« 2007年12月 | メイン | 2008年02月 »

2008年01月31日

●おじいちゃんの手紙

DSC_8982.jpg
去年の秋、祖父の卒寿のお祝いにつくった、たった12冊しかこの世にない自家本。
おいらのおじいちゃんは、かれこれ30年近く「俳画」を描いていて、
手紙にはいつも丁寧な絵が添えられている。

DSC_8983.jpg

DATA Editor:竹村真奈(TIMEMACHINE LABO.) Design:タケムラナオヤ Text:直也・真奈・絵里・真麻 Illustration:吉田豊秋 A3版変形72P・私家版
続きを読む "おじいちゃんの手紙"

●なぜか連載開始【NHK住まい自分流】

沢マンに暮らし始めてはや5年半。
実はもうそろそろ引っ越しをしようかいな〜と考えているのですが、
突然ながらNHKの「住まい自分流 DIY入門」に連載を持つことになりました。

3月20日の発売号から一年間計6回の連載で、
自分で暮らしを「創る」住人たちの暮らしと
沢田マンションの魅力を折り重ねながら、じんわりと書き綴っていければと思っております。
初回はおいらと沢マンの出会いと、初めて暮らした56号室のことをちょっこっと。

どうなることやらわからんですが、きちんと書いていきたいもんです。





四国ランキング

2008年01月26日

●北山村のじゃばらじゃばら


ただいま愛飲中。寝る前に飲むとなんかさっぱりと眠れるのだ。

和歌山の北山村にだけ自生している不思議な果実「じゃばら」の果汁と皮だけを使った濃縮ドリンク。
それが皮入り希釈タイプドリンク北山村のじゃばらじゃばら

蓋を開けるとじゃばら独特の、かなり酸っぱい匂いがムンムンとやってくる。
そう、じゃばらは異常に酸っぱいのです。で、これがまたはまる。

ちなみに、お湯で薄めて飲むとなかなかうまい。
ホットポーとか、なんかそんな感じ。

花粉症にも良く効くんだとか。おいらはアトピーと喘息は持ってるけど花粉症ではないので
効き目の程はわからんけれど・・・
まあ花粉症の方は今のうちにお買い上げを。
皮入り希釈タイプドリンク北山村のじゃばらじゃばら

ちなみにこれも案外うまかった・・・じゃばら酒

めんどい方にはこちらがオススメ・・・じゃばらのギフトセット。じゃばら果汁は醸造アルコールまみれのB級酒にちょっと足してやるとめちゃおいしい酒になる・・・その他いろいろな料理に合うみたいです。

珍しくアフィリエイト的な記事でございました。





ぜひ一度→→→四国ブログランキング

2008年01月24日

●都築響一さんに会う!

tuduki.jpg
高知県立竜宮城展の関連企画、都築響一さんの「美しい日本のフェロモン風景」を聴きに行った。
さすが都築さん、相当斜めの角度から美術を切りまくる。著名な写真家の撮った作品と、猿が撮った写真。その2点を見比べてみたり、デコトラやラブホテルの過剰な装飾のその先を考えてみたり。
一体どこからが美術なのか。どこからが作品なのか。今回の竜宮城展のコンセプトがより明確に見えて来る、秀逸な講演会だったのだ。

で、夜は都築さんを囲む会にどういうわけかおいらも参加。しかも一次会では隣席! 詳しい話は都築さんの仕事とも関わる部分がありそうなので省くけど、とにもかくにも話が尽きない。ただ、共通するのはよこしまなまでの好奇心と、いやらしいまでの物事の斜め見精神。無名だったりなんてコトの無い物事の中に面白いことは潜んでいるし、そこに焦点をあててこそ全体像が見えてくる。そんなことを改めて大切だーと感じた一日なのだった。
そして、嬉しいのは今後計画しているいくつかの本づくりでもご協力いただけるかも知れないということ。果たしてどうなるか分からないけど、ぜひホントに協力いただけるよう、次の取り組みをスタートさせたいものだ。




ぜひ一度→→→四国ブログランキング

2008年01月12日

●鳩が歩くよ高知駅

高知駅の鳩
のどかです、高知駅。
なんで土産物屋の並ぶコンコースを鳩が歩いているんか。
駅員さんが飲み物を買いに歩いて来たけど、なんにも気に留めちゃあいない。
そして鳩も、行き交う人をひとつも気に留めちゃあいない。

続きを読む "鳩が歩くよ高知駅"

2008年01月11日

●感嘆の高知県立竜宮城

いねむり
2月24日まで高知県立美術館で開催中の、松本学芸員渾身の企画による、「B級、脱力系の展覧会(松本氏曰く)」。
なるほど、監視のおばちゃんも居眠りです。

続きを読む "感嘆の高知県立竜宮城"

2008年01月10日

●祖谷の大舞台

祖谷の馬鹿

祖谷に暮らしていたアレックス・カーは、土建国家日本の醜さを書いた。そして、祖谷にまで土建パワーが押し寄せたとき、「もうやってられませ〜ん」とばかりに祖谷を後にしてしまった。今、アレックス・カーがこれを見たら、いったいなんと言うだろう。

続きを読む "祖谷の大舞台"

●祖谷の馬鹿犬

祖谷の馬鹿犬

お正月も3日目、土佐神社に初詣。その帰り、まっすぐ帰るのがイヤでなんとなく山の方へ向かっていた。そして、たどり着いたのが祖谷。四国といえどさすが祖谷、大晦日あたりに降ったらしい雪がまだまだずいぶん残っていて、家の軒先にはツララがまだ伸びていたりする。
そして、そこで出会ったのが、この馬鹿犬。

続きを読む "祖谷の馬鹿犬"

2008年01月08日

●爆撃のように

DSC_8489.jpg

ぽっかり空いたダイエーの穴。
気がつきゃずいぶん壊れたもんだ。

街へ行くのは夜か市ばかりなので、このビルが壊される音も聞いた事がない。
だから、突然こんな風景を見るとびっくりする。

今度行ったら、またずいぶん無くなっているんだろうなあ。





ぜひ一度→→→四国ブログランキング