« 高速フォントに国鉄フォント、その魅力 | メイン | 11月28日から、Arisode Nasasodeスタート! »

2007年10月29日

●土佐の地芝居! 高野農村歌舞伎

DSC_6502.jpg
4年毎に一回開催される津野町の高野農村歌舞伎に、ようやく今年初めて行ってみた。
薄暮の頃からしんしんと冷え込む9時前まで、三番叟からはじまりお染・久松の物語まで3つの演目が演じられた。

まあ歌舞伎の細かい解説はおいらにはできないけれど、ぱっと見て思うのは上手い!ということ。
歌舞伎の決め所もきちんと決めてくるし、お笑いのポイントもしっかり押さえてくる。
まだ西畑デコ芝居は見た事がないけど、
土佐の地芝居の中では一番の本格派なんじゃないか?という印象があった。





四国ブログランキング

今度の5日はいの町で八代農村歌舞伎があるんだけど、
こちらは歌舞伎が地域の娯楽であった時代の姿を今に留める「おかしみ」が満載で、
多少?なところがあってもご愛嬌という緩さがあるように思えた。
技量よりもその豊かなおかしみが印象深く、
投げ銭が何度も何度も飛び交う光景もまた300年前に戻ったかのような雰囲気がある。


高野でも投げ銭は飛ぶ。だけど、八代ほどじゃない。
おかしみで魅せる八代と、本気で「魅せる」高野。
そう考えると、赤岡はちょっと何かが足りないかも。
伝統を引き継ぐことの重みがないゆえなのかなんなのか、

重要文化財指定を受けている廻り舞台の情緒も含め、こりゃまた4年後、ぜひ見に来たいなあと思ったことでした。
来週の八代も行かなければ!

高知は伊野の八代農村歌舞伎





ぜひ一度→→→四国ブログランキング

コメント

夕闇の中に浮かぶ茅葺の芝居小屋、風情があっていいですね。
山の中に本格的な芝居小屋のようで、驚きです。なかなか遠くて行けませんが、タケムラさんのおかげで知ることができました。

ガッテン、ガッテン、ガッテン!  ブログランキング何回でも押したいです。

えー、またサボっては書き、の「サボって」シーズンに突入してましたね。
土佐の地芝居、今後とも要注目です。
こういうの、もう殆ど残ってないわけですが、まずは観に行かないと始まらない!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)