2008年12月14日

●高知の雑貨屋カフェマップ、できました[12/22追記]

zakka.jpg
今年の夏の終わりから高知大の蛸ボラ(ART NPO TACOの学生ボランティア)スタッフと一緒に制作を進めてきた「高知の雑貨屋カフェマップ」ができました。
全国誌や旅雑誌でも、高知の雑貨・カフェのレベルの高さと店の種類の豊富さはよく報じられていますが、ここまで網羅したものはおそらくはじめて。明日・明後日あたりから各店舗で一斉に配布を開始しますので、ぜひぜひお買い物や高知観光のお伴にご活用くださいな。

今回は全部で48件に及ぶ雑貨屋・カフェ・花屋を掲載。大きくはないけど、決してショーバイショーバイ$じゃなくて、オーナーの好みや思いが素直に見える店、しみ込んで来るような店ばかりです。ホントはもう少し載せたい店もあったのですが、紙面の都合もあり今回はスイマセン、ということで・・・

さて、各店舗を回っていて思ったこと。
オーナーとお話をしていると、さらりと皆さん「自分の好きなものを置いてるんです」と言うんですね。
実はこれってすごいいい言葉というか、せりふだなあと思うことしばしでした。流されることなく、自分の好きなもの、いいと思うものを売る。もちろん儲けのこともいろいろ考えていると思うんですが、単なる「儲け」じゃないところに重心を持っているというか。この気持ち、ほんまに大切だなあと。

遠隔地の方はこちらから送料だけでお送りできます。ぜひお申し込みを。


続きを読む "高知の雑貨屋カフェマップ、できました[12/22追記]"

2008年12月12日

●きんこん土佐日記第4巻、間もなく発行!

kinkon4.jpg
ART NPO TACOと高知新聞社が共同で出版している
土佐弁満載4コマ漫画「きんこん土佐日記」第4巻、
いよいよ12月25日より発売開始です!
毎回気になる巻末のおまけ長編もお楽しみに!

ART NPO TACOのウエブショップ蛸の本屋」でも予約を受付中。12月23日頃よりメール便にて発送します。
送料は2冊以下なら無料ですので、ぜひご利用ください。

また、まだきんこん読んだことない、という方には1巻から4巻までのセットも数量限定で販売します。
定価3720円+送料全国一律500円で、こちらも23日からの発送開始です!

続きを読む "きんこん土佐日記第4巻、間もなく発行!"

2008年12月01日

●Ogurusu Norihide little winter live

ogurus.jpg
どこまでも透明で静かで、あたたかい。
京都在住の音楽家・オグルスノリヒデ、一年ぶりの蛸蔵ライブです。

オグルスノリヒデ little winter tour
冬の蛸蔵にあたたかな歌声が帰ってくる!

京都在住の音楽家・オグルスノリヒデが、
高知・松山・丸亀の連続ミニツアー
「little winter tour」で一年ぶりに高知に帰ってくる。
彼の歌声は、やさしい。どこまでも透明で静かで、
だけど心の奥からジワジワ元気になってくる。
ライブはワンドリンク付きで、フードメニューはterzo tempoが提供。
去年は聞くことができなかった人も、
今年はあたたかい歌声に包まれてはいかが。


会場;蛸蔵(高知市北本町4丁目1-23 藁工倉庫)
2008年12月5日(金)
open 18:30 start 19:00
ticket 2000yen with 1drink

予約
ogurusu@aqua.dti2.ne.jpまでお名前、人数をお知らせください。

詳細
http://www.boreas.dti.ne.jp/~ogurusu

2008年11月24日

●風の谷なるやま、くるくる動画


11月22日と23日,成山の棚田に500近いかざぐるまを展示しました。
こんなかんじ。
地味な催しでしたが、これからもこういうの、やっていきたいもんです。。。

2008年11月22日

●今日明日くるくるかざぐるま〜

DSC_4969.jpg
ついにはじまりました「風の谷なるやまプロジェクト」くるくるかざぐるま!

朝から思ったより静かなにぎわい。
かざぐるまワークショップに参加した親子さんや
写真好きの方たち、学生さんなどにおこしくださいました。

午後には200近いかざぐるまを追加投入し、のべ500近いかざぐるまがくるくるしております。
明日の午後4時頃までくるくるしております。
この夜中もくるくるしております。
お時間のある方はぜひ。


伊野から仁淀川沿いに北上し、右手に大きな製紙工場がみえたら右折です。
小さなチラシ案内を掲示してますので、それをたよりにお越し下さい。
山道は約20分。初心者には危険です・・・


2008年11月21日

●明日から風の谷なるやまプロジェクト!

DSC_0310-2.jpg
この谷で、かざぐるまをくるくる回したい!

いの町成山は、高知市から車で30分たらずの場所にありながら、過疎高齢化の進展で近い将来には集落がなくなる可能性がある限界集落のひとつ。土佐和紙の技術は、この地で逗留し不運の死を遂げた新之丞によってもたらされたものでもあり、知られざる土佐和紙のふるさと・・・でもあります。
この谷に吹く、さまざまな風を感じるために、この谷の棚田を和紙のかざぐるまで埋め尽くそう・・・てゆか、この美しい棚田でくるくるまわるたくさんのかざぐるま、見てみたい。そんな気持ちではじまったプロジェクトです。

11月22日・23日の両日、成山の谷がかざぐるまで埋まります(いや実際にはそこまでの数はありませんが・・・)

続きを読む "明日から風の谷なるやまプロジェクト!"

2008年11月06日

●11月9日はくるくるかざぐるま第三弾!

DSC_3997.jpg

11月9日、帯屋町は全商店街が子どもまみれに!
この日、ART NPO TACOでも2丁目のダイエー跡地前にて、NPO高知こども劇場さんと協同で「段ボールの基地づくり」と「かざぐるまワークショップ」をやっちゃいます。子ども連れの方はぜひご参加ください。

ちなみにイベントの名前はものすごくダメな感じです・・・「子どもがあふれる街角」・・・まるで官僚が付けたようなダサダサなタイトル。まあそれは気にせずに、ぜひどうぞ。簡単なタイムスケジュールは以下の通り。2丁目が秘かに「変な感じ」でイイ。

大橋通■わくわくワークるんだ商店街(子どもの職業体験イベント/11:30-)
帯屋町2丁目■段ボールで基地づくり+風の谷なるやまワークショップ+パネルシアター(11-16時)
帯屋町1丁目■子ども街角アートステージ+アイス早食い競争+綱引き大会(12-14時)
壱番街■アートダンスステージ(12-16時)
帯パラ前■アート教室(11-16時)

IMG_0245.jpg
段ボールの「基地」は写真をご覧いただくと分かりますが、要は段ボールで家や壁を作ってしまえ、というもの。子どもの頃やった記憶がきっと皆様あると思います。今回のワークショップは基地を作ってから、この中でやります。

11時〜13時    段ボールで基地づくり
13時〜13時30分 「基地」内で子どもたちの戦争ごっこ
14時〜15時15分 風の谷なるやまワークショップ かざぐるまづくり
15時15分〜16時 パネルシアター
16時〜16時30分 子どもたちによる基地破壊

DSC_3997.jpg

何はともあれ、9日はダイエー前へどうぞ!

2008年09月21日

●風の谷なるやまワークショップ、盛況!

DSC_3536.jpg
本日、ホリカワアートミーティング2008のプログラムとして、「風の谷なるやまプロジェクト・くるくるかざぐるまワークショップ vol.1」を開催。正確な数のカウントはまだですが、100人近くの参加者の親子連れや子どもさんたちが、180近いかざぐるまを完成させてくれました。

雨の関係もあり、会場は急遽メイン会場となった3階からぐっと離れた9階の部屋に・・・11時のオープンまでは、正直いって人がくるんかなあと思っていたのですが、オープンと同時に続々と参加者の皆さんが会場に到着。お昼までには予定していたテーブル2台では全く足りなくなり、のべ6-7台のテーブルを出しての作業に。

DSC_3559.jpg
さらに、これまた果たしてうまく描いてくれるかなあと思っていたわけですが、色紙にアクリル、色鉛筆、ハンコ、ラメ、型抜き色紙、英字新聞、土佐和紙に果ては成山のチラシまで・・・用意していた画材や紙を使い、とにかく自由奔放な色使いとデザインが続々と登場。なんでこんなことが思いつくんだろう・・・と感嘆するしかないかざぐるまもいくつも登場しました。上手く回らないかざぐるまも、ちょっと手を加えてあげて回りだしたときの子どもたちの笑顔がなんともたまりません。

DSC_3564.jpg
基本的には全部のかざぐるまを置いて行っていただき、11月22日から23日にかけて成山の棚田で展示するルールなのですが、作った当人としては当然すぐに持って帰りたいわけで、ホリカワアートミーティングの会場内でもかざぐるまを持った子どもたちがウロウロと。ちなみに3階のメイン会場には、巨大成山棚田パネルを用意して、つくった数だけのかざぐるまシールを棚田の上に貼ってもらいました。空を飛んでるかざぐるまもあったりして、これ見ているだけでも面白い・・・!


たくさんのかざぐるまが棚田でぶわーっと花開く。
ただただそんな風景を見たくて、
さらには成山の棚田の美しさやお米のおいしさを知ってほしくてはじめたプロジェクトですが、
第二回、第三回のワークショップもこんな感じで賑やかに進めれたら嬉しいものです。


なにはともあれ、蛸ボラの高知大生の皆さん、絵本作家のいのうえさとこさん、ホントに、ホントに講師役お疲れさまでした・・・!

続きを読む "風の谷なるやまワークショップ、盛況!"

2008年09月19日

●風の谷なるやま、ワークショップ迫る!

P8030128.jpg
9月21日はホリカワアートミーティングと風の谷なるやまワークショップの日。

土佐山田のかざぐるま工房の方のアドバイスも受けながら、試行錯誤を続けてやっとこさ「きちんと回るかざぐるま」に行き着いたのが先週のこと。んで、今週からは資材調達とワークショップの進め方の研究に走っているわけですが、さきほど高知大のTACOメンバー(略して蛸ボラ)が大学でかざぐるまの研究に取り組んでいるシーンの写真が届きました。

なかなかキレイでしょ。11月の2日間だけ成山に飾るためのかざぐるまですが、これでも結構いろいろな仕掛けをしています。番線を軸に、ハトメや竹筒などで和紙(一部洋紙)をはさみこんでいます。これだときちんと回る!
ワークショップ当日には、子どもたちに自由に絵付けをしてもらい、実際にかざぐるまを組み立てていきます。絵付けの画材には、色紙や色鉛筆、ペン、絵の具、クレヨンなどを用意。回らないと意味がないので、そこらへんの調整が難しそうですが、地味ながらなかなか面白い。
というわけで、フリマ訪問ついでに21日はぜひかるぽーとへ。

P8030123.jpg

続きを読む "風の谷なるやま、ワークショップ迫る!"

2008年09月16日

●「シネマ・ダブ・モンクス」ライブ迫る!

あんまりここでは「告知」はしたくないのですが、成山に続いて告知です。

9月20日夜、かるぽーと小ホールでフルート・ハーモニカ奏者の曽我大穂さん、ジャズ・ベーシストのガンジー西垣さんによるユニット、シネマ・ダブ・モンクスのライブを行います。
Cinema dub Monksのライブは「映画のようなライブ」とよく言われるといいます。
フィールドレコーディングした町の雑踏を演奏に絡ませ、またステージには映像を投影しながら行う独特のスタイルのライブ。以前graffitiでやった時に聞いたことがあるのですが、なかなか大人な、気持ちよ過ぎてちっと眠くなる、すてきなライブです。

H2.jpg

日時:9月20日(土)18:00open 19:00start
場所:高知市文化プラザかるぽーと 小ホール
値段:前売り2000円(当日2500円)
前売り券販売場所:高知市文化プラザミュージアムショップ、高新プレイガイド、高知県立美術館ミュージアムショップ、graffiti、bar mosaique
※18時よりカフェがオープン、ライブ終了まで営業


参考■ライブの映像
  ■公演詳細

翌日にはハーモニカ奏者の曽我大穂さんによるワークショップも開催!
こちらの方もぜひご参加ください。



DATA

デザイン:タケムラナオヤ

2008年09月15日

●この谷に、かざぐるまを回そう[風の谷なるやまプロジェクト]

DSC_0310-2.jpg
この谷で、かざぐるまをくるくる回したい!

いの町成山は、高知市から車で30分たらずの場所にありながら、過疎高齢化の進展で近い将来には集落がなくなる可能性がある限界集落のひとつ。土佐和紙の技術は、この地で逗留し不運の死を遂げた新之丞によってもたらされたものでもあり、知られざる土佐和紙のふるさと・・・でもあります。
この谷に吹く、さまざまな風を感じるために、この谷の棚田を和紙のかざぐるまで埋め尽くそう・・・てゆか、この美しい棚田でくるくるまわるたくさんのかざぐるま、見てみたい。そんな気持ちではじまったプロジェクトです。
11月22日・23日の両日、成山の谷をかざぐるまで埋め尽くしましょう。


続きを読む "この谷に、かざぐるまを回そう[風の谷なるやまプロジェクト]"

2008年07月03日

●香川遺産という動き

香川の若い人たちが「香川遺産」なるプロジェクトを立ち上げたそうな。
高知遺産がそうだったように、最終的には本に仕立てることを目標にしたプロジェクトなんだけど、
高知よりもずっとハードボイルドな感じ。

建築や飲食店といったテーマから、
さすがは香川、「プロダクト」もテーマのひとつに取材を進めている模様。
香川の人たちは高知人よりもしっかり作る印象があるので、
(高知みたいにエイヤーとりあえずやったれ!みたいなとこがない)
出来上がったらたぶん相当いいものになるんだろうなあと期待。

中旬のミーティングにはおいらも参加予定。


あ〜〜本つくりたい。


ヘイ投票↓
banner_02.gif

2008年07月02日

●【風の谷なるやまプロジェクト】田植えだ

DSC_1196.jpg
この秋、土佐和紙のふるさと・いの町の成山の棚田を舞台に、
「風の谷なるやまアートプロジェクト」なる新しい企画をやることになった。

これまで6年にわたり成山の棚田再生事業に取り組んで来た「和紙の里元気村」との合同企画で、
今年からART NPO TACOも加わってみようというもの。

で、昨日は蛸の大学生と共に田植えへ。
今回やった田んぼは、すごい広いというわけではないけれど、実際植え始めればなかなか大変。
植えても植えてもなかなか稲で埋まらない。
しかも手植えだから、どーにも美しく植わらない。

これが秋には実りをつける。
なんだかフシギなのだ。


ヘイ投票↓
banner_02.gif

続きを読む "【風の谷なるやまプロジェクト】田植えだ"

2008年05月10日

●シネマの食堂はじまる

DSC_0690.jpg
5月1日からはじまった自主上映団体による連続イベント「シネマの食堂」。

これまでやはりどー転んでもマニアックな感じのあった自主上映会を、
もうちょっと分かりやすく、行きやすく仕立てることができねえもんかということから始まったイベント。
初日は県美でグラフィティ主催の「たゆ たう」+原田郁子さんのトークライブ。
司会の小原さんの絶妙な質問がもはやメインイベント化してましたが、
なんともかーるくだーるい心地良い時間が過ぎたのでした。

おいらは今回このイベントのリーフレット・チラシ・ポスター等広報デザインを担当。
なんだかよく分からない物体がメインビジュアルの、弱くて強いチラシでございます。

続きを読む "シネマの食堂はじまる"

2008年01月24日

●都築響一さんに会う!

tuduki.jpg
高知県立竜宮城展の関連企画、都築響一さんの「美しい日本のフェロモン風景」を聴きに行った。
さすが都築さん、相当斜めの角度から美術を切りまくる。著名な写真家の撮った作品と、猿が撮った写真。その2点を見比べてみたり、デコトラやラブホテルの過剰な装飾のその先を考えてみたり。
一体どこからが美術なのか。どこからが作品なのか。今回の竜宮城展のコンセプトがより明確に見えて来る、秀逸な講演会だったのだ。

で、夜は都築さんを囲む会にどういうわけかおいらも参加。しかも一次会では隣席! 詳しい話は都築さんの仕事とも関わる部分がありそうなので省くけど、とにもかくにも話が尽きない。ただ、共通するのはよこしまなまでの好奇心と、いやらしいまでの物事の斜め見精神。無名だったりなんてコトの無い物事の中に面白いことは潜んでいるし、そこに焦点をあててこそ全体像が見えてくる。そんなことを改めて大切だーと感じた一日なのだった。
そして、嬉しいのは今後計画しているいくつかの本づくりでもご協力いただけるかも知れないということ。果たしてどうなるか分からないけど、ぜひホントに協力いただけるよう、次の取り組みをスタートさせたいものだ。




ぜひ一度→→→四国ブログランキング

2007年12月13日

●asakozirusiのはんこ本。も発売中!

4990340213.JPG

今年の春くらいから企画していたasakozirusiの「はんこ本」、発売中です。
asakoziruisiは高知を中心に活躍する消しゴムハンコ作家。
ただの消しゴムはんこと侮ることなかれ。
どこか北欧の風景を思わせる、静かだけど暖かい、不思議な風景が広がります。
デザインはaiさん。初の本づくりでしたが、とことんこだわって作った一冊です。

通販も受付中。
amazonでも取り扱っていますので、そちらからでもお買い上げ可能です。
遠くの方はそちらでどうぞ。

続きを読む "asakozirusiのはんこ本。も発売中!"

2007年12月03日

●ふわふわと。

DSC_7833.jpg
蔵の空間にふわふわと浮かぶ、タイトルどおりアリソデナサソナ服のいろいろ。
ただいま、graffitiのとなり・蛸蔵にてChika Yamamoto Exibition8 [arisode nasasode]が開催中。

京都を中心に活躍する「布の魔術師」Chikaさんが編み出した、
袖だらけのスカート、鞄のような服、カフスのついたマフラーなどなど・・・
服のデザインというよりも、「設計」という言葉がしっくりとくる、
服づくりのアイデアを縦に横に組み立て直したような16の服たちがフワフワしてるのだ。

12月1日には、ogurusu norihideさんの高知初ライブも開催!
土壁むきだしの蔵に、ogurusu君の甘い声がはんなりしっとりと響きました。
残念ながら参加人数は思いのほか少なかったのですが、
その分じっくり聞き込むことができて、ある意味良かったのかも。
DSC_7899.jpg

明日4日はお休みですが、来週10日までarisode nasasode展は開催中です。
服には興味ねーよという御仁(自分とかその典型ですが)も確実に楽しめます。

続きを読む "ふわふわと。"

2007年11月21日

●11月28日から、Arisode Nasasodeスタート!

arisode.jpg
Arisode Nasasode
Chika Yamamoto exhibition 8

蛸蔵でのイベントのお知らせです。
今回は京都のファッションデザイナー Chika Yamamotoさんをお招きして、2週間にわたり展示を行います。12月1日にはワークショップとogurusu norihideさんのライブも開催。高知じゃなかなかおめにかかれない、それどころか四国でもレアなイベントです。


続きを読む "11月28日から、Arisode Nasasodeスタート!"

2007年10月07日

●yummydanceは、やっぱいい

DSC_5708.jpg
9月16日、ヤミーが高知で踊ったのだ。
「高知人は当日までチケットを買わない」。
高知の人間は、ぎりぎりまで判断を保留する。そのジンクスの通り、当日バタバタ駆け込み需要、なんとか用意した座席はそこそこ埋まって「kNewman」と「即興ダンス」がスタート。高知じゃなかなか見れないパフォーマンスだけに、反響はどうかなと思ってたけど、終演後のお客さんの顔をみるかぎり、面白かったと感じてもらえたかんじ。

写真は前日のリハーサルのときのものだけど、はじめはなかなか照明さんや音響さんとも息が合わない。そらさっき会ったばかりの人たちですからね、なかなか会う筈もない。だけど、結局タイムリミットまでずっと調整しつづけて、終わるときにはなんとか目処はたててゆく。2日目の公演前のリハでも同じで、ほどよい緊迫感をもちながら徐々に間を縮めて行く様に、「こうしてものってつくってくんだな」と再認識させられたのだ。

続きを読む "yummydanceは、やっぱいい"

2007年10月04日

●秋のはじめのライブ一発

DSC_4918.jpg
書ける時に一気に書くぞ状態ですが。

先月のはじめ、MIMOCAの「SKY」に行って参りました。
mama!milkとogurusu norihideの、みっちり濃すぎる3時間。

続きを読む "秋のはじめのライブ一発"

2007年09月30日

●思考の交流「言説の鬼」に拙文が。

松山のアートNPO・カコアさんのプロジェクトの一つである「思考の交流」。
ブログ上でいろいろと論をぶつけていこうというこのコーナー、
高知トップバッターということでお声がかかり、なんとか書き上げて一文アップしています。

あっぷあっぷしながら書いてるのがみえみえですが、まあそれが今の現実。
アップしてから数日、読み直してみて既にそんな感慨。
思考の交流「言説の鬼」




ぜひ一度→→→四国ブログランキング

2007年08月13日

●yummydance高知公演!

knewman1-1.jpg

9月16日、松山のコンテンポラリーダンスカンパニー・yummydanceが高知初登場です。
今回の上演は2作品。甘味で珍味でスパイシーなダンスに、ご期待下さい!
9月15日にはワークショップも開催します!

knewman
よくわかりません。
わかりあうことはめったにできません。
わかんないことが、どんどこどんどこやってきて、女の人生向かい風。
歯もかわき、瞳はトゥインクル。
揺さぶられていこう、あそこの骨が笑うまで。
出演:宇都宮忍・戒田美由紀・合田緑・高橋砂織・得居幸

即興ダンス
即興のライブなので、
はじめに踊るひとをジャンケンで決めたいと思います。
さてさて、今日は誰から?
Take it easy,and Take a risk.
出演:宇都宮忍・戒田美由紀・合田緑・高橋砂織・得居幸

続きを読む "yummydance高知公演!"

2007年06月18日

●yummydanceと焼き鳥会議in松山

DSC_3114.jpg
気がつけばかるぽーとで9月にTACOが打つyummydance高知公演まであと3ヶ月。
というわけで、土曜日に松山へえっちらおっちら打ち合わせへ。
ところは三番町の焼き鳥屋。

先月、丸亀ではじめてお会いした高橋さん、一昨年松山で「もももってきてちょうだい」の公演をはじめて見た時に『ぜひ高知でやりましょー』と声をおかけした得居さん、今年春においらがチラシデザインを担当した美術館のパフォーマンスでも遭遇していた戒田さんとおいらの4人。
なんともパワフルな人たちなのだ。打ち合わせも、高知でありがちなダラダラ感がなくて、パキパキ進みますよ。
いつの間にかyummydanceの広報リーフの制作を担当することになってるし。

んで、9月16日の公演でやっていただくことになったのが、「kNewman」。
オープニングのイメージが鮮烈で、一気にヤミーの世界に引きずり込まれる作品です。
8月から前売り券1500円を発売しますので、まあなにはともあれご覧いただきたい。
なんせ、高知の前にドイツ、高知の後にニューヨークでの公演です。
松山を拠点に、確実に成長を続けるyummydance、この夏見なくていつ見るの?です。





ぜひ一度→→→四国ブログランキング

2007年05月27日

●MIMOCAでヤミーダンスの「少しお時間ください」

IMG_M1.jpg
photo by 一楽

丸亀はMIMOCAでのyummydance公演「少しお時間ください」に行って参りました。
ヤミーダンス、やっぱり面白い!
最初はやっぱりなんだか気持ちが「入れない」んだけど、10分もすればいつの間にか世界に引きずり込まれている感じ。

2本目の「ア・パート・メント」は即興。
どの曲がかかるのか、誰から踊りだすのかも決めずにメンバーが登場し、ジャンケンで踊りだしのメンバーが決まる。
あとは音と他のメンバーの動きにあわせて、どんどん世界が勝手に広がっていく。
これは一人一人の個性も見えて面白かった。

3本目は「kNewman」。
女の人生向かい風。意地の張り合いぶつかりあい、嘆いてみたり抱きついてみたり。
やっぱりこれも目が離せないストーリーなのです。


ちなみに、この9月にはTACO主催でyummyの高知公演を行ないます。
まだ何を演ずるのかも未決定ですが、文字通りの「おいしいダンス」がきっと繰り広げられるのでしょう!
乞うご期待。

yummydance高知公演
2007年9月15日・16日
場所:高知市文化プラザかるぽーと
1日目はワークショップ、2日目は本公演
※チケット発売開始は8/1を予定しています。


参考記事■松山小旅3 「ヤミーダンスの“もももってきてちょうだい”」





ぜひ一度→→→四国ブログランキング

2007年04月13日

●graffitiがリニューアル

_DSC1361.jpg
ART NPO TACOも本拠地を置く藁工倉庫のgraffiti。
いろいろあってリニューアルが進展中。
おいらもこのリニューアルにかんでいるので、ぜひ足を運んでみてください。。。

続きを読む "graffitiがリニューアル"

2007年04月08日

●藁工倉庫アートスクールのお知らせ!

warako.jpg

この9月にオープンする「蛸蔵」のプレ的イベントという意味合いもこめて(トラックバック参照)、
graffitiがお送りするアートスクールがGWに開講します。
かなり濃い!ので、早めの応募を!

藁工ものづくりスクール イヴェントスケジュール
5/2・草木染め 体験講座 ---------------にしみねくみ
5/3・土佐茶を楽しむ-------------------吾北村
5/4・オリジナルTシャツアート講座--高橋利佳
5/5・マンガ教室 ---------------------村岡マサヒロ
5/6・消しゴムはんこ-------------------asako

定員 各10名程度 
参加料 1名様につき 2,500円 材料費+ケーキ+ドリンク付
時間 13:00〜17:00
●申し込み問い合わせは graffiti
TEL:088-878-0051
 E-Mail: info@graffiti-museum.com

アートDVDを楽しむ
5/5(土) 18:00 open  杉本春奈・小倉りさ・シークレットDVD
定員20名 1000円 / 1ドリンク付


詳しくは、graffitiまでお問い合わせください




ぜひ一度→→→四国ブログランキング

2007年04月03日

●新茶の季節

DSC_0795.jpg
春だねえ。新茶の季節だねえ。
やっぱりお茶は地元だねえ。
仁淀川筋や四万十川筋など、高知は隠れた茶どころが多い。

なので、ほんまに茶どころ?な静岡茶にも結構ブレンドされていたのだ。

今はお茶も原産地表記の時代。
ブランドが確立されていない土佐茶にとっては厳しい時代。
まずは地元が地元の茶を飲まないでどうする!
5月から、藁工倉庫graffitiでは吾北や四万十などの土佐茶が飲めるようになる。
意外と知らない土佐茶の美味しさ、ぜひ知って頂きたいものです。

写真は津野町・布施が坂の茶畑にて。





ぜひ一度→→→四国ブログランキング

2007年03月24日

●ふさふさの。[岩谷雪子展]

iwatani.jpg

ただいまgraffitiで開催中の岩谷雪子展。
かなりいい感じの展示です。
ススキや種が織りなすふわふわ世界。
ぜひご覧くださいまし。

岩谷雪子展
2007.3/21-4/1  定休日=3/27(火)





徐々にランク戻し中。今日は何位まで復活?→→→四国ブログランキング

2007年02月20日

●書く暇なし!

ここんとこまともな休みがありませぬ。
本職とNPOの仕事が絶え間なく続きます。
書きたいことはあれど、書くための時間がとれませぬ!
こないだも高知新聞に書く予定の記事を一本飛ばしてしまう始末で。
OSOTOの原稿もこのままでは危険!

なにはともあれ、ART NPO TACOもいよいよ活動が本格化の兆し。
今年秋には新たに単行本2冊を発行。蛸本に新たなラインナップが加わります。
TACOならではの視点の小雑誌も創刊に向け準備中ですし、もちろん「きんこん土佐日記」第三巻も秋に出します。
さらにさらに、夏までに藁工倉庫に新たなアートスペースをつくります。
どれもこれもが大仕事・・・

毎日そんなこんなをどんなものにするか、どうやって進めるか、どうやって資金をつくるかを考えているうちに、
なんだか終わって行きます。
もっと頭の回転が良ければいいんですが・・・


2006年12月18日

●NPOへの視線は冷たいけれど

NPOって聞くと、人によってどうにもイメージが悪かったり、よかったりする。
おいらはART NPO TACOの理事。最近までは仁淀川お宝探偵団の理事もやっていたんだけど、
実は3年くらい前まで、本当にNPOというものが大嫌いで仕方が無かった。

というのも。

なんだかNPOと聞くとボランタリーで「えいことしゆうがやき」的な空気感がある。
むろんNPOでないとできないことはたくさんある。
だけどそれをボランティアでやって貢献してます!みたいな雰囲気がすごく嫌いだった・・・いや今も昔以上に嫌いなんだけど・・・のだ。

続きを読む "NPOへの視線は冷たいけれど"

2006年12月17日

●きんこん土佐日記サイン会

DSCN2867.jpg

ART NPO TACO
の書籍第三弾「きんこん土佐日記 第二巻」が発売を開始。
11月23日はその先行発売サイン会を金高堂で催した。
見ての通り店内にぎっしり長蛇の列、だったのだ。

今回の第二巻ではおまけ記事がいろいろ。
恒例?の書き下ろしはもちろん、土佐弁辞典やカラー版もついて980円。
これはお買い得です。

それにしても、断ち切れてはいけないところで断ち切れられていたり
四方同じ寸法のベタがあるべきところがずれまくっていたり、
印刷の調整がいまひとつなのはいかがなものか。
これは次回の課題ですな。






徐々にランク戻し中。今日は何位まで復活?→→→四国ブログランキング

2006年02月13日

●3月5日は「おびさんぽ」ですよ

DSCN0544_1.jpg
昨年12月の「あきさんぽ」に続く「さんぽシリーズ」第二版は帯屋町での開催です!
続きを読む "3月5日は「おびさんぽ」ですよ"

2006年01月31日

●「高知遺産 いよいよ、松山展」スタート!

DSCN0926.jpg

昨年の東京(7月)、高松(10月)に続く、高知遺産巡回展?第3弾。
またもや高知遺産! 今度は松山で展覧会です。
今回はこれまでと少し趣向を変えて、写真がメインの展覧会です。

続きを読む "「高知遺産 いよいよ、松山展」スタート!"

2005年12月12日

●本日graffiti、まずは営業終了。

DSCN0601.jpg
 高知最大のメイドカフェ、じゃなかった、現代美術ギャラリーgraffiti、本日営業終了です。  高知遺産、嗚呼沢田マンション展、世界最大のフリーペーパー展、Tシャツ展などでこの5年間お世話になり続けたgraffiti。また来春を目処に新店舗での営業再開を予定していますが、なにはともあれ北高見のこの地からはgraffitiが消え去ります。  ラスト2週間はメイドカフェと化し、来店する女子が次々とメイドになる様がつぶさに観察できたのですが、まだまだ「メイドカフェ」自体が高知という地では浸透していないこともよくわかりました(笑)

2005年12月11日

●NPOフォーラムに参加

DSCN0635.jpg
 朝倉のNPOセンターでNPOフォーラム分科会に参加。  この分科会、要は「資金をどうつくるか」というもの。午前中は高知こどもの図書館や砂浜美術館、ワークスみらいなどのNPOの方がそれぞれの現場における資金づくりやその問題点について簡単なレクチャーをしてくれた。
続きを読む "NPOフォーラムに参加"

2005年12月06日

●「あきさんぽ」やりました

akisa1.jpg

 こないだの3日、高知県立美術館主催のワークショップ「あきさんぽ」を、めでたく2日に登記を完了した特定非営利活動法人ART NPO TACO初のイベントとして開催しました。。。
 参加者はスタッフや美術館関係者も入れて20-24名くらい(正式においらは数えていない)。終わってみれば思ったより好評だったようです。まったりとできたと(笑)

続きを読む "「あきさんぽ」やりました"

2005年12月04日

●アート電車を走らせたい! 

illsut32.jpg
 「高知遺産」でも特別寄稿が掲載されている高知新聞連載漫画「きんこん土佐日記」の村岡マサヒロ、マンジェササをはじめ高知でおしゃれなイラストといえばまず間違いなく・・・の柴田ケイコ、「ニンニン」で話題沸騰中のビリビリこと中平じゅんこ。
続きを読む "アート電車を走らせたい! "

2005年11月25日

●「高知遺産」とタウン誌。そして。

ほお。
「高知遺産」は意外なところで意外な影響を及ぼしておったんですな。
 先日の朝日新聞高知版で、知り合いの記者さんが書いた記事。
そうか「高知遺産」は意外なところで意外な影響を及ぼしておったんですな。

続きを読む "「高知遺産」とタウン誌。そして。"

2005年11月21日

●【あきさんぽ】不気味な子ども

DSCN0141.jpg
 土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」は安芸駅前に新しくできたという石像。。。 童謡の里をPRするべく安芸市が進めてきた弘田龍太郎の歌碑の最後を飾るものなのだとか。

 ただこの石像の中央にいる子どもに、メガネが。

 あまりにはまりすぎです。


おっさんやないか。

活動27年最後の曲碑完成 弘田龍太郎出身の安芸市 高知新聞はこちら。


12/3は「あきさんぽ」の日。みんなで石像を見に行きましょう。

続きを読む "【あきさんぽ】不気味な子ども"

2005年11月12日

●「あきさんぽ」開催のお知らせ(第一報)

続きを読む "「あきさんぽ」開催のお知らせ(第一報)"

2005年10月23日

●高松アジトへ高知遺産が乱入!

DSC03729.jpg
 10月21日、高松TMOセンターで「高松アジト×高知遺産」のトークセッションに参加してまいりましたです。  東京→四万十→大阪→高松とこれで遺産話も4回目。高松は、ある意味クライマックスですな。
続きを読む "高松アジトへ高知遺産が乱入!"

2005年10月20日

●「高松アジト×高知遺産」へ、どーぞ。

 21日夜、高松TMOセンターにて「高松アジト×高知遺産 〜「まちなか」のきりとり方、活かし方〜 」が催されます。おいらも大阪に続きまた喋りに行きます。。。近郊の方はぜひご参加を。。。

続きを読む "「高松アジト×高知遺産」へ、どーぞ。"

2005年10月09日

●土佐山田八王子宮で映画を見る

akapacchi2.jpg

 本日は土佐山田の八王子宮で映画野外上映イベント「MO8」。以前書いた「ART HAPPEN in 土佐山田」の関連イベントだ。上映されたのは、東崎曜子の「チリダンス」、小倉りさの「祭り」、堀内佳子の「赤ぱっち」。いずれも顔見知りの監督さんたちで、三者三様の映像で楽しめた。 
また後日アップするけど、「けんちくの手帖」イベントに合わせて訪れた大阪を早めに切り上げてでも、なんとしても見に行かなければ!と思っていた本日、心配されていた天気も晴れ。少し遅れて八王子宮に到着すると、もう東崎氏の映像が流れ出していた。

続きを読む "土佐山田八王子宮で映画を見る"

2005年10月07日

●高知遺産を大阪で語る、の会。

osaka00.jpg
▲写真提供/405

 行ってきました「けんちくの手帖」。
 場所は梅田からほど近い中崎町の「common cafe」。このカフェは、中崎町駅からほど近い古いビルの地下にある、日替わりオーナー制の小さなカフェ。設計したのは建築家の吉永さんで、2年前からのつきあいだ。

続きを読む "高知遺産を大阪で語る、の会。"

2005年09月27日

●大阪中崎町「けんちくの手帖」迫る!

 こないだの四万十に引き続き、高知遺産関連イベント情報のお知らせです。
 まず10月7日(金)、大阪中崎町のcommon cafeにて開催される「architects’ BAR 「けんちく本つくりたい人集まれ」〜vol.5」にゲストとしてstudio ZONE.Vのイドカメラさんと出動いたします。高知遺産の本ができるまでのプロセスについて30分ほどお話したのち、質疑応答などがある模様。会場では大阪ではちょっと手に入りにくい「高知遺産」も販売しますので、お気軽にご来場を。。。

続きを読む "大阪中崎町「けんちくの手帖」迫る!"

2005年09月13日

●ベロタクシーとヴェロシティ

 一昨年京都ではじまって、いま東京・大阪・那覇・奈良・マツモトへと拡散しているベロタクシー。
これって高知じゃできんのだろうかと前から思っていた。

101_0163.jpg

 日曜市やひろめ市場、高知城といった観光地(この際はりまや橋はのけておく)もあることだし、他の都市と同じで中心市街地での高齢者居住率も高い。ベロタクシーを導入しても、ある程度はいけそうな気がする。

続きを読む "ベロタクシーとヴェロシティ"

●高知遺産、「美術手帖」に登場

 今年4月の発売開始以来、私たちの予想には全くなかったほど売れ続けている「高知遺産」、これで最後の第二版第二刷の印刷が決定いたしました。10月より再び店頭に並ぶのではないかと思われます。。。
 まだ入手されていない方や、欲しかったのにどこにもなかったという方は、この機会に、高知県内の方はぜひお近くの書店に、県外の方は graffitiの通販サービスにてご予約ください。
 なお、東京、京都、大阪、神戸、高松などでは書店販売も一部で行っています。詳しくは過去記事の> こちらをご覧ください。まだ第二版や初版が余っているお店もあります!

ちなみに最終版は帯が緑です!


 また、今月9/17頃発売の「美術手帖10月号」で「高知遺産」が取り上げられます!
 今年の7-8月に東京のポポタムで開催した「> 高知遺産 いきなり、東京展」をご覧いただいた世田谷美術館の学芸員さんが「これしかねえ!」と思われ、その流れのまま執筆してくださっています。先日電話取材もお受けして、仮原稿もチェックさせていただいたんですが、これまでの「高知遺産」評とはまた少し違った評で、ちょっとハッとさせられました。おもしろいです。なかなか買う機会はない本だと思いますが、ぜひご覧くださいませ。。。

2005年09月10日

●四万十市で喋り倒す飲み倒す

DSC03063.jpg

 衆院選直前の10日、四万十市で高知県中小企業青年中央会の西部交流会に参加してきました。こないだアップした太陽館は、実はこの時撮影したものなんですな。

 この同じ日、ukiki_kumiさんは窪川地酒倶楽部の異業種交流会に参加していたり、また大正の方でもなんか似たようなイベントがあったりと、なんだか幡多はまるで交流会ブームみたいですが(笑)、おいらが参加したのはまたどうも少し毛色が違う感じ。

続きを読む "四万十市で喋り倒す飲み倒す"

2005年09月08日

●ART HAPPEN in 土佐山田

rogo.jpg

土佐山田町でgraffiti協賛のイベントが間もなくスタート!
 あの「赤ぱっち」も上映されます!

続きを読む "ART HAPPEN in 土佐山田"

2005年08月16日

●size0の【帯屋町妖怪小屋】

DSC02801.jpg

 今日この夏限定のコンテンポラリーギャラリー「size0」へ行って参りました。このギャラリー、ダイエーの近くの空き店舗を仮設のギャラリーとしたもので、7月15日から9月11日までの間、5回の企画展を開催しています。
 んで、今は8月13日から21日まで開催中の「帯屋町妖怪小屋」。高知のスター作家?3人が覇を競う小企画です。まず入ると、明後日の高知新聞夕刊に載る予定の「きんこん土佐日記」執筆中の村岡さんが。明後日の、おいら、かなり好きなネタです。

続きを読む "size0の【帯屋町妖怪小屋】"

2005年08月05日

●【ART NPO TACO】やっと設立

構想2年、やっとの思いでART NPO TACOの設立総会を行いました。
 まあつくるのはもっと早くても良かったのですが、時期的には今がベストだったような気がします。
 設立メンバーは、graffitiスタッフを中心に、タケムラ、海月館、村岡さんなどの若手?、県内のいくつかの美術館等の学芸員やスタッフ、新聞社社員などなど11名。もう少し正会員は増やす予定ですが、認証が得られるであろう12月頃から本格的に活動をスタートさせます。
 主要な事業は、ひとことでいうと「アートと社会のえんむすび」。ギャラリーやアトリエなどのアートスペースの運営、各種イベント・講座・ミーティング・ワークショップなどの開催、デザイン・イベント業務の企画・受託、「高知遺産」を立脚点とする「まちを楽しむための本」の企画出版などなど。将来的には文化施設の指定管理者となることも目標においた活動を展開していくつもりです。

続きを読む "【ART NPO TACO】やっと設立"

2005年07月12日

●13日よりいよいよスタート、高知遺産 東京展

PICT2558.jpg
ポポタムさんより会場の写真が届きました。東京の方はぜひこの機会にご覧ください!

会場には、高知遺産本には未収録のものも多数含む、第一次〜第三次展で展示したファイルから選りすぐりの150枚(くらい)と、第四次展で流したスライド250枚、沢田マンションの模型(加賀谷哲朗氏ら作成)などが展示されています。

「面白い」のは東京のような大都市だけじゃございません。田舎の都市も、捨てたものではございません。ぜひに、ゆったりと時間をとってお越し下さいませ!

続きを読む "13日よりいよいよスタート、高知遺産 東京展"

2005年07月09日

●高知遺産 いきなり、東京展

「高知遺産」がいきなり東京進出です。
東京近郊の高知数寄の方は是非行ってみてください!

続きを読む "高知遺産 いきなり、東京展"

2005年05月31日

●高知遺産、第二版発売中(8/6改訂)

6/1より「高知遺産」第二版がいよいよ流通開始です。

第二版ではいよいよ県外にも進出。高知県内でも取扱店数が大幅アップしています。
まだ書き足りていないので、順次追加していきます。
第二版では、初版で何カ所かみられた誤字を修正している他、一部写真を差し替え。帯は黄色からオレンジ色に変更されています。初版はもう県下全体でも100部程度しか数字上残っていないようですので、初版が欲しい!という方はぜひ探してみてください。

続きを読む "高知遺産、第二版発売中(8/6改訂)"

2005年05月16日

●【高知遺産】、ついに増刷決定!!!

とりあえずご報告。
高知県の自費出版としては異例中の異例(出版から3週間で1000部突破、現在1500部程度完売)の記録を樹立中の「高知遺産」、増刷決定しました!

続きを読む "【高知遺産】、ついに増刷決定!!!"

2005年05月11日

●4回目の高知遺産展

「高知遺産」の出版を記念して、またもやgraffitiで展覧会を開催します。

今回の展示は、これまでの「説明的」かつ「親切」な展示から、思い切って説明を省いた不親切な展示へ。一切言葉はない。あるのは写真だけ。それも、壁面に8枚、投影が260枚たらず。
今回も展示計画を担当した。これまでは展示計画なんてものはとくになかったけど、今回は少しだけ考えてみた。主となる投影はおいらの方でまとめ、海月館夫人と最終調整してまとめた。

続きを読む "4回目の高知遺産展"

2005年04月22日

●【展覧会】失う前に、もう一度

5月12日より23日まで、graffitiにて「高知遺産」の出版を記念しての展覧会を開催します!
「高知遺産」の展覧会としては今回で4回目になりますが、今回は従来のような説明的な展示とはうってかわって、「音と光、時間」がテーマの展覧会です。

続きを読む "【展覧会】失う前に、もう一度"

2005年04月13日

●「高知遺産」今週末より発売開始!

よーやく、ホントによーやく「高知遺産」が今週末印刷所から届く。
そして今週中にはできるだけ配本を済ませる方向で。

続きを読む "「高知遺産」今週末より発売開始!"

2005年04月02日

●【高知遺産】発行間近!

長らく作業を続けてきた「高知遺産」、やっと最終入稿しました!
レイアウト作業をはじめたのが去年の10月、途中2ヶ月ほどのブランクをへて1月には校正作業を開始。やっとの思いで入稿とあいなりました。
本をつくることの大変さというのをつくづく思い知らされますね・・・
写真は最後の本機校正。なかなかきれいな感じです。
DSC01016.jpg

続きを読む "【高知遺産】発行間近!"

2004年12月20日

●高知遺産の本づくり2

「高知遺産」、その本の内容は、これまで3度の展覧会に合わせて参加者の人たちから収集してきた写真と文章を中心にまとめていく形をとっている。

続きを読む "高知遺産の本づくり2"

2004年12月14日

●高知遺産の本づくり

来年春くらいの刊行をめざし、「高知遺産」の単行本づくりを進めている。

続きを読む "高知遺産の本づくり"

2004年04月20日

●高知遺産展

本日搬入。明日から開催。場所は高見町のグラフィティにて。総数84点、これを見たなら高知が分かる!

2004年04月18日

●高知遺産

またもや展覧会である。
この1月に開催した「高知遺産」の続編「高知遺産第二次選定」。要はどんどん変わってゆく高知の風景や建物を、ただ無頓着に見送るのではなくて、もっともう少しゆっくり眺めてみようという試み。だから、普通の観光地的な場所ではなく、日々の暮らしの中でよく楽しんだ場所や懐かしい場所、なんだかいい感じの場所を主に取り上げる。
今回は20人が参加。また会場の風景とか取り上げてみようと思ってる。