« 沢田マンションの地下室へ潜る | メイン | うんとこどっこいしょ »

2008年06月05日

●なんと!2010年大河ドラマは「龍馬伝」!

きました!
2010年の大河ドラマは「龍馬伝」に決まったそうな。
2006年の「功名が辻」に続く土佐モノ。

しかも、三菱財閥創始者の岩崎弥太郎の視点から描くというのだから渋すぎる。
功名が辻効果がすっかり落ち着いてなんともならない高知観光にとってもかんなりえい話ですな。

岩崎弥太郎の安芸市にとっても、朝の連ドラ「のんちゃんの夢」以来のドラマですな。

でも・・・

黒鉄ヒロシの名著「龍馬を斬る」では、
大政奉還も成り、もはや土佐藩にとって用なしとなった坂本龍馬を斬ってしまえと
岩崎弥太郎や後藤象二郎が思ったとしてもフシギではない・・・という「土佐藩黒幕説」を、
新撰組説、見廻組説、薩摩藩説、フリーメーソン説などと並ぶ形で取り上げている。

おいらは「おーい!竜馬!」の影響もあってかやや薩摩犯行説寄り派なんだけど、
いろは丸沈没に対する紀州藩の賠償金を岩崎弥太郎がこっそり得ていたとか、
ちょうど龍馬・慎太郎遭難の前から2週間分の弥太郎の日記を岩崎家が今も公開を拒んでいる・・・
といったことを読むと、もしかして・・・と思ったりもする。

そんな、弥太郎からみた龍馬。
岩崎日記とかは出て来るんだろうか?
はたまた、岩崎家はどうでるか?←まあ静かにしてると思いますが

なにはともあれ、高知にとっちゃいい話、なのだ。





四国ランキング

コメント

さきほどウキウキのukikiさんからコメントがエラーになったというご報告が。
このブログからもトラバ飛ばしたりしてるんですが、悉くエラー続き。
いろいろと問題が出てきましたぞ。少し対策工事をしてみたけど、状態は変わってないような感じが・・・

 正直な感想は「やれやれ」ですね。
 龍馬をきどる保守的な人達がまたぞろ偉そうに出てきてお酒を飲んでおしまいの行事。それに税金は絶対に使わんでほしい。

 龍馬のほかにも高知には人物もおるろうに。中江兆民とか幸徳秋水とか。牧野富太郎も。
 牧野富太郎なんぞは大河ドラマになるべきであると思いますね。

 莫大な借金に平然と「君たちも有名な植物学者にお金を貸すのだから名誉なことだ」とうそぶいていたとか。

 スケールの大きさでは牧野富太郎さんのような人はおらんでしょうし。

なるほど、そういう見方もあるわけですね。
まあまたいろいろな人が龍馬利権求めて動く。
んで、またバラバラなことやってみると。
んで、翌年にはつながらないと。

そーか、そういえば、また大河ドラマ館もつくらないといけないわけですよね。
まあ、今回は安芸でつくるべきかなあと思いますね。弥太郎にしっかりピンを合わせてみてほしい。

それにしても、富太郎の大河ドラマは確かにあっても良さそうですね〜ぜひ見たいです。まあ一年間持って行くことのできるくらい山盛りのドラマがあるかどうかはちょっと微妙でもありますが・・・
少なくとも、2−3時間の濃縮ドラマでやってみてほしいと思いました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)