« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月29日

●明日は東京。路線図みてたらふと思うこと

rosen.gif

明日からまたもやトキョ。
ブログではあまり書いてないけど、なんじゃかんじゃと数ヶ月に一度はトキョ巡りの機会を得ている。で、今回はNPOに去年度助成してくれたある財団の報告会への出席するため。プレゼン用のkeynoteをつくって、備えてみる。

それにしても、トキョはいつも行くところに困る。いろいろとあるようで意外とない。少なくともメシは期待できないし、期待しているのは書店くらい・・・展覧会とかでも、京都や大阪の方が見たいものがあるよーな気がする。いつも行く度にトキョってなんなんだろうと思う。

前回は国立のつくし文具店や国立本店、下町のアノニマスタジオとかを回ってみた。じゃあ今回はというと、ちっくら鉄道博物館へ行ってみようかと思っているのだ。ついでに王子あたりから都電にも乗ってみようかと。さいきんのところ、鉄成分、20年ぶりの勃興。たまにゃそういう旅もいい。

で、その下調べをしながらふと思ったこと。東京や大阪じゃあ「路線図」はイヤというほど見る機会がある。メトロもJRも、見たことがない人はいない。車内に掲示された路線図をボーッと眺めてみたり、切符売り場で探してみたり(まあ最近はカードなんであまり見る用事もないわけですが)。だから、どこにどんな街があるのか、どこに行くためには何線に乗るのか、ということを普通に考えるトレーニングができてくるし、乗ることを意識できる。
むろんそれは乗った先に目的地があったり、渋滞ばかりの車よりも公共交通の方が便利というそもそもの大きな違いがあるわけだけど、逆にいえば路線図があるから行動を促しているようにも思えてくるわけで。
今から何十年も前に国鉄が取り組んだ路線別カラー(中央線はオレンジ、山手線は緑とか)の導入や、当時はまだシンプルな路線網だった営団地下鉄の路線図はインパクトがあったという。事業者側が「乗ってくれ」と思ったことがそのまんま形になったものなわけで、複雑で混乱しやすい「乗り方」を分かりやすく整理してくれた作業そのものだったはずだ。

じゃけど高知の公共交通ではそれがない。まともな路線図がないから、常連さんじゃあない限り「乗ること」を考えるきっかけもできない。こないだ書いたエントリのコメント欄を見ていると、事業者さんもそのことにあんまり気付いていない気配。
そうなんですよ、高知の公共交通は京都の料亭なんです。一見さんお断りなんです。常連さんじゃなきゃぶぶ漬け食べていかれます?と言われるわけです。だけど常連さんはお年寄りか学生さんだけ。長い目で見れば決して上顧客とはいえない。むしろおいらたちくらいの世代が乗るようなものにせねば。
たぶん、カードをつくったり、乗り場環境をよくしたりところで、やっぱり路線図がなけりゃあダメなんじゃないか?  その路線図に所要時間や平均ヘッド、又はQRとかで主要停留所毎のダイヤへリンクしたりとかすれば、もそっと便利になるかも知れない。それに、料金だって市内は一律で200円ですよとなれば「釣り銭」の心配もなく乗れるようになる。初乗り190円ならおいらは200円の方がいい。下車時に「釣り銭を作る」のは、ホントに意外と面倒いのだ。
路線図。変に難しい御託を考えてみたりするより、これがあればずっとわかりやすいし、ワクワクする。印刷も込みで100万もかからん。助成金を引っ張ってくればなんとかなりそうだし。
そんなことを、トキョの路線図を見ていたらふと思った。やっぱり基本はワクワクさせることでしょう・・・やっぱ作ろうかね、勝手に。

参考■ロンドンの路線図はかっこいい

2008年08月28日

●沢田マンションにモーニング娘。の久住小春あらわる

DSC_0679.jpg
沢田マンションを出てからはや4か月。
だけどなんだかんだと毎週のように沢マンには通っている。
NHKの「住まい自分流」の取材があったり、県外からの客人や高知大の学生さんをご案内したり。

そして、いまから2か月くらい前。
以前岩佐真悠子さん(今思えばサインくらいもらっておけばよかった・・・)が沢マンロケしたときにご縁ができたロケーションコンサルタントの方からお電話があり、今度はモーニング娘。の久住小春さんを沢マンで撮るのだという。で、撮影の場にちと同席。18号室が使えたらそこで、ということだったんだけど、今回は大家さんちを中心に撮影。
ほとんどわかりませんが、窓辺で撮影してはるところですね。

続きを読む "沢田マンションにモーニング娘。の久住小春あらわる"

2008年08月27日

●濱長さん

DSC_1620.jpg
鏡川の河畔に建つ料亭・濱長。
来年早々、ここでお披露目会を催すのだ。
せっかくやるなら記憶に残るものを。
これまで10くらいは結婚式というものに出て来たけれど、その多くは仕方がないけど形式通り。

そう考えたら、ここしかなかった。

そもそも、ここはおいらの遠戚のお店で、カッコ良かった祖母が最期に倒れたお店。
仕切り直しの折りには、仕事でいろんなことを教えてくれた姉様も縁の下を張り、父もまたおなじ。
この店でやらないという選択肢は、ハナっからなかった。

続きを読む "濱長さん"

2008年08月25日

●はじめての同窓会

DSC_2196.jpg

あれから20年ですか。
20年ものむかし、ここにいるみんな、ぜーんぶウブだった。
中途半端なヒゲがはえてきて、たぶんミョーに脂っぽくて。
春先の若葉のような、なんともいえぬビミョーな柔らかいような固いような。
まだ見ぬ助平なことに思い巡らし、友達ともそんな夢想にニヤニヤ笑う、今思えばちょっと切ない頃。
すごいねえ、20年前。

中学三年のクラス同窓会は、なんともいえぬ雰囲気ではじまった。
だって、顔は覚えていても名前を覚えていなかったり、そもそもあなた誰?状態の人がいたり。
そりゃあ20年も経てば、ずいぶんと変わる。
でも、自己紹介を重ねるうちに途切れた糸が少しずつ結ばれていく。
ああ、当時ガリ勉メガネだった彼女がコンタクトになり、ああ、当時ガリガリだった彼がすっかり大きくなっちゃって。なかには、すっかり頭を丸めて農業にチャレンジしている男もおれば、烏形のマスクをしていたやや荒くれ男は警察に勤めていたり。
あんなに厳しかった先生も、すっかりしぼんで・・・と思っていたら、いまなお喋り口は昔のまま。厳しいけれど、生徒のことをしっかり見てる姿も昔のまま。

これから先も20年、30年と人生は続いていくのだろうけど、
次みんなと会うときはどーなってるんだろう。

2008年08月19日

●地下鉄がライブで

MAP.JPG
こういうのって、分かりやすい。
地下鉄の走行位置をライブで見れるヘルシンキのサービス。
ちょっとワクワクする。

高知くらいの小さい街なら、バスや電車をこんなんで見せてくれたら分かりやすいかも。特にバスは路線図も分かりにくいわダイヤも自由奔放だわ(定時性がない)、とにもかくにもどこ走っているのか一切わからん。
まあお年寄りが利用者の主ではあるから今は不必要だろうけど、ネット世代が普通に高齢化していくこれからの時代も考えたら、いずれこういうのが当たり前になるような気がする。

関連リンク■ヘルシンキのTRAIN MAP

2008年08月18日

●CINEMA DUB MONKS LIVE

H2.jpg
ホリカワアートミーティングの前日開催のライブ。
今年は沖縄からCINEMA DUB MONKSが登場。
ぜひお買い上げを。
音と映像のフシギな世界。

DATA
デザイン:タケムラナオヤ
クライアント : 高知市文化振興事業団

●ホリカワアートミーティング2008

H1.jpg
毎年恒例のホリカワアートミーティングのフライヤー。
ごった煮。
作っていて楽しかった。
今年は「かざぐるまづくり」のワークショップも。
できたかざぐるまは11月に成山で展示します。

DATA
デザイン:タケムラナオヤ
クライアント : 高知市文化振興事業団

2008年08月15日

●おそるべしGoogleマップ[ストリートビュー]

こらすごい。
東京・大阪など大都市圏でとりあえずはじまったgoogleのストリートビュー。
あらゆる道沿いの情景が映し出される・・・

子ども時代やら大学時代に棲んだ家もだいたい見れる。
大阪の新地ではヤリてババアの姿が映っていたり、多摩霊園のあたりではバスに心霊が映っていたりと早くも話題騒然。
しかしこれって高知とか地方都市だと相当やばそうねえ。
あれ、だれそれさんがこんなくに・・・?なぜ?みたいな。

続きを読む "おそるべしGoogleマップ[ストリートビュー]"

2008年08月14日

●昨日の空は青い空

DSC_2076.jpg
昨日の空は異常に青く、低かった。そして、ずいぶん強烈な雨雲が着々と近づいてきた。というわけで、思わずパチリ。

●マジ馬路キャンプの夜

DSC_20082.jpg

花火なんぞ久しぶりだ。

昨日の夜は、魚梁瀬のキャンプ場でPOURQUOI、SAIL+swimmy、melt+huisの雑貨屋チームとのんびりだらり。気楽な時間を過ごして参りました。

続きを読む "マジ馬路キャンプの夜"

2008年08月13日

●今年は控えめよさこい見物

DSC_1875.jpg
やっぱり見ないと夏がこん。
それがよさこい祭り。
でも、今年はちょっと控えめにしか見ませんでした。
てゆか、あえて控えめに我慢してみた。
そしたら、来年はまた新鮮に見れるのではねえかと。

続きを読む "今年は控えめよさこい見物"

2008年08月12日

●はきものが楽しい-エムツウの展覧会-

DSC_1719.jpg
来年の正月明け頃にやる予定の披露目式用に、お連れさんと履物を探しに久しぶりにギャラリーエムツウへ。
香川の黒田商店さんがよさこい期間中の3日間だけパフォーマンスにやってきているのだ。

店内は履物と鼻緒だらけ。
鼻緒も日本だけでなくヨーロッパやら世界各地の古布からできていて、それをみているだけでもふわーんとどっかへ飛んで行ける感じ。おいらもついつい誂えてもらいました。

さっそく夜のよさこい見学から着用。
今まで持っていた下駄はだいたい鼻緒と足が擦れて痛くなりがちだったけど、もはや足に馴染んだ感じ。
しかも背が3−4センチ伸びるというオマケ付きなのが嬉しいのだ。


2008年08月11日

●sumicaに佇むおっさんひとり

DSC_1677.jpg

sumicaで始まった企画展「アノニマ・スタジオあの本この本。」
展示作業もちょいと手伝ったりしつつ、いよいよはじまりました。
部屋のど真ん中にはでっかい灯台。
そのまわりを料理本がぐるり。
期間中限定の高山なおみレシピにも注目。

アノニマ・スタジオ あの本この本。
期間/8/9(土)-8/24(日) 詳しくはsumicaまで

2008年08月09日

●師匠・井上明彦

freefactory_cover.jpg
おいらが勝手にたった一人の師匠と思い続けて15年。
井上明彦先生。

美術家にして評論家、デザイナーでもあるこの人の授業を受けたのは大学2年生のとき。
おいらの専攻科とは一切関係のない、芸術学科の講義「芸術学特論」を取ったのがはじまりだった。
(当時は岡山大学の助教授で、出張で造形芸大まで教えにきていた。今は京都市立芸大の准教授)
「コレクション」をテーマに、ひたすら考え、ひたすら遊び、ひたすら実践。
他の眠たげな授業とは全然違う刺激に打ちのめされた一年間だった。

続きを読む "師匠・井上明彦"

2008年08月04日

●「徳島」化にまた一歩。撤退、だそうで。

070724.jpg
結局はりまや橋の再開発プロジェクト、頓挫したみたいですね。

テナントも集まらず、商店街も空洞化が進んでこの結果。
この三年のうちでもずいぶんと情勢が変わった。
もっと素早く動いておけば良かったのか、とりあえず中途半端なものが建たなくて良かったと見るべきか??

というか、もうこの場所に民間の血は入らないのかも知れないねえ。
だとすっと県+市図書館とか市庁舎とか、それぐらいの選択肢しかなさそうな。
でもそんな金もなさそうな。

これで中心市街地の厳しさもさらに増しましたね。

嗚呼、確実に進む「徳島」化


2008年08月02日

●我が家のゴーヤちゃん

DSC_1585.jpg
和室の縁側で育てているゴーヤちゃん。
果たしてうまく育つかなと思っていたら、続々花が。
既に2つ収穫。残りは6つが風に揺れれてブラブラしてる。

水をやらないとすぐに萎れ、水をやるとすぐに葉が勢いづく。
なんとも分かりやすい・・・

とりあえず真ん中の一本は明日あたり収穫なのだ。

2008年08月01日

●松山大街道MUJIの恐怖文字

DSC_1438.jpg
yummydanceとの打ち合わせ+飲み会で松山出張へ。

その途中、ヤミメンG氏と立ち寄ったMUJIで怖いメモ発見。
この字、確かに筆ペンで書きたくなる文字かも知れない。
そして、文字ってやっぱり変な力があるよなあ、などと思ってみたり。

続きを読む "松山大街道MUJIの恐怖文字"