« 2008年06月16日 | メイン | 2008年07月02日 »

2008年06月21日

●藝術ウンコ論

ana.gif

2008.6追記
10年前に大阪の友人とメールで対談した記録です。
この時代はまだネットなんてそれほど充実はしていなくて、
こーゆーのを友人と書いてはデザインして印刷して、あちこちのお店を回って配っていたわけです。
お金もかかるし手間もかかるフリーペーパー。
だけど今のブログみたいに「さっと書ける」ことがないかわりに、
案外じっくりと書き込んでいて今読んでもミョーな力があるような気がします。

そうなのです、今じゃ絶対書けないのです。
ミョーに青臭いけど、軽くないような感じがする。
自分で書いた文章にハッとさせられたりする一文もあったりするし、
案外10年後の今読んでも、たとえばギャラリーの質低下やブログの増殖と同質化を
なんか見込んでいるような感じがして面白い・・・と自分は思ってしまいました。

--

アツ:アナマニア創刊、おめでとうございます。いやあ華々しく突然の創刊ですね。若者のやる気、いいじゃないですか!明るい未来だなあ!というわけでタケムラさん。今回のテーマは創刊記念特集に相応しく、「芸術はうんこだ!」というものなのですが。ハハハハ。
まあ読者の方々のために簡単にご説明いたしますと、芸術作品を制作する、ということは、うんこを出すことに通ずるもんがあるんじゃないかとこういうわけです。
いや私は何もうんこ自体を悪いもんだと言っているわけではないんですよ。まあね、うんこにもいいうんこ、悪いうんこもありますし、それを見りゃ現在の体調の善し悪しもわかる。つまりはうんこ(作品)を見て作者が最近何を食ったか(何に興味があるか)、ひいては現代社会の様相もわかるという大変便利なもので。ただ、そんなにかっこいいもんでもないんだぞ、という多少の皮肉も込めて、芸術=うんこと定義したいわけです。
ただねー。失礼千番を承知でいうと、いまのうんこ界ってあんまり魅力感じられないです。最近の風潮として、どうもうんこたれすぎじゃない ですか?全体的に。しかも自分のうんこの始末も付けられないうんこたれが増えてきたという感が往々にしてあるような。どうでしょう?

タケムラ:いやいや、本当そうなんですよね。芸術はうんこ。うんこっていうと何かいい印象はないけどね、実はすごい芸術っていう曖昧模糊としたものをはっきり見せる言葉だと思うのね。
うんこって臭いじゃないですか。でも、すごい臭いときもあれば別に臭いすらないときだってある。色も形も毎日違うし、他人のうんこは見たことないから知らないけど、多分形も臭いも少しづつ違う。今の地球上の人類がたとえ一斉にうんこをしたとしても、多分そのうんこは全部違うと思うのね。やっぱその人が食べてるもの、生活のリズム、体調その他云々で確実に違うモノができてくるわけね。
ほら、これって芸術っていうか制作行為と同じなわけよね。みーんな偉そうなゴタクならべて作品っていう名前のうんこをつくり続けているっていうわけで。
でもそのうんこ、最近みんな出しっぱなしなのよね。ああ今日のうんこはちょっと臭いからちょっと生活変えようっていうことにはならないわけで。これって無責任だよなあ。要はノグソですよ、ノグソ。



早めにポチリ四国ランキング

続きを読む "藝術ウンコ論"