« 今年は控えめよさこい見物 | メイン | 昨日の空は青い空 »

2008年08月14日

●マジ馬路キャンプの夜

DSC_20082.jpg

花火なんぞ久しぶりだ。

昨日の夜は、魚梁瀬のキャンプ場でPOURQUOI、SAIL+swimmy、melt+huisの雑貨屋チームとのんびりだらり。気楽な時間を過ごして参りました。

DSC_1944.jpg
魚梁瀬のバンガローはなかなか豪華。ボロいところかと思っていたら、かなり設備も整っているし、なにより広い。しかも魚梁瀬のダム湖に面していて、
さすがはみんな店の人、テキパキ働いて料理が次から次へと出て来ること出て来ること。むしろみんな作ることに夢中で、食べることが疎かになるくらいに。
得意料理の一つもないおいらは、同じくあまり得意料理のなさげなナカゴシ(手書きのフリーペーパー・ナカゴシをもう8年近く続けて出し続ける、おいらが「ちょっと天才」と思う人物のひとりなのです)とテーブルの隅っこでゴミの収集、マイタケの解体、モッツァレラチーズとトマトの和えたん、極めて不必要なムードづくりに努める。あとは写真屋係。
こーゆーとき、ひとつは得意料理を持つべきだと思うのだ。一人暮らし時代はたまに料理をすることがあったけど、人のために腕を振るおうということは滅多になかった。まわりに料理が上手い人が多いというのもあって「自分でつくる、探究心」が育たなかったようだ。
たった一度、愛媛からやってきた友人が「作れ」というのでゴーヤチャンプルと良く分からない丼をつくって出したことはある。だけど、人に食物を与える初めての経験のため、焦げたり味付けが中途半端だったりで散々な結果に。それでますます台所から離れてしまった。

ひとしきり食べたあとは、みんなで外へ出てペルセウス座流星群の鑑賞大会。なかなかでっかい流星は見ることができなかったけど、ヒョンヒョンといくつかは飛んでくれた。その間もナカゴシとラピュタ話に盛り上がってはおりましたが。

DSC_2023.jpg
宴の終わりは花火大会。最後はソータ兄さんが花火を何本も持っての火芸で締め。
写真を見るとまるで兄さんが爆発したかのよーな仕上がりになってたりして。

関連リンク■全ての原点20W製作所

コメント

何故私が
そこにおらん?

めっちゃ
楽しそうで
うらやましいぞ!
くっそぉ
(-◇-);

今度
連れてけ!

なぜ姉貴がおらん?
いつでもいいぞ帰っておいで
今度は姉貴の遠征にあわせて小旅もえいねえ

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)