« やっぱりいいねえ高知城 | メイン | Wikipediaで沢田マンション発見 »

2006年10月15日

●沢田マンション、リンカランに登場

020_01.jpg
たぶん今までの沢マン記事の中でも一番沢マンを素敵に、そして一番確かに表現してくれた記事であったような気がする。これまでの沢マン記事って、だいたい建築としての面白さとかいかに変かとか、そういうところばかりに目線が向いていて、沢マンの中でおきている自然な人と人とのつながりとか、この場所にそうしたところで無い部分で惹かれて暮らしている人々にまで目が向いていなかったような気がする。まあある程度沢マン取材が飽和状態に至ったというのもあるかも知れないけど、正直そういうのには辟易してた。




ぜひともクリック→→→四国ブログランキング

どこが崩れるかとか何がおかしいとか、もはや4年も暮らせばそんなことはどうでもよくなる(崩れないと信じているから暮らしている)。だけど、そんなことばかり目が向いているから、沢マンになんで若い人たちが暮らしたいと思うのか、そこまで目線が向いていなかった。だから取材に来るのも芸人系がやたらと多かった。
ここは住宅。マンションだ。間違っても「アトラクション」ではないし、ラブホテルやイオンのような薄っぺらい「たてもの」とも違う。貸しテナントビルとも違う。人が暮らす「建築」なのだ。大きな長屋なのだ。

昨日の夜は、来月沢マンを後にする友人の送別会(リンカランp015参照)をやった。たぶんこれだけの住人(若手)が揃うことはないだろうな、というぐらいに揃って、こないだ小布施で買ったどぶろくも一気に空けた。んで、3年前彼女がやってきたころの、彼女本来の姿を引き出すのに成功。彼女の背中から(ケンシロウのような)オーラが見えた。そういえば、数日前には、来月沢マンで予定しているイベントの打ち合わせで、総勢20人くらいの住人がアロマルームに集って打ち合わせをしたりも。
ここで思ったのは、なんか最近いろいろな委員会的なものや飲み会の席でそんな話をするけれど、よっぽど沢マンで出る話やアイデアの方にこそ価値があると思う・・ということだった。沢マンという場所の意味を高めるために、自分たちの暮らしをより充足させるために、何が必要で何が不必要なのか、そのことをみんな普通にわかってる。だから、ぶれていない。そして、そんな小難しいこともちろん考えずにそれが普通にできている。そこがなんだかすごい。職種はバラバラ(医薬、コンサル、運送、土木事務、デザイナー、花屋、服屋店員、薬局、清掃会社、主婦、パン屋、公務員、記者・・・・)、年齢もバラバラ、学歴も育ちもみんなばらばら。なのにそれ。

色々な会で出会う人、話をする人というのは、大抵が「普通の人」じゃあない。何かの役を持っていたり、何かの肩書きを持っていたり、何かに一言あったり・・・。だけど、委員会慣れ、ワークショップ慣れ、アイデア会議慣れをしてしまうと、「普通」が何なのか、さっぱりわからなくなる。だから、どうしても変なアイデアしかでてこない。つまり、普通の感覚からは外れたものにしかならない。おいらは、そんなんにはなりたくはない。
たぶん、それは沢マンのみんなが「現場」に暮らし、「現場」に生きているからだ。この現場で何が必要なのか、当たり前にわかっているからだ。だから、変なアイデアは出てこない。本当に必要なアイデアしか出てこない。

話がずれまくり。
リンカランでは、沢田一家と住人5軒が登場しています。おいらもp17に登場。上じゃなくて下の方です。

リンカラン最新号の紹介




ぜひともクリック→→→四国ブログランキング

コメント

リンカラン、見てみます!

リーダー、お久しぶりです。

リンカラン、見ましたよー。びっくり。
沢マンの魅力満載でしたね。

またお会いできたら嬉しいです。

中上

今朝、ここを見て、早速お昼休みに会社近くの本屋で買い、近くにあったマクドで読んで今帰ってきました。

何だか感動です。
ベーコンレタスバーガーをぱくつきながら、
隣に赤子の金切り声をBGMとしながらも、
ウルっときました。
島田さんのとこでもう感極まったのですが、その後もそのテンションは続きました。

うーん、いい記事です。

鳥獣戯画はいいですよ。
上質のユーモアも感じられます。

この爽やかな秋の午後、
何だかとってもいい気分で
仕事が続けられそうです。

あ~なんかちょっと離れると寂しくなるね。
でもタケムラさんの気持ちが伝わったさ。

思っている事はやっぱり同じだね。

たまたまリンカランみました!わたしもこういう記事で紹介されてたのがすごく嬉しかったです。

私にとっては、大阪に住んでいたら忘れかけていた人と人との繋がりを思い出させてくれるとこが、沢マンの一番の魅力です。
沢マンはコミュニケーションが行き届いて、行き過ぎてもない。ホンマ「普通」で力んでないんだろうなぁ。

いちどおじゃましたとき、県外にでてたタケムラさんだからこそ、このあたりまえになってる居心地のよさを自然に与えてくれれたんだろうなぁ。と思いました☆

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)