« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月21日

●藝術ウンコ論

ana.gif

2008.6追記
10年前に大阪の友人とメールで対談した記録です。
この時代はまだネットなんてそれほど充実はしていなくて、
こーゆーのを友人と書いてはデザインして印刷して、あちこちのお店を回って配っていたわけです。
お金もかかるし手間もかかるフリーペーパー。
だけど今のブログみたいに「さっと書ける」ことがないかわりに、
案外じっくりと書き込んでいて今読んでもミョーな力があるような気がします。

そうなのです、今じゃ絶対書けないのです。
ミョーに青臭いけど、軽くないような感じがする。
自分で書いた文章にハッとさせられたりする一文もあったりするし、
案外10年後の今読んでも、たとえばギャラリーの質低下やブログの増殖と同質化を
なんか見込んでいるような感じがして面白い・・・と自分は思ってしまいました。

--

アツ:アナマニア創刊、おめでとうございます。いやあ華々しく突然の創刊ですね。若者のやる気、いいじゃないですか!明るい未来だなあ!というわけでタケムラさん。今回のテーマは創刊記念特集に相応しく、「芸術はうんこだ!」というものなのですが。ハハハハ。
まあ読者の方々のために簡単にご説明いたしますと、芸術作品を制作する、ということは、うんこを出すことに通ずるもんがあるんじゃないかとこういうわけです。
いや私は何もうんこ自体を悪いもんだと言っているわけではないんですよ。まあね、うんこにもいいうんこ、悪いうんこもありますし、それを見りゃ現在の体調の善し悪しもわかる。つまりはうんこ(作品)を見て作者が最近何を食ったか(何に興味があるか)、ひいては現代社会の様相もわかるという大変便利なもので。ただ、そんなにかっこいいもんでもないんだぞ、という多少の皮肉も込めて、芸術=うんこと定義したいわけです。
ただねー。失礼千番を承知でいうと、いまのうんこ界ってあんまり魅力感じられないです。最近の風潮として、どうもうんこたれすぎじゃない ですか?全体的に。しかも自分のうんこの始末も付けられないうんこたれが増えてきたという感が往々にしてあるような。どうでしょう?

タケムラ:いやいや、本当そうなんですよね。芸術はうんこ。うんこっていうと何かいい印象はないけどね、実はすごい芸術っていう曖昧模糊としたものをはっきり見せる言葉だと思うのね。
うんこって臭いじゃないですか。でも、すごい臭いときもあれば別に臭いすらないときだってある。色も形も毎日違うし、他人のうんこは見たことないから知らないけど、多分形も臭いも少しづつ違う。今の地球上の人類がたとえ一斉にうんこをしたとしても、多分そのうんこは全部違うと思うのね。やっぱその人が食べてるもの、生活のリズム、体調その他云々で確実に違うモノができてくるわけね。
ほら、これって芸術っていうか制作行為と同じなわけよね。みーんな偉そうなゴタクならべて作品っていう名前のうんこをつくり続けているっていうわけで。
でもそのうんこ、最近みんな出しっぱなしなのよね。ああ今日のうんこはちょっと臭いからちょっと生活変えようっていうことにはならないわけで。これって無責任だよなあ。要はノグソですよ、ノグソ。



早めにポチリ四国ランキング

続きを読む "藝術ウンコ論"

2008年06月16日

●シシトウちゃん

DSC_1067.jpg
この春、我が庭を得てからというもの、仕事の合間は畑仕事。
今育てているのは、トマトとシシトウ、ピーマン、ナス、オクラ、枝豆、ゴーヤ、パセリ、水菜。
梅雨に入ったので、ワラマルチもきちんとやってます。

さて、このうちナスとピーマンは一度目の収穫を修了。
その後ナスは花も付けてくれないのがちときがかりですが・・・

で、間もなく収穫できそうなのがシシトウちゃん。
次から次へと実が付きだして、かわいらしい。
こいつを収穫して、こないだ有澤さんとukikiからいただいた文佳人をぐいっとやるのが、すぐ目の前にあるホントに小さな夢。

さて、ゴーヤちゃんは背丈がようやく1mくらいになってきたけど、
花付きはまだまだ。雄花も雌花もまだ出てこないので、ちと不安ら。





四国ランキング

2008年06月13日

●湯〜モア新聞打ち上げにビッグゲスト登場

C9BDBBE6.JPG

最近「湯〜モア新聞」が好評なのだそうだ。
市役所とか県庁とかでなぜか「大人気」の札付き。
ひろめ市場でも人気らしく。すぐなくなるらしい。

まあかなりマニアックな仕立てですからね。
高知のフリペとしては案外作り込んでいる方かと。
表面は毎回異なる特集記事、
中面は妹尾河童さんをイメージした、銭湯を真上から眺めた解剖図、
裏面には銭湯漫画や銭湯コラムなどなど。
こういうのを作っていると、やっぱり紙媒体で作るのが一番だなあと改めて思います。

で、次号はいつもの銭湯図をお休みして、
大特集記事「密着!銭湯24時」を掲載することになりやした。
そのための打ち合わせ→→→飲み会で、畠中家で飲んでいると・・・


そこへ!


続きを読む "湯〜モア新聞打ち上げにビッグゲスト登場"

2008年06月11日

●NEW YORKの百人隊


引き続きどーでもいいネタ。

いつだったからの元気が出るテレビの「百人隊」を思い出しますな。
10年くらい前にも、柳町あたりで「百人隊」実施計画をたてたことがあったのですが、
そーかこういうのもありかと。
県立美術館とかで、人がいっぱいの時にやってみたいなあ。





サービス→四国ランキング


2008年06月10日

●ラストフレンズ・ハチワンダイバー

lastfriends.jpg
最近どーでもいい話題増えてますが。
家のテレビが地デジになったことも関係あるんだろか、今クールは珍しくドラマ二本にはまっちょる。

ひとつは「ラスト・フレンズ」。
回を重ねる毎にどんどんディープ化。
いよいよ今週は最終章。どーやら誰かが死ぬっぽいけど、ホントに全く展開が読めないのがすごい。

そして、上野樹里の化けぶりにビックリね。
この人はすごいね、ホントにそういうキャラにしか見えないくらい役柄にはまってる。
長澤まさみも上手い!瑛太もこんな奴おったら間違いなく惚れるくらい上手い。
みーんな上手い。
でも、たぶん一番上手いのは及川宗佑役の錦戸亮かも知れん。

てゆか、瑛太の姉ちゃんは後の2話でどうからむのか?
てゆか、瑛太は職場復帰できるのか?それどころか、ホントに心臓小さいのか?
てゆか、上野樹里はレースで事故死とかないのか・・?
てゆか、おぐりんとエリーはどーなるのか?

後の2話で、一体どーなるの?というぐらい要素がテンコモリでございます。

続きを読む "ラストフレンズ・ハチワンダイバー"

2008年06月09日

●携帯電話でポップコーンを作るという実験


ライブドアニュースで見つけた記事から。
電話をかけたらポップコーンができあがるて。
電磁波おそろしや。

電話かけてたらノー味噌がちょっとおかしくなる、んだろーか・・・






押すよろし→四国ランキング

2008年06月07日

●うんとこどっこいしょ

急に脳みその奥の方から湧いて来て、気付けばたまに口ずさむ。
そんな歌は皆さんありませんでしょうか。

おいらはたまにこういうのが湧いてきます。

♪うんとこどっこいしょ
 うんとこどっこいしょ
 なーんでもできちゃうはーずなんだ
 こんどはきっと イチニノサン

調べてみれば、90年代初頭のグリコとビスコの歌
嗚呼、まさにこの歌。
その名を「うんとこどっこいしょ体操」という。

どっかの歌謡曲なんかよりもずっとべったり脳みそに張り付くこの曲は、
やっぱり名曲といえるんでしょうなあ。




ここ押すよい→→→四国ランキング

2008年06月05日

●なんと!2010年大河ドラマは「龍馬伝」!

きました!
2010年の大河ドラマは「龍馬伝」に決まったそうな。
2006年の「功名が辻」に続く土佐モノ。

しかも、三菱財閥創始者の岩崎弥太郎の視点から描くというのだから渋すぎる。
功名が辻効果がすっかり落ち着いてなんともならない高知観光にとってもかんなりえい話ですな。

岩崎弥太郎の安芸市にとっても、朝の連ドラ「のんちゃんの夢」以来のドラマですな。

でも・・・

続きを読む "なんと!2010年大河ドラマは「龍馬伝」!"

●沢田マンションの地下室へ潜る

DSC_0750.jpg
高知市初の地下駐車場を持つ沢田マンション。
でも、今ある地下駐車場は実は新しくて、初期の駐車場は今は立ち入ることができない。
でも、たまに大家さんの許可を得て覗く事も。

続きを読む "沢田マンションの地下室へ潜る"

●沢田マンションのハサミ

DSC_0743.jpg
沢マンは出たけれど、なんだかんだと毎週のように沢マンには通う日々。
「住まい自分流」の取材で訪ねてみたり、
東京や名古屋の設計士さんの集まりが沢マンに来るというのでナビゲーターとして行ってみたり、
友達が家を建てるというので建築家を紹介に行ったり、
ビアガーデンがあるというので飲みに行ってみたり。
はたまた、岩佐真悠子に続くアイドルの撮影に付き添ってみたり。

どれもこれも記事にできそうなのでそこらへんはまたの機会においておくとして(特に最後のアイドル)、
今回は作業場のはさみ。

この作業場、沢マンの5階にあるんだけど、
全体的に鷹揚とした沢マンの中でもここだけは凛とした空気が漂っていて好きなんですなあ。
ここからこのマンションが産まれていくような(でもそのマンションの中にあるんですが)、
そんな力を感じさせる、道具の数々。

きれいに並べられていて、それにもまた感心するのです。






一日一善→四国ランキング

続きを読む "沢田マンションのハサミ"

2008年06月03日

●アハハハ今夜は楽しい日本酒の会in歩屋

DSC_0991.jpg
昨晩は、歩屋で「日本酒の会」だったのだ。
このわずか半年で一気に日本酒の虜となったK新聞社のT記者が発起人?となって、
それぞれ日本酒にこだわりのある面々(一部麦酒党)が揃っての、
日本酒の深さを知るための会。

最近はワインだー焼酎だー泡盛だーと言う輩が非常に多い。
そういうのに限って、日本酒は臭いとかまずいとかいう。
んで、よくよく聞いてみればどっかの居酒屋でC級酒を熱すぎる熱燗で飲んでイヤになったとか。

続きを読む "アハハハ今夜は楽しい日本酒の会in歩屋"

2008年06月01日

●asakozirusiからのおみやげ

sumicaライブはasakozirusiさんと麦酒片手にご鑑賞。

と、そのまえに、お土産をいただきました。
しかもこんな小さいん。
DSC_0917.jpg

なんじゃらほいと開けてみると・・・


続きを読む "asakozirusiからのおみやげ"

●洞が島のカフェ・sumica、オープン迫る!

DSC_0967.jpg
「小さなお店ができるまで」は楽しい。
どんな店にするのか、どんな献立にするのか、どんなDMにするのか?
いろいろと考えることやることがあって、あっという間に時が過ぎてゆく。

好きなこと、やりたいことをとことんやってる店っていうのは、
やっぱり居心地がとってもいいものなのだ。
もしかすると、お店巡りをしているよりも、お店をやることの方がずっと楽しいのかも知れないねえ、などとも思う。

んで、この11日、いよいよ洞が島にそんな小さなお店「sumica」がオープンするのだ。
オーナー夫妻二人の思いとセンスが思いっきり詰まったお店で、パソコンを持ち込んで「第二の仕事場」となる予感。

んで、おいらはsumicaのショップカードの制作を担当。
最近少しずつ目覚めはじめたイラストも描きましたですよ。
店長H氏の好きな色(鮭・水・萌黄)の3色分ありますので、お好きなのをどーぞ。


続きを読む "洞が島のカフェ・sumica、オープン迫る!"