« いよいよ終了、芋たこなんきん | メイン | 本が溢れだす »

2007年03月29日

●喝采 室戸高校

やるなあ、室戸高校。
今日の試合はなんだか安心して見て(実際にはTVの音を聴いて)いられる試合でした。

優勝候補の一角・高知高校のもたらした神宮枠で出場した室戸(本来四国は2校枠)が、
今大会優勝候補No.2だった兵庫の報徳を倒し、優勝候補No.3と言われていた高知は中国大会2位の岡山・関西に対し力が出ずに負け。ほんで今日、室戸は中国3位の宇部商に快勝。
なんだか中国四国で潰し合いをしているだけなような気もするけど、この調子で次の試合もがんばってほしいもんです。





ポチッと→→→四国ブログランキング

コメント

今日は、職場がものすごーく忙しかったのですが、昼休みを過ぎても、誰もテレビを消そうとしない。みんな見て見ぬふりをしているかのように黙々と仕事をしながらチラッチラッ。⋯で、キメのヒットが出た瞬間「オッシ!」とか「やった!」とか「シャァっ」とか言って、全員その場に立ち上がりました。「みんなぁ見よったがやんか」と大爆笑になりました。

一回戦も2回戦も仕事があってリアルタイムで見れず、
明日の3回戦も試合中はJR車中・・・。

なんかとっても悔しいったらありゃしない。
こんな胸躍る機会を見逃してばっかりで。

明日も勝ってくれーーーー!!
ほんで準決勝を見せてくれーーー!!

明日の熊本工、がんばってほしいですねー。
でももし勝っても明後日は大阪桐蔭。さすがにきついかな・・・

私らが中学入学前に初出場だった「伊野商」なんかも予想外に優勝してしまった事がありましたが、あの時は不動のエース・渡辺がおって、PLの清原も後年、「あのメガネは打てん。(西武で)同じ球団になってよかった」と言ってましたね。
優勝する所って、全体的にレベルも高いし、その中でもずば抜けたのがいる所である場合が多いですね。
熊本は分からないけど、大阪桐蔭はやっぱり。。。でも、室戸はホンマよくここまで頑張ったと思います。

伊野商の渡辺とみお君とは、佐川小学校の時、よく遊んでいたものですから、決勝戦は膀胱が破裂しそうなばぁ、トイレガマンしながら応援してました。

残念でしたね、室戸高校。
夏も出て来てほしいもんですが、さてどうなるか。
大阪桐蔭は意外でしたが、報徳と同じで総合力にはやや欠けている感じがしました。まあこうなったら熊本工と関西で決勝戦してほしいもんです。

渡辺選手、ものすごく覚えてます。
ちょうど東京から戻って来た年で、いきなり優勝したので子どもながらに超嬉しかったのを覚えてます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)