« 関西小旅1 雪の京都へ行きたい衝動 | メイン | 関西小旅2 雪の京都もお昼まで »

2008年02月14日

●【原稿用紙二枚文】清水湯

高知の銭湯はもはや風前の灯だ。この春で残るは10軒だけになってしまう。あまりに寂しいことだけど、現実的に少ない売上だけでボイラやパイプの更新をするのは難しいらしく、この先も予断を許さない状況が続きそうだ。
おいらの馴染みの銭湯は清水湯さんだ。一昨年の冬、とさのかぜの取材で撮影をしたり、銭湯勝手に応援団「湯〜モァ会議」へ参加して以来、行くときなら週に一度、行けなくても一ヶ月に一度はお邪魔している。
ここはご主人も奥さんもはじめから愛想が良くて、また銭湯にかける静かな情熱もなんだかうれしい。毎年春になると桜を飾り、高知で一番早いお花見が楽しめる銭湯としてもちょっと有名だ。また、近所の子どもたちへの無料開放にも積極的で、銭湯が果たす地域交流の場としての機能も充実させようとしている。ちなみに湯船の種類はあつ湯とぬる湯、バスクリンのジェット湯に電気湯の4種類。どれもお湯の温度は適温で、おいらのようなアトピー体質にも優しい。サウナも乾式と湿式の2種類があって、全国の銭湯を見渡しても「ちょっと充実」の部類に入るところだろう。
そんなだから、どの時間に行っても結構賑わっている。夕方から混み始め、7時頃から9時頃までは紋付きの方も含め絶え間なくお客がやってくる。その合間でご主人も入ってくるので、主人も気持ちよくさっぱり入れる適温設定になる(と勝手に思っている)。お湯が適温だと、湯上がりもずっと温もりが取れずにおれるので、これがまた止められないひとつの理由にもなる。
おいらたちには、湯上がりに珈琲牛乳を一本いっつもご馳走してくれる。そして一服しながらお話タイム。テレビのことからお湯のこと、お客さんのことまで、短いけれどいろいろと聞かせてくれる。まるで、親戚のおじさんか誰かに会っているかのような気分だ。
いつも珈琲牛乳ばかり貰っていてはいかんので、いつか回数券をデザインして、プレゼントしてあげようかな、と思っている。

コメント

小生が覚えている竹ちゃんらしい情緒が文章全体に現れていて、嬉しく思います。いつか時間がある時にでも近況を聞かせて下さい。

小生が覚えている竹ちゃんらしい情緒が文章全体に現れていて、嬉しく思います。いつか時間がある時にでも近況を聞かせて下さい。

ご無沙汰です。
最近、実家を掃除していたら、小学生6年生の時に作った文集を発見。雑誌調にまとめた作りで、今見てもある意味迫力があるものでした。
文章好き・本づくり好きは根本的には変わっていないみたいです。
伊藤君の名前もちょこちょこ出てきます。また立野の同窓会とかもしたいねえ。

はっけん、発見!

昨日杉並区松庵に住む知人を訪問するため、西荻窪駅前をキョロキョロして歩いていたら南口西友前で思いがげない居酒屋を発見!
「土佐の味 龍馬の郷」…

まだ準備中だったけど開店しててもおばさん一人じゃ入れない。でも関心あり。

じぶんのことを「おいら」と書けるのが、
なんだかうらやましく思いましたよ。

下町の銭湯の湯気と、
コーヒー牛乳の甘い香りが、
湯上りのホカホカ蒸しパンの体を包み込んで、
心地よさげです。

いいなぁ、銭湯。
行ってないなぁ、銭湯。

あら、嶋ゆりさんとは、もしや・・・
あ、独り言ですけど。

インフルエンザA型・にしくま家バージョン、
発病していないか、ちと心配・・・

ヒエ~。その「もしや…」のし、嶋ゆりです。

今朝がたの夢。
おっきなクマが鍵をかけてない窓から家の中に入ってきて逃げ惑っていた私。
目が覚めた時のうれしかったこと。ホッ!

ところが…今朝百足館に立ち寄ったら、なんとそこに「くまちゃん」が待ち受けているではないですか!捕まった感じ。いったいどうしてこうなるの?

「おいら」さん、すみません。私用でコメント欄使わせてもらって…。

さくらの花もちりはじめたというのにおいらさんはいったいどこへいったんでしょうね。

ども。おいらです。
すいません、レスもすっかりせずに、
完全に冬眠していました・・・!

近日再開! 今月中にはまた定期的に記事書いて行くつもりです(もともと3月は一切書かないことにしていたのですよ、冬眠を決め込んでたのです)

くまちゃんさん、とさのかぜではどうもありがとうございました。また家、のんびり遊びに行きたいです。不思議な1時間でした・・・!
結局インフルエンザは発病せんかったです!


シマゆりさん、5月に東京行きます!
西荻も行こうかなと思っているので、
遭遇するかも知れませんよ・・!


冬眠中を起こしてごめんなさい。

ヒヤ~びっくり!きょう「住まい自分流」を買ったところ。110~111頁を読んだところ。

おまけに高校の恩師で元高知大学長中内先生から去年まとめて送っていただいてた「文化高知」で「高知遺産」大発見!(今まで見落としていました)

西荻…ウ~ン残念。4月にはもう一度行く予定ですが5月から約3ヶ月土佐の高知の香美市でウロウロします。


コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)