« 地下鉄がライブで | メイン | 濱長さん »

2008年08月25日

●はじめての同窓会

DSC_2196.jpg

あれから20年ですか。
20年ものむかし、ここにいるみんな、ぜーんぶウブだった。
中途半端なヒゲがはえてきて、たぶんミョーに脂っぽくて。
春先の若葉のような、なんともいえぬビミョーな柔らかいような固いような。
まだ見ぬ助平なことに思い巡らし、友達ともそんな夢想にニヤニヤ笑う、今思えばちょっと切ない頃。
すごいねえ、20年前。

中学三年のクラス同窓会は、なんともいえぬ雰囲気ではじまった。
だって、顔は覚えていても名前を覚えていなかったり、そもそもあなた誰?状態の人がいたり。
そりゃあ20年も経てば、ずいぶんと変わる。
でも、自己紹介を重ねるうちに途切れた糸が少しずつ結ばれていく。
ああ、当時ガリ勉メガネだった彼女がコンタクトになり、ああ、当時ガリガリだった彼がすっかり大きくなっちゃって。なかには、すっかり頭を丸めて農業にチャレンジしている男もおれば、烏形のマスクをしていたやや荒くれ男は警察に勤めていたり。
あんなに厳しかった先生も、すっかりしぼんで・・・と思っていたら、いまなお喋り口は昔のまま。厳しいけれど、生徒のことをしっかり見てる姿も昔のまま。

これから先も20年、30年と人生は続いていくのだろうけど、
次みんなと会うときはどーなってるんだろう。

コメント

同窓会、行ったことねーっす。

「んなもんいちいちいってられっか」「別に会いたかないやい」と思って、何度行かなかったことか。

いまは「いっときゃよかった」と思ってます。みんなどんな人生をあゆんでるんだろうなーと、ちょっとうらやましく読ませていただきました。

っていうかモノクロはヒキョーすよ。
ノスタルジック全開じゃないすか。
今日はなんだか思い出にふけって仕事に身が入りません。

去年だか一昨年には盛大なる同窓会があったらしいんだけど、おいらもいかずじまい。
別に会ってもなあとか、覚えてないよ、とかそんな感じだった。
でも、今回は先生に会えるというのと、たぶん三十路も中盤っちゅうこともあってかなくてか、あっさり参加へ。やっぱりたまには行くべきですよ。
で、モノクロ。ノスタルジックというよりも、カラーだと顔や服装の色がはっきりわかっちゃうので、モノクロにしただけですよw
でも、ノスタルジー。

同じ日に系列の高校の3年F組の同窓会もあったので、それに合わせて帰ってました。こちらははるかに年数重ねてますが。
あんた誰?状態の人がほとんどでした。
来年は同学年合同でやろうとか言ってたのでまた帰らねばなりません。

どもども。同窓会もありすぎると大変ですね(笑)
関係ないですが、この歳ですでに同級生が何人か亡くなっていたりもするので、ホントに健康には気を使わなきゃと思いつつ今日もタバコをプカプカやってます、はい。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)