« きんこん土佐日記第二巻 | メイン | 米入四方竹(高知市) »

2006年12月04日

●高知城スイッチオン

こないだ、はじめて城西館の温泉へ行ってみた。
この城西館、実は三翠園や土佐御苑と共に超密かな「温泉地」高知を演出するまさにフラッグシップな旅館。
ここに温泉があるというのは高知市民の間でもあまり知られていないし、日帰りで入れるというのなんてもっと知られていないはず。
だけどなにげにここには展望露天風呂がある。そう、高知城も丸見えの。

城西館なんて結婚式で来るくらいで、フリーでくるのはまさに初。
しかし高知城が見える露天風呂は夜間は女湯になってしまうとかで、
おいらはがっかりしつつ土佐道路や烏帽子山が見える南側の温泉へ。
まあこちらはこちらで風情もあるんだけど、
ちょっと高知城を見ながら入るのを期待していただけに少しがっくし。
泉質は弱アルカリ性トロン温泉。

まあ要は人工温泉ですな。

三翠園のナトリウム塩化物泉(要は掘れば出るタイプ)と同じのを引いているだか、城西館で温泉をあてたとか、なんかそんな記憶が脳みその片隅にあったので、なんだかがっくし。

まあいいや。四国であまり大きな温泉に期待をしてはいけない。
そこらへんは拙の温泉ブログ「四国の温泉〜そのシアワセ度」をみていただくとして、そこそこにある風情を楽しんで30分ばかりで出る。

が、楽しみはそこにあった。
風呂を上がったところにある展望台。
ここでしばしユズ茶を飲みながらだらーっとしていると、そこに不思議なスイッチが。

[高知城ライトアップ]

DSCN2720.jpg

ああ四方八方から照らされている高知城のライトアップね。
なんでそのスイッチがここに?
と思いつつ、ひとまずスイッチオン。


そしたらバン!という音とともに光の帯が。
突如天守があらわれた。
DSCN2732.jpg


おおおおお!
感動のあまり、とりあえず何度も何度もスイッチを押しまくる。
その度に城が現れ、消える。

なんだかいけないことをしているような気持ちになってくる。
こんなパブリックなことをこんなところでやってていいのかと。
だって、みんなの高知城ですよ。
最終回一個前になってやっとこさ登場した高知城の天守閣ですよ。

小学校時代、所属していた放送部でおならの音を流したり変な声で放送をしたりといった
まあなんともかわいい、些細ないたずらを繰り返しているうちに先生が怒鳴り込んできたことを思い出す。
そうそう、この感じは病み付きになるのだ。

というわけで、高知城観光の皆様はぜひ城西館へ。






ぜひともクリック→→→四国ブログランキング

トラックバック

» 高知城をライトアップ from ビバさんのさんぽ道
2日の夜は旅館「城西館」のお風呂に入りに行ってきました。 この旅館は、皇族が来高した時によく泊まるというチョー一流ホテルで、これまで一度も足を踏み入れたこ... [Read More]

» 高知城ライトアップ from 雨のち晴れ
いま、高知にいます。 今日はいろんなことがあった。 美味しかった讃岐うどん。 阿波池田のとんちゃん。 本場で味わう鰹のタタキ。 書き... [Read More]

コメント

やりたい!やりたい!!
絶対やってみたーーーーい!!!!

そんな付けたり消したりが、
個人的好みで勝手気ままにできちゃうってのに驚いた。
多分その夜、高知城を眺めていた人は、
もっともっと驚いたと思うけど。

かなりスイッチオンオフ繰り返しましたき。
あらあはまります。

そして、音がいいです。音が。
バン!ていうが。

初めてコメントするYoshiといいます。
凄いですねー。高知城のライトアップ!! あれがそんな気まぐれで付いたり消されたりしてたのか?って感じです。

Yoshi>ぜひチャレンジを。いささか入浴料1000円は高過ぎかとは思いますが、「あれ」をできるとあればまあ1000円でも良いか、と。

これがやりたくて、高知に行きました。

やりました!バンッという音は出なかったようですが。
情報ありがとうございました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)