奥の方から湧いて来て、気付けばたまに口ずさむ。
そんな歌は皆さんありませんでしょうか。

おいらはたまにこういうのが湧いてきます。

♪うんとこどっこいしょ
 うんとこどっこいしょ
 なーんでもできちゃうはーずなんだ
 こんどはきっと イチニノサン

調べてみれば、90年代初頭のグリコとビスコの歌
嗚呼、まさにこの歌。
その名を「うんとこどっこいしょ体操」という。

どっかの歌謡曲なんかよりもずっとべったり脳みそに張り付くこの曲は、
やっぱり名曲といえるんでしょうなあ。




ここ押すよい→→→四国ランキング

2008年05月15日

●山岡さんと雄山の歴史的和解

DSC_0724.jpg
「美味しんぼ」といえば大学1年生のときのこと。
朝の10時から11時までの2本連続の再放送にすっかりはまり、
単位をいくつか落としたのをまずは思い出す。

雄山と山岡の、「実は」いまひとつ理解に苦しむ親子の確執。
どこが勝負の見極めどころなのか、いまひとつ分からない至高と究極の争い。
いくら高給取りが多い新聞社とはいえ、連日「岡星」に通える、いまひとつ想像できないその余裕。
土佐人なのにすっかり関西人と化している京極さんの、いまひとつ曲がった郷土意識。

いろいろないまひとつを抱える漫画でありアニメだった「美味しんぼ」だけど、
その物語の柱も柱の親子の確執がついに終演ということでちょっとだけ大騒ぎである。
今朝なんか「とくダネ!」でもニュースになったりして、
これまたいまひとつ理解に苦しむ事態になっているのである。

続きを読む "山岡さんと雄山の歴史的和解"

2008年01月26日

●北山村のじゃばらじゃばら


ただいま愛飲中。寝る前に飲むとなんかさっぱりと眠れるのだ。

和歌山の北山村にだけ自生している不思議な果実「じゃばら」の果汁と皮だけを使った濃縮ドリンク。
それが皮入り希釈タイプドリンク北山村のじゃばらじゃばら

蓋を開けるとじゃばら独特の、かなり酸っぱい匂いがムンムンとやってくる。
そう、じゃばらは異常に酸っぱいのです。で、これがまたはまる。

ちなみに、お湯で薄めて飲むとなかなかうまい。
ホットポーとか、なんかそんな感じ。

花粉症にも良く効くんだとか。おいらはアトピーと喘息は持ってるけど花粉症ではないので
効き目の程はわからんけれど・・・
まあ花粉症の方は今のうちにお買い上げを。
皮入り希釈タイプドリンク北山村のじゃばらじゃばら

ちなみにこれも案外うまかった・・・じゃばら酒

めんどい方にはこちらがオススメ・・・じゃばらのギフトセット。じゃばら果汁は醸造アルコールまみれのB級酒にちょっと足してやるとめちゃおいしい酒になる・・・その他いろいろな料理に合うみたいです。

珍しくアフィリエイト的な記事でございました。





ぜひ一度→→→四国ブログランキング

2007年10月20日

●高速フォントに国鉄フォント、その魅力

DSC_3120.jpg

子どものころから、文字に惹かれてきた。
ただの線の集合体が「文字」として機能するフシギ。
たまーにじっと見つめていると、なぜこれがある意味を有する図形なのか、
わからなくなる文字のフシギ。

続きを読む "高速フォントに国鉄フォント、その魅力"

2007年10月10日

●本屋さんの街 ヘイ・オン・ワイ

bs4-1.jpg
イギリスには本屋でできてる町があるらしい。
それもずいぶん小さな町で、本屋の町としての歴史は1962年にあるおんちゃんが700ポンドでお店を買って古本屋をはじめた日からというから、ずいぶんと短い歴史、なのである。
そして、城を買って一部を本屋にし(!)、そのことがまた話題を呼んで新しい店を開き・・・という循環を続けているうちに、行政が「古書の町」として売り出すことにしたのだとか。その名もヘイ・オン・ワイ。

続きを読む "本屋さんの街 ヘイ・オン・ワイ"

2007年09月12日

●ごぶさたブログ、んで週末は?

最近すっかりまた書くのを忘れています。
書きたいことはなんとなくあるのですが、チクと頭が追いつきません。
ここんとこ、また静かにバタバタと。以下書かねばならんと思いゆことをとりあえずバラバラと。
8月は東京出張に幕をあけました。JAGDAのセミナーへ参加。んで、なんと原研哉さんと名刺を交換。まあ交換しただけですが。で、ヒルズじゃーミッドタウンじゃーでトーキョーの切ないバブリーを体感後、新宿で友人とメシ食いながら観光談義。
んで、中旬頃には四万十川を下流から上流へひとめぐり。農家レストランの「しゃえんじり」に感動。
下旬には西原理恵子さんが再び帰郷。西原さんのサイン描きを何故か村岡さんとおいらがアシストするという変な光景。でもほんとに西原さんいい方です。で、その晩は西原さんの新刊読んで号泣。

続きを読む "ごぶさたブログ、んで週末は?"

2007年09月10日

●おびさんアートボードに

DSC_4155.jpg
去年のポスターの人気投票第一位だったこのポスター。
事務所の仕事で、おいらの担当した仕事なのでした。
別になにかもらえるわけじゃないけど、ちとうれしい。

2007年04月18日

●なんともいやなニュースが続きますな

_DSC1563.jpg
長崎市長が撃たれて亡くなった。
遠く離れた街のことだけど、なんというか腹が立つ。
テロへの苛立ちはもちろん、任侠の道からもすっかり離れた、その理由の拙さにも。
腹が立ったから殺すって、なんというかあまりに単純すぎる。
宗派の違いでもなく思想の違いでもなく。ただ言いがかり→腹が立った→殺すという単純構図が情けない。
最近そういうの多いけど、なんでこうまで単純になっていくのか。
そして、なんでこうも「金」にまつわる話が多いのか。

続きを読む "なんともいやなニュースが続きますな"

2007年04月02日

●川に落ちたと県議選

DSC_0784.jpg
いよいよ始まった高知県議選。
今回は、なんだか周辺でも男女・年齢問わず県議選のことが話題になる。
候補者に友達や知人が出ていることもあるし、
またいよいよ無意味な「業界票」が高知をダメにしてきたということが
なんとなく理解されてきた、ということもあるような気がする。

続きを読む "川に落ちたと県議選"

2007年03月28日

●いよいよ終了、芋たこなんきん

w26_1.jpg
NHKの朝の連続ドラマ「芋たこなんきん」がおもしろい。
毎朝笑ったり泣いたり、なんだか忙しい。
今週はいよいよ最終週。

続きを読む "いよいよ終了、芋たこなんきん"

2007年03月27日

●追悼 植木等

ueki.jpg
またひとり、またひとり。

ハナ肇、いかりや長介、青島幸男ときて、植木等。
いかりや長介の葬儀でも鼻に管をさした姿で参列していたから、なんとも心配だった。
いつかはくるんだろうな、と思っていたけどいざくるとやっぱり何とも言えぬ寂しさを覚える。

実はおいら、16年くらい前に東京で植木等のコンサートを見に行ったことがある。
ソロでヒットをいくつか飛ばしていた時期で、なんでかおいらも妙にはまってしまったのだ。
長いコンサートの合間には「つかれたのでここらへんで休憩です」と植木がいい、15分の休憩。
そんなコンサートは後にも先にも見た事がない。

カラオケでもクレイジーキャッツは必ず歌う。
むしろおいらは完全なドリフ世代なんだけど、クレイジーはドリフの音楽にはないかっこよさがある。
スーダラ節にしてもハイそれまでヨにしてもウンジャラゲにしても、
おもろい曲だけどそれ以上にかっこいい。

仕方が無いことかも知れないけど、やっぱりただひたすらに寂しいなあ。





ポチッと→→→四国ブログランキング

2007年03月26日

●東京画 Tokyo-ga

DSC_0729.jpg

おいらのバイブル的映画。

荒木経惟がなにかの写真集でこの映画のことに触れていて、はじめてみたのが10年くらい前のこと。
小津安二郎の「東京物語」の世界を見たくてやってきたヴィム・ベンダースが、
小津の描く東京とは絶望的に違う「今」の東京の光景を呆然と撮りつくす。
ベンダースが一歩も二歩も離れて撮った東京は、あまりにも異常で、
まさに「光景」とでもいうべき風景の連続だった。

そんな感じの映画。
「東京物語」で笠演じる老夫婦が東京で受けた冷たい仕打ちが、
そのまま形を変えてヴェンダースへ向かったような。

映画後半の小津に仕え続けたカメラマン厚田雄春への淡々としたインタビューもいい。
厚田の小津への慕情や尊敬の念、小津の厚田への信頼の念。
それがしんみりと伝わってくる。
厚田は、小津のことを延々と語り続けた後、最後に言葉を詰まらせる。
「もう勘弁してください」
そして、そのまま「東京物語」のエンディングへ。
妻亡き後、笠がぼんやりと家で過ごすシーンだ。

Tokyo-Ga
監督:ヴィム・ベンダース
出演:笠智衆ほか
1985年

続きを読む "東京画 Tokyo-ga"

2007年01月07日

●高知ブログアンテナ300超え。

antena.jpg

高知のブログを収集してきた高知ブログアンテナへの登録ブログ数がついに300を超えた。
開設から一年半、子育てやアフィリエイト系は登録していないけど、着実にブログの数が増加しているのはようわかる。

毎日毎日着々と丁寧に更新しているところもあれば、たまーにしか更新はないけどめちゃおもろい記事をかいているところあり、噛み付きブログもあればほんわかブログもあり。まあブログもなんだかいろいろだ。
ただ、やっぱり日付順列のブログってどうしても読みづらい。
なんせ過去記事が分かりにくいし、どうしても読む意欲が少しずつ失せて行ってしまふ・・・
ブログの記事を見る時って、やっぱり「見たい方向性の記事」を見て行きたいわけで、日付がベースというのはなんだか少し分かりにくい。
レンタルブログでももっといろいろなタイプの構成(ベーシックな日付順列タイプ、新聞社サイトのようなカテゴリタイプなど)が選べれるようになったらいいのになあ。






百足館通信、四国ブログランキング、それぞれ何位じゃ?→→→四国ブログランキング

2006年12月11日

●「人口減少経済」の新しい公式—「縮む世界」の発想とシステム

4532350956.09.MZZZZZZZ.jpg
 これから先30年間にわたり進行する人口減少の時代にあって、日本の経済、地域経済がどのように変化をするのかを分析した本。
 団塊の世代とJr世代の「谷」の大きさこそが高度経済成長を生むバネであったということや、「設備投資」が景気のバロメーターとなっている日本経済の問題点等、「なんとなく」思っていた疑問がこの本ですべて氷解。
 また、地方に暮らす人間としては、高齢県として知られる高知や島根といった県がこれから先の時代、(高齢者の自然減により)労働力が相対的に上昇し賃金などの上昇が見込まれるということ、その一方東京など関東圏において史上稀に見る速度で高齢化が進行し(また、これを防ぐ手だてもない)、労働力や賃金の低下などにより「大都市の優位性」が確保できなくなるといった分析が興味深い。

続きを読む "「人口減少経済」の新しい公式—「縮む世界」の発想とシステム"

2006年10月04日

●浮気夫への復讐心【出会い系からのお誘いがうざい】

まず一通目。

もう1度女性として、愛されたい、それだけじゃダメですか

本当に私、どうしたらいいですか?
こうやってあなたにメールしている私自身にも自己嫌悪になってきました。
もっとあなたとは違う明るい話がしたいんですけど。
誰かと会いたい、いえ、あなたと一緒の時間を過ごしてみたい。
そう願うのは浮気夫への復讐心だけじゃないんです。
今まで積もり積もったものが、こうして今になっただけなんです。

もう1度女性として、愛されたい、それだけじゃダメですか。
それが1回限りだとしても。

私の部屋 ttp://www.mo-ve.net/room に来てください。

仁美






ぜひともクリック→→→四国ブログランキング

続きを読む "浮気夫への復讐心【出会い系からのお誘いがうざい】"

2006年10月03日

●最近めっきり

金曜日は友達と小飲み会、月曜日は高校時代の友人とのプチ同窓会。

当然酒を飲む。

金曜日は麦酒2杯と日本酒を2合程度。それで完全ほろ酔い。家へ戻るとバタンキュー。
月曜日は日本酒で最初から攻めて、24時前後から記憶が消滅。いつの間にか家の良く分からない床で寝ていた。
本日は午前中猛烈な二日酔い。
先月は小布施で飲み過ぎて翌日は完全な二日酔い。
せっかく初対面の小布施スタッフばかりなのに完全ローテンション。
飲みに勝った、というのでいけば、先々月岡山から来た10年ぶりに再会した友人に飲み勝ったくらいか。

昔は記憶がなくなったりするとそれだけでネタにできたけど、
最近は日本酒を飲むと記憶を亡くさないことの方が多いような気が・・・
ああ

最近気づいた。
確実に酒に弱くなった。
そして記憶喪失の割合が高くなった。
記憶を亡くすのは本当に怖いので、しばらく酒は控えめにするとするか。

でも・・・今週末からまた飲みが続く気配・・・
こわい





ぜひともクリック→→→四国ブログランキング

2006年09月02日

●リチャードホールと中川家礼二

s142.jpg
 いまはまっているDVD。それは「リチャードホール」。
くりーむしちゅー、森三中、中川家、劇団ひとり、おぎやはぎ、アンタッチャブルなどが出演してるお笑いで、TSUTAYAに行くとなんだか全部借りられていることが多い一本。

まずここで感嘆させられるのが、とにかく礼二の物まねの鋭さ。以前とあるお笑い対決で礼二がマクドナルドのポテトが揚がるシーンを真似ているのを見てずいぶん感心したもんだけど、中国人の先生に劇団ひとりと礼二が扮する北八先生・上八先生では、もう日本人の中国人イメージをそのまま表現したかのようなキャラクターを演じている。
ああそうか中国人の物まねはこうやってするのか・・・などと、そういう意味でも感心。

続きを読む "リチャードホールと中川家礼二"

2006年01月13日

●とっても微妙な四国ランキング

ranking2.gif
なんだか人気ブログランキングの「四国」が変である。  もともと四国のランキングは結構よその地域に比べると充実していて(あ、人口の割に)、一時期はどこを覗いても面白いという感じだったんだけど、なんだか最近は微妙なのだ。 というのも、なんだか最近「お金」にまつわるブログがやたらと目立ち始めているんですな。
続きを読む "とっても微妙な四国ランキング"

2005年12月28日

●Wikipediaにはまった

 調べものをネット上でしていたら必ずぶちあたるサイト。それが「ウイキペディア」。
 オンライン百科事典として確実に記事数を重ねつつあるこのサイトの特徴は、なにより参加者が自由に記事を書いて行くことのできる楽しさにある。たとえばひとつの記事について、次々と「誰かが」記事を書き重ねて行くシステムで、日々その内容は熟成されていく。最初は「事典」にもならないようなページでも、「誰か」がその記事に加筆を加えていくことで、そこらへんの「事典」以上に中身の濃い事典がつくられていくのである。

続きを読む "Wikipediaにはまった"

2005年12月01日

●アイちゃんが好きだあ【告白】

 素直な感情が愚直に出ると事件になります。
 「アイちゃんが好きだあ」て。
 スナックとかの女の子なんでしょうか。もしそうだとすれば、妻子に何を言われるのやら。

いやーしかし、はやぶさジャンプ以来ですな、笑った事件は。てゆか、朝日新聞はこういう記事で笑わせるのがうまい・・・?

続きを読む "アイちゃんが好きだあ【告白】"

2005年11月22日

●案外おもろい[mixigraph]

picture.jpg
 なかなかな勢いで利用者数も増加中の「mixi」。はじめは「えー知り合い系ってなんで」みたいな感じで少し気持ち悪いところもあったんだけど、慣れてみればなかなかどうして使いやすいツールです。
続きを読む "案外おもろい[mixigraph]"

2005年11月14日

●迷子のミネルバ、永遠に。

 11月12日の朝日新聞で、なんだかどうしてもおかしくてたまらない記事が。繰り返し読んでいるとなんだか心の底から笑いがこみ上げてきます。
 イトカワとかミネルバとかがまるで人に見えてくる・・・変な感情移入。
 とっても真面目な記事だし、成功すれば日本の宇宙探査にとっても大きなものになるわけだけど、漂ったり飛び跳ねたり、ぎくしゃくしたり一瞬だったりと、なんだかもういまミネルバやその周辺に起きていることの表現がおもしろすぎる。。。ほんま機械かロボットか?

続きを読む "迷子のミネルバ、永遠に。"

2005年11月12日

●合掌本田美奈子

honda.jpg

 実はおいらが中学時代、はじめて好きになったアイドルが本田美奈子なのだった。
今は亡きウイル福井店で、本田美奈子の本を買ったのを今でも鮮明に覚えている。
その後の本田美奈子はミュージカルの実力派に。
そういう意味でもとても惜しまれるし、個人的にはなんとも寂しい。寂しすぎる。

合掌。。。


続きを読む "合掌本田美奈子"

2005年10月27日

●燃え尽き症候群

 10月はホントに忙しかった! でも、おかげでホントにたくさんの貴重な人々と出会うことができました。
高知、大阪、高松、松山、徳島云々。
 んで、すっかり疲れ果てました! やっぱり一気に人に会うと元気にもなるし知恵ももらうけど、今月知り合った50人くらいの人々はもちろん全員初見の方々なので、さすがに頭が・・・

2005年09月29日

●夢バトンに挑戦[mixi]

 高松/高知で色々やっていきまっしょい!ということで盛り上がりつつあるマイミクのkeiさんから「夢バトン」が。mixi日記をつけていないので、こちらでお答え。

続きを読む "夢バトンに挑戦[mixi]"

2005年09月28日

●エッチ度チェックに挑戦

 さて実はここ数日間ネタ切れです。んで、ちょっと昔に書いた文章たちをアップしてみてるわけです。
これだったらしばらく書かないでも相当期間持ちますなーとか思ったりするんですが、やっぱりそれじゃあブログの意味がねーよと。
 そしたら、「僕という存在から見えた世界の風景とその導」(なんで「導」で切れているんでしょう?)でエッチ度チェックていうのがあったので、おいらもやってみましたよ。

続きを読む "エッチ度チェックに挑戦"

2005年09月14日

●カタコトの日本語

 突然届いたメール。
 いつものスパムかと思っていたら、なんだかとっても日本語が変。ずっと以前に届いた出会い系のメールやトルコ風呂があるというターナーホテルよりはインパクトがないけど、微妙に笑えるので出しておきます。
 
ものすごく棒読みなんですけど。なんか読んでいたら中国語版ドラえもんを思い出した。

続きを読む "カタコトの日本語"

2005年09月10日

●無力感にさいなやまされて

 今朝の高知新聞で、実は学生時代の恩師の一人でもある野田正彰先生が興味深いことを書いていた。まるで今回の衆院選におけるブログ上での論戦の総括のような、分かりやすいテキスト。 

 今の政治状況の背景には、社会の大きな動揺がある。特にアジアにおいての動揺の中で「選択の停止」をしている。このまま、まあまあやっていける、と思っている。・・・この思考停止を生んでいるものは「無力感」です。戦争を反省することなしに経済成長にまい進した。結局、それだけだった。カネをばらまいたけど、国際的には評価も敬遠もされていない。国連安保理常任理事国に入りたいといったら、何のためにと問い返された。それに反発することもできない。
続きを読む "無力感にさいなやまされて"

2005年09月08日

●選挙は面倒くさいと。

 昨日の夜ニュースをみていたら、若い師が「選挙行きますか」と問われて「いかない、めんどいから」と答えてた。まー確かにめんどいんだけど、将来の自分に今回の選択が重くのしかかるという現実をわかっているんだろうか。

 まー分かってないからめんどいんだろうけど。でもこーいう人は、たぶん何も考えずに「小泉きもちいーから」とか言って自民党に入れてみたり、「よくわかんねーから」とかいって「ブッシュ」とか「石原」とか書いちゃったりするんだろーなあ。
 今回ほどマスコミの偏向報道がいわれる選挙もないが、だからこそますます今回の衆院選はめんどいし、ますます危険だ。「めんどー」としか考えていない人や集団催眠状態で「よくわかんねー」状態で投票されてもまた困る。
 だから、せめて真剣に考えて悩み抜いた一票を投じてほしいと思う。それであれば、どのような政権ができようとそれはそれでいい。というか、仕方がない。だけど、このままいけばそうもなりそうにない。集団催眠のまま、この国は変な方向へと走って行く。

2005年09月05日

●抵抗勢力はもう岐阜にはいられない

 いまテレビをみていたら、竹中平蔵が「抵抗勢力はもう岐阜にはいれなくなりますから!」と大絶叫していた。大喝采の岐阜駅前。こえー
 彼らは一部の利権にまみれている!と続けて絶叫。んー。岐阜では野田聖子潰しに自民党は躍起らしい。まーいずれにせよ、彼の論調を聞いていたらこわくなる。慎重な議論を望むというただそれだけで「抵抗勢力」とひとくくりにされ、そうした人々がいられなくなる世の中なんかー、と。どちらが少数派で、どちらが多数派なのかは蓋を開けてみないと分からないけど、いよいよ怖い世の中になったもんだ。

続きを読む "抵抗勢力はもう岐阜にはいられない"

2005年09月04日

●台風接近中

koiki.jpg
今年最大級の台風14号上陸必至! なんでも「カトリーナ」並に強いとか。ちょっと不安。

2005年08月30日

●もうよくわからない、衆院選の行方

 小泉首相の自爆テロ解散からはじまった今回の衆院選、911という(あるのかないのかはわからないが)アルカイダにとっては記念の日に投票日というのはなんとも危険な感じがする。とか思っていたら、山拓がわけわからんことを。

続きを読む "もうよくわからない、衆院選の行方"

2005年08月19日

●AppleのKeynoteがすごい

続きを読む "AppleのKeynoteがすごい"

2005年08月16日

●高知のブログ全部集結!「高知ブログアンテナ」

 このたび、百足館通信では、はてなアンテナに高知のブログの自動巡回リンク集である「bloggers in KOCHI [高知ブログアンテナ]」を設置いたしました。

続きを読む "高知のブログ全部集結!「高知ブログアンテナ」"

2005年08月10日

●郵便局は30年後も維持、するの?

あれよあれよという間に郵政法案が参議院で否決され、小泉首相が「これは小泉内閣への不信任である」として衆院が解散された。
 おいらは、今回不勉強もあって郵政法案そのもののことはいまだよく理解できていない。世に倦む日々の記事群はなかなか秀逸。へーと思うことがいろいろとわかりやすく書かれていた。
 また、今回参院否決で衆院解散という荒技に出た小泉内閣の総評は田中宇の国際ニュース解説がおもしろい。田中宇は最近ちょっと覇権論で少し
偏りすぎの感はあるんだけど、それでもやはりそうなのかもと思わせる迫力がある。

続きを読む "郵便局は30年後も維持、するの?"

2005年04月25日

●尼崎の脱線事故

尼崎で大事故が発生。まだ原因は分からないが、あまりにも痛ましい。

続きを読む "尼崎の脱線事故"

2005年04月14日

●萌え系ゲーム【NANACA CRASH!!】が案外おもろい

たぶんこれ「萌え」系のゲームなんでしょうね。
たまたまmixiの「面白いサイトを見つけたよ」コミュでこれを発見して、以来その単純さにちとはまってる。

続きを読む "萌え系ゲーム【NANACA CRASH!!】が案外おもろい"

2005年03月26日

●座布団飛ばしたい!【朝青龍敗戦】

大相撲春場所14日目、朝青龍に土!
取り直しの末の敗戦で、もう見たことないというくらい座布団が飛び交った!

続きを読む "座布団飛ばしたい!【朝青龍敗戦】"

2005年03月22日

●なんともシュールなTurnerHotel

JapServizisuRichiesta.jpg

mixiでみつけたローマのとある自称「三流ホテル」のサイト。

きわめて控えめに「翻訳」された日本語はもうめちゃくちゃ。トルコ風呂まであるというからちと見物なのだ。
Turner Hotel - index

1回だけ真心のクリックを


2005年03月18日

●『覚えていますか?? 』って誰よ??

miho.jpg
ほんとに止まらないですな。この手のメール。
誰なの?誰なのよ〜?

続きを読む "『覚えていますか?? 』って誰よ??"

2005年03月10日

●意味不明な誘い

わけわからんメールがまたきた。
今回はホントに全く意味が分からない。。。
From:shootingstar@bridge.ocn.ne.jp
Title:あたしの負けでぃぃょ…
ぁたしと思ってたけどさすがに今回は負けたからもう諦めるよ。短い夢だった…

続きを読む "意味不明な誘い"

2005年03月03日

●また来た出会い系

またきた!
いきなり自分の方からメール送ったことになってるらしい。

続きを読む "また来た出会い系"

2005年03月01日

●最近のメディア、ちょっとおかしくないですか

このブログをはじめたころは自己責任論が吹き荒れた時代だった。
そしていま、ライブドア非常識論=金さえあればなんでもできると思うなの時代。

続きを読む "最近のメディア、ちょっとおかしくないですか"

2005年02月25日

●女房酔わせてどうするつもり

TKY200502230104.jpg
伝説のCMが帰ってきた!ということでなんだか少し噂の石田ゆり子によるニッカウヰスキーの新CM。
でもそんなことよりもこの石田ゆり子の感じがなんだかいい。
お読みになられた方は、ぜひここをクリックしてください。ランキング参加中です

●忙しいけど、これからどうなるんだろ

ここのところなんだか忙しい毎日が続いている。

高知遺産の本づくりはいよいよ佳境で、本日事実上の最終稿の確認出力へ。春からはアートNPOの開設や遺産関係のイベントもありそうな気配。高知大の人たちに誘われて参加することになった雑誌「velocity」も打合せが続き、たぶん来月あたりからはほんとに忙しくなりそう。なんだか結局デザイン担当になってる。仁淀川お宝探偵団でまとめている仁淀川流域の体験型プログラムのパンフレットも追い込まれてやっとデザイン作業入り。
春にはフリーペーパーの方もやらないといい加減・・・という感じだし、秋には写真展を久しぶりにやるのでその準備もはじめないといかん。本職関係でも仁淀川の観光ビジョンや産品のブランド化に向けた動きをやっていかないと・・・という感じで、今年は本職も副職もどれもこれもバタバタだ。
まあ突然何もやる気のしない日とか用事のない日もあって、そんな日は困るのだが。

続きを読む "忙しいけど、これからどうなるんだろ"

2005年02月19日

●さよなら、メイ

mei.jpg
メイが死んだ。実家でずっと飼っていた愛犬だ。
享年15歳。病気で苦しんだというわけでもなく、老衰だった。

去年の秋くらいから、急に痩せ、急に耳が遠くなった。それでもまだ元気はあったけど、今年に入ってからは「こんなにホントはやせていたのか」というくらいにすっかり痩せこけてしまっていた。
それでも1月の末ぐらいに行った時にはそこそこ元気だった。でも、2月に次に会った時には、もう立ち上がれなくなって、目だけで自分のことをチラチラとうかがっていた。もう、長くないと思った。その2日後、2月19日午前2時頃、母に添い寝されたまま死んだ。自分もすぐに会いに行った。線香の匂いに包まれて、メイはもうかたくなりはじめていていた。
でも、不思議なことに涙は出なくて(2日前に会った時はダメだった。帰り道、ずっと泣いていた)、むしろ良かったと思った。メイも自分の足で動けなくなるなんてイヤだろうし、自分の行きたいところに行けないなんて、イヤだろう。
メイは、どちらかというと自分には甘えん坊な犬で、たまに帰るとずっと「頭なでて」というような素振りをみせてくれた。チラチラと人の顔を見る人で、居間でのんびりしているとすぐに鳴く。散歩は、最後に一緒に行ったのはたぶん一年くらい前だけど、かなり元気に走り回っていた。自分はあまり長く歩かないことを知っているから、町内一周のコースをむしろ先導してくれた。ホントは堤防の方まで行きたいんだろうと思ってそっちの方に自分が連れて行こうとすると、むしろびっくりしたような顔でこっちをチラチラと見ながら散歩してた。
たぶん、最後まで元気な方の犬だったんだと思う。そして、シアワセな犬だったと思いたい。

2005年02月18日

●新手の出会い系は手間暇かかってる

新手の出会い系と思しきメールが突然届いた。
最近の出会い系はすごいね。なんか普通に間違いとか掲示板で見たといったことを装ってメル友になろうとし、そこからしばらく手間暇かけてサイトに誘導しようとしてくる。

続きを読む "新手の出会い系は手間暇かかってる"

2005年02月16日

●最近よく思うこと

ここ数ヶ月いろいろなことがあって、意外と元気がないことが多かったんだけど、ようやく活動的になりはじめた先週くらいからなんだかおいらいろんな人に支えられておるのだなあ、また同時に少しは人の役に立っているのだなあと思うことが多かったりする。

続きを読む "最近よく思うこと"

2005年01月13日

●やっぱりappleは面白い

続きを読む "やっぱりappleは面白い"

2004年12月06日

●やっと本格始動・百足館

春の開設以来しばらくきちんとやっていなかったこのブログですが、やっとCSSも含め勉強をやるようになって動き始めました。

続きを読む "やっと本格始動・百足館"

2004年12月05日

●地震雲に翻弄される人々

最近「地震雲をみた」という人が異常に多い。

続きを読む "地震雲に翻弄される人々"

2004年12月04日

●ハウルの動く城は70点

宮崎駿最新作「ハウルの動く城」をイオン高知に見に行った。期待をしていった割には・・・

続きを読む "ハウルの動く城は70点"

●ANA 羽田ターミナルCM

01.jpg

久しぶりに鮮烈な印象を覚えるCMが登場。767がくるくると舞い、ぐるぐると空を飛ぶ。
あーこんな飛行機たちだったら乗りたいなーと思えるCM。ついつい笑ってしまう、シアワセな感じのするCMだ。
そのかわり、あまり羽田空港のことは伝わってこない。設定としては、羽田ができて喜ぶ飛行機ということのようだが・・・

ANA

2004年11月25日

●右脳か左脳か

最近、あなたは右脳か左脳かという話をする機会が多い。
一般的に、右脳は芸術性とかで、左脳は論理性を司るといった風にいわれるのだが、果たして自分はどっちなんだろうか。

続きを読む "右脳か左脳か"

2004年09月29日

●もー巨人とかじゃない世界で

なんで楽天もライブドアも東北やねん!と思っていたところに少し怪しげながらも素敵な「おっさん顔」石毛がおもろい構想をぶちあげた。

続きを読む "もー巨人とかじゃない世界で"

2004年08月09日

●鳥肌実時局講演会

またもや行って参りました鳥肌実。
以前ほど「ネタ」重視ではなく、どちらかというとまさに「時局を斬りたい」んだけど最近の時局はいまいち斬り甲斐がなくて苦労しています・・・という空気を漂わせつつ斬っていくところがおもろい。
重慶のサッカー問題では、戦車でスタジアムに乗り込んで中国人めがけて云々などと言いながら、ホントにこれでいいのか?とちょっとマジ話的なところも。日本がこれまでにODAでいくら中国に投資をしてきたか、重慶のスタジアムはどこのお金でつくったのか、なのにそれでなぜミサイルを向けられ、こうして罵声を浴びなければならんのか?・・・ネタというよりも「真」。
その他なんだか普通に帰ってきてしまったジェンキンズさん、なんだか普通に落選してしまった辻本さんや宗男さん、どういうわけだか四国遍路の管さん、もちろんお約束の創価学会や共産党など、ホントに時局のことばかり。いまひとつ現実は鳥肌のいうように「斬り甲斐のないオチ」に収まってしまっているので確かにやりづらそう。
これからの時代ってなんだか複雑な時代すぎて、鳥肌のようにざくっと斬るのは難しくなっていくのかも知れない。だからこそ斬ってほしい。それが楽しみ。

ちなみに、一番受けたのはナベツネを首相に据えたら日本はすごいことになるという話。

2004年07月02日

●大峰山の女子禁制

なんだかヒステリックというか。結局こういうところで男女同権とか言い始めると、文化とか歴史とかぶっこわれるだけだ。
こういう単視眼にだけはなりたくない。

続きを読む "大峰山の女子禁制"

2004年05月28日

●懐かしのMacSE

もう10年くらい前、京都にいた時代、その部屋にはSE30があった。当時ですらほとんど実用にならず、せいぜいテトリスをやるくらいしかないマシンだったが、その部屋にとってなんだかとても大切なパーツだった。

続きを読む "懐かしのMacSE"

●さすが小泉、言うことが違う!

小泉首相:「金総書記はおだやかで快活
 小泉純一郎首相は27日の参院イラク・武力攻撃事態特別委員会で2度にわたる日朝首脳会談を行った北朝鮮の金正日総書記の印象について「独裁者と言うとおそろしい、不気味というイメージを持っている人が多いと思うが、おだやかで快活な、冗談を飛ばす、頭の回転の速い人だ。信頼できようができまいが、交渉していかなければならない」と述べ、評価した。その後、記者団から「どんなジョークを飛ばしたんですか」と問われた首相は「まあ、それは忘れたね」と述べた。

続きを読む "さすが小泉、言うことが違う!"

2004年05月21日

●道案内の作文

国語教育のあり方がまさに問われる問題や〜。
学校で教わる国語には、答えがひとつしかない。「筆者がどのように考えたのか、答えよ」とかそんな質問に、高校生時代の自分も必死に「良い解答」を考えたものだった。でも数学や理科じゃないんだから、んなもんあるわけないっつの。一般的にみれば「こう考えていたんでは?」という答えはできても、それは決して答えじゃない。
Yahoo!ニュース - 社会 - 産経新聞

続きを読む "道案内の作文"

2004年04月29日

●批評は是か非か【批評を嫌う人々】

かつて、あるフリーペーパーで書いた「ある書店」に関する記事が様々な意見を引き起こしてしまった。その記事は、高知市内でも最も大きいことで知られる老舗書店についてのもので、店舗面積の不遇によるものと思われる品揃えの悪さをとことん嘆いたものだった(特に専門書)。そして、本のセレクトを行っているのであろう店員の「顔」をもっと打ち出してほしいということを中心に、やや刺激的な形で書き起こしている。

続きを読む "批評は是か非か【批評を嫌う人々】"

2004年04月27日

●自己責任派と自己責任懐疑派

〜行動する前に自分の行動がどういう影響を周辺に与えうるか?ということを考えるべき〜
これが自己責任論を推す人の最も言いたいことなんかなと思う。
〜どのような状況であれ、国は国民を救済する義務がある〜
これが特に最近の自己責任論に懐疑的な人の最も言いたいことなような気がする(おおもとにはイラク戦争自体や自衛隊自体の問題、NGOの位置づけといったこともあるけど)。

続きを読む "自己責任派と自己責任懐疑派"

●この国はどこへ行く

ほんまにこの国の政府はせこい。
ー国の言うことを守れない奴は守らない。守るなら金払えー
セコムかっつ〜の。
政府としての義務すら果たせない政府は、果たして必要なんだろうか?

Yahoo!ニュース - 社会 - 時事通信
イラクで人質になったボランティア高遠菜穂子さん(34)ら3人の支援をしている市民団体「北海道ピースネット」メンバー越田清和さんは26日、東京都内で記者会見し、3人と家族らが出迎えや帰国に使った航空便の料金計約198万円を外務省に支払ったことを明らかにした。同省から家族側に請求書が届いたという。
続きを読む "この国はどこへ行く"

●すごいすごい発言が【お笑い漫画道場議員】

上毛新聞:FLASH24:政治
自民党の柏村武昭参院議員(60)が26日の参院決算委員会で、イラクで人質にされた日本人について「自衛隊のイラク派遣に公然と反対していた人もいるらしい。もし仮にそうだとしたら、同じ日本国民であってもそんな反政府、反日的分子のために数十億円もの血税を用いることは強烈な違和感、不快感を持たざるを得ない」と述べた。  また中国人による犯罪の対策や刑務所の処遇をめぐり「中国なんかはろくな裁判もないし、刑務所の中にも外にも、人権なんてものは恐らくないんでしょ」と語った。  柏村議員は質問後、「日本のやり方に反しているのだから反日的分子。(不適切だと)思う人はいるかもしれない。ぼくの考えだから」と議員会館の事務所で報道陣に説明し、発言を撤回する考えのないことを示した。  中国に関する発言については「侮蔑(ぶべつ)はしていない。警鐘を鳴らす意味で質問した」と述べており、発言を訂正したいと委員長に申し立てた。
続きを読む "すごいすごい発言が【お笑い漫画道場議員】"

2004年04月26日

●フリーペーパーの魅力

昨日、約4ヶ月ぶりにフリーペーパー「バイパス」の制作が始動した。
スタッフは31才から17才まで、年齢層に大きな幅のあるコアメンバー5名、その他数名からなるローカルなフリーペーパーだが、12Pの冊子の割には意外とコンスタントに出すことができている。
今回は4ヶ月近い間があいてしまったこともあって、みんなのテンションとか維持できているかな〜とか思っていたら全くもって高くて、1ヶ月後に締切、2ヶ月以内に配布開始という日程が決定。さらに毛色の違うペーパーをおまけで出すことまで決定!
しかしなんだろう、このフリペづくりの楽しさとは。よく言われるのは勝手に喋っていられるセルフメディアの楽さと暗さだが、ブログや2chなどの掲示板とも通じる何かがここにはある。このことはもっと考えてみたいので、とりあえず備忘録ということで。

2004年04月25日

●未納3兄弟の「自己責任」

総務相や経産相ら閣僚3人が国民年金を支払っていなかった。民主党には「未納3兄弟」などと言われ、パーティでは「お前がしゃべるな」などとどやされ、「あーあんなにお稼ぎになってる先生たちでも払ってないんだ」と国民に思わせるに十分な事件だった。

続きを読む "未納3兄弟の「自己責任」"

2004年04月20日

●田中宇がすごい

田中宇(さかい)のページが面白い。
そもそもメディアというのはとても怖いもので、本当に気を付けて読まないと怖いことになる。中東のCATVアルジャジーラのHPを読んでいると(英語は読めないので、EXCITE翻訳を使いながら)、たとえば日本の新聞とかアメリカのCNNあたりが報じていることがやっぱり断片的というか、なんか色々報じていないことがあるなーということぐらいは分かる。
そんなことを骨身にしみるほど教えてくれたのが、田中宇のページだ。もともとこのサイトに辿り着いたのは911テロで国防総省に突っ込んだ757は存在しないという話をネットで探していた時だった(757の翼の幅よりも国防総省の破壊された幅の方が狭かったり、目撃者がいなかったり、水平尾翼などの機体の破片がなかったことなどがそのサイトでは指摘されていた→閉鎖)。
その頃は、どちらかというと911テロにもその後のアフガン戦争にもなんだか疑問は感じながら、また平和活動や反戦活動にもなんだかビミョーな疑問を感じていた時期で、いずれにしてもとにかく事の真相を少しでも教えてくれと思っていた時期だった。
ほいたらこのサイト、中道派とネオコンは骨肉の争いをしているのではなく、実は多極型の覇権国家がいくつか立ち上がった世界をつくるために「演じている」のかも知れないとか、アメリカの大統領がケリーになろうとブッシュで続こうと実はあまり世界は変わらないとか、とにかく興味深いことというか、どーなんだろうと思ってみても全然分からないことの「推論」が山ほど載っている。
また、このページを読んでいると日本の政府がどれだけ戦略を欠いているのか、そんなことまでついでに考えさせられるようになる。どーすんだおい!と。
ホンに世界は魑魅魍魎。

田中宇の国際ニュース解説
アルジャジーラ英語版

2004年04月19日

●5人の人質

5人が釈放されて良かった良かったと思っていたら、国内は意外なほどに醒めていた。与党は経費を返せといい、国民にも結構「自業自得だ」と言って憚らない人が多かったりする。
自衛隊はよくてNGOは何でダメなのか? 危険だから良くないというのであれば、自衛隊の派遣理由なんてとっくに崩れてる。そんなことを言うなら、サマワ周辺で自衛隊員がもし拉致られでもしたらどうするんだろ?

続きを読む "5人の人質"