« NPOへの視線は冷たいけれど | メイン | 高知駅にかるぽーと [The SameScale-2 ] »

2006年12月19日

●イオンが街にやってきた [The SameScale-1]

ion.jpg

街に行くと疲れるという。
イオンだったら疲れないという。
だったら、イオンを街に置いたらどうなるか。
実験。

mk_map-3.gif

でかい。
イオンの玩具コーナー(2F)やジャスコから無印の食品コーナーまでを歩くと、
街ではバッフォーネやよこやまから金高堂あたりまで歩くということになる。
それを1F2Fと縦横無尽に歩くとすれば、
それははりまや橋商店街からひろめ市場や丸の内緑地あたりまで歩くということになる。

逆に考えると、これだけの範囲にイオンは120余りの店舗しかないということもにもなる。
逆に考えると、イオンには無料の駐車場がこれだけ広い範囲にべったりと何層にもわたってあるということになる。

むー。

[The SameScale 今後の予定]
高知駅前広場複合施設VSかるぽーと

関連記事
猫に小判
まちなかに、大きな森、なんて
高知遺産と団塊の世代





徐々にランク戻し中。今日は何位まで復活?→→→四国ブログランキング

コメント

イオンが疲れん??? おれ、あそこ行ったら最高に疲れるきもう全く行ってない。あちこちから聞こえてくる音でまずクラクラくるし、なによりも人間的なスケールを超えちゅう様な気がする。とにかくあそこに行ったらめまいがする。
やっとまじめに更新するようになった?元気出てきた?

疲れん、という人がおるということで。
おいらもイオンは疲れる。
行くとすれば無印からフードコードの範囲くらいで、年に数回程度。まあトイレは最高に気持ちがいいのでよく使いますがw
最近は久しぶりに更新欲が出てますなあ。しばらくはこんな感じで書き続けてみたいものです。

はじめまして。こちらには初めてお邪魔します。
ぼくも、あそこというか大型ショッピングセンター疲れます。ほんとにどっと疲れるき。
それでも、吸い寄せられるように子連れのお母さんが集まるのが不思議。なんかライフスタイルまで画一的になっているというか。

なるほど、帯屋町に置いたらこうなるんですね。改めてそのスケールの大きさに驚かされます。まさに、怪物だ!

私も疲れる。
行く時は無印になるだけ近いところに車を置いていくか、チャリで入り口まで行って用事を済ませる。
しかし、駐車場の時間を気にせんでもいいところは街より疲れない。
んん~ん。
けんど生活雑貨がそれなりにパットそろうのはさすがやと最近思うた。

やっぱりいろいろなもんが揃いますからね。イオンは感嘆に。
でもつまらん・・・
駐車場がただなんはいいけど、おいらは1Fに止めれなかったらそのまま帰ることがあるでよ。

高知に帰省した時に行きました。
確かに疲れたし、その後下痢嘔吐症にかかりました。
今思えば、イオンは、帯屋町のショッパーズプラザ高知(前ダイエー)の大きいバージョンのような気がします。
ショッピングは外の空気を吸って、気分転換できるから良いのでは?
あと、ウインドウショッピングが少ない分、物の羅列で洪水のように押し迫ってくるのでしんどいと感じます。

最近は街へ毎週のようにでかけます。
まあそれほど欲しいものがあるわけじゃないけれど、あちこちで知人でばったり会うことがあるので、微妙におもしろい。
イオンで会うとなんか恥ずかしい(それもフードコードとかだと倍に!)んだけどw

これはなかなか面白い考察ですね。
イオンの巨大さがよくわかります。

自分もイオンは疲れる派(?)です。
無印とタワレコとスポーツ用品ぐらいしか行きませんし。
とにかくあの人ごみと駐車場が苦痛です。

ただ前にも書きましたが、トイレと休憩場所に関しては、帯屋町は見習うべきだと思いますね。

トイレはほんま気持ちいいですねえ。「大」を催すと、わざわざイオンまで行くときがありますから(笑)
逆に、街中で大を催すと本当に困ります。そういうときは大丸やパチンコ屋に走りますが、大丸もトイレいまひとつ。中央公園なんかじゃあ大はできません。
帯屋街でトイレ自由にお使いください運動したらいいのに。どこが一番大しやすいか?のトイレコンテストとか。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)