« 秋のはじめのライブ一発 | メイン | エルネスト・ネト展の変な服 »

2007年10月07日

●yummydanceは、やっぱいい

DSC_5708.jpg
9月16日、ヤミーが高知で踊ったのだ。
「高知人は当日までチケットを買わない」。
高知の人間は、ぎりぎりまで判断を保留する。そのジンクスの通り、当日バタバタ駆け込み需要、なんとか用意した座席はそこそこ埋まって「kNewman」と「即興ダンス」がスタート。高知じゃなかなか見れないパフォーマンスだけに、反響はどうかなと思ってたけど、終演後のお客さんの顔をみるかぎり、面白かったと感じてもらえたかんじ。

写真は前日のリハーサルのときのものだけど、はじめはなかなか照明さんや音響さんとも息が合わない。そらさっき会ったばかりの人たちですからね、なかなか会う筈もない。だけど、結局タイムリミットまでずっと調整しつづけて、終わるときにはなんとか目処はたててゆく。2日目の公演前のリハでも同じで、ほどよい緊迫感をもちながら徐々に間を縮めて行く様に、「こうしてものってつくってくんだな」と再認識させられたのだ。

DSC_5498.jpg
これは前日のステージ設営やワークショップの風景。設営では大ホールの真ん中にあいた「スッポン」エレベータに乗ったりマット敷きを手伝ったり。こういう公演の裏方は初体験だったので、何もかもが目新しい。スッポンってあんなにでかいんだと。スッポンってあんなに深いんだと。ああそうかここでSMAPは殺しをして古畑が犯罪を暴いたのかと。

ヤミーダンスのワークショップも、これまた事前予約は数名でドキドキだったんだけど、当日の飛び入りで結局20人近くが参加して1時間以上の大騒ぎ。あっという間に子どもをひきつけて、あっというまに「あっちの世界」へ連れてった。ヤミーにとっても久しぶりのワークショップだったらしいんだけど、これはもっとやったらいいかも。

結局まんまる二日、初日2日目としっかり飲み会も含め、ヤミーダンスにつきっきり。
彼女らの力強さとか元気さとかプロ意識とか、いろいろなところで学ばないといかんのう!と思った2日間でもありました。
そして、かんなり疲れた2日間でもあり・・・
そしてスタッフの皆様、ヤミーの皆様、ホントにお疲れさまでした。
そして、お客さんの皆様、本当にありがとうございました。。。





ぜひ一度→→→四国ブログランキング