« はきものが楽しい-エムツウの展覧会- | メイン | マジ馬路キャンプの夜 »

2008年08月13日

●今年は控えめよさこい見物

DSC_1875.jpg
やっぱり見ないと夏がこん。
それがよさこい祭り。
でも、今年はちょっと控えめにしか見ませんでした。
てゆか、あえて控えめに我慢してみた。
そしたら、来年はまた新鮮に見れるのではねえかと。

毎年10-11日は必ず市内あちこちをウロウロして見るんだけど、スコップもってウロウロしてるチームとかラジカセで踊るチームとか、年々変なチームが減ってきちゃって、みーんなプロくさくなってきてるのがなんか「ショー」を見せつけられているようでしんどくなってきちゃったんですな。

めっちゃすごいチームのあとに、しょんぼいチームがやってきて、ヤンキーチームが来たと思ったら幼稚園チームがくる。さらに正調がきて県外のチームがくる・・・そんな感じでいろいろ見れると楽しいんだけど、ここ数年で再びみんなスゴくなってきて(衣装がどこも同じになってきてますな)、見る方もいちいちほーっと溜め息をつかなきゃいかんようになってきたというか。追手筋で見なくなったこと(もっぱら愛宕・升形・帯屋町筋で見ゆ)やチーム数が増えたこともあるとは思うんですが。

で、今年は控えめに、初日だけ愛宕で見物。
トップの写真は高知新聞社+RKCチーム。なんか印象的でした。渋めだけどニュースケも踊ったりしよるし。新聞叩いとるし。意外とノリがえい。

DSC_1814.jpg
あと毎年いいなあと思う「梼原」も、いつものことながら衣装がいい。なんか地に足が着いているというか。おなじみのキンギョもかわいいし。また神楽の音とか使ってくれないだろうかね。3年くらいまえの梼原チームは、神楽の音が入っていてめっちゃかっこよかった。

あと写真はないけど「早稲田大学」ね。[わーせだわせだ、しあわせだー]とか歌いながら飛び跳ねる! ボーカルがかなりロッキンでしたが、見ててすごい楽しかった。こういうチームが減ったね、思わず笑ってしまうようなチームが。
あと、高松のチームもなぜか阿波踊りを加えた踊りになっていて、阿波踊り見に行きたい症候群中のおいらとしてはもう少し見たい感じ。やっぱりきれいよ。阿波踊りは。派手さはないけど見ててぞくぞくする。

DSC_1838.jpg
そして日本トリム。高知FDの選手も参加しているんだけど、基本的に子どもチーム。FDの応援歌?なんでしょうかね、なんかこれまた元気なこどもの歌にのせて踊っておりました。ちなみに今回高架の真下で見物したんだけど、どうも高音域の音がやたらと反響するらしく、高架の真下ではいつまでも日本トリムの子どもの歌が響いておりましたよ(本部席のあたりまで地方車が行っているのに、反響で高架の真下ではいつまでもそこに地方がいるかのように音が聞こえる)

なんにせよ、今年はかなり控えめにしたので、来年はもっと見たいもんです。

コメント

 「プロ化」の功罪はあるでしょう。
 たまたま昨日見た「後夜祭」というのかは、入賞したチームばかりでしたのでそう思いました。

 かなりハイレベルになっているようですが、「ローカル・サイト」での盛り上がりになっていますね。

 それは開催日の問題もあるでしょう。
 特に10日、11日は商売人にとっては盆休み前の多忙期。集金・支払日でもあるし。

 8月の第2週の土日開催としてくれれば、もう少し協力も出来ますが。

 めったに見に行かないよさこいですが、昨日は偶然見ました。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_b5b4.html

今年は結局上のチームも含め、10くらいしか見ませんでした。入賞チームも見ておきたかったなあ。
だいたい過ぎてみるとそう思うのですw

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)