« 2008年08月19日 | メイン | 2008年08月27日 »

2008年08月25日

●はじめての同窓会

DSC_2196.jpg

あれから20年ですか。
20年ものむかし、ここにいるみんな、ぜーんぶウブだった。
中途半端なヒゲがはえてきて、たぶんミョーに脂っぽくて。
春先の若葉のような、なんともいえぬビミョーな柔らかいような固いような。
まだ見ぬ助平なことに思い巡らし、友達ともそんな夢想にニヤニヤ笑う、今思えばちょっと切ない頃。
すごいねえ、20年前。

中学三年のクラス同窓会は、なんともいえぬ雰囲気ではじまった。
だって、顔は覚えていても名前を覚えていなかったり、そもそもあなた誰?状態の人がいたり。
そりゃあ20年も経てば、ずいぶんと変わる。
でも、自己紹介を重ねるうちに途切れた糸が少しずつ結ばれていく。
ああ、当時ガリ勉メガネだった彼女がコンタクトになり、ああ、当時ガリガリだった彼がすっかり大きくなっちゃって。なかには、すっかり頭を丸めて農業にチャレンジしている男もおれば、烏形のマスクをしていたやや荒くれ男は警察に勤めていたり。
あんなに厳しかった先生も、すっかりしぼんで・・・と思っていたら、いまなお喋り口は昔のまま。厳しいけれど、生徒のことをしっかり見てる姿も昔のまま。

これから先も20年、30年と人生は続いていくのだろうけど、
次みんなと会うときはどーなってるんだろう。