« 「ふらっと高知」ににやり | メイン | 猫に小判 »

2006年09月20日

●高知の銭湯訪問[城下湯]

DSCN2345.jpg

城下湯
コンパクトながら非常によくまとまった設計の銭湯。
待合室には、男女待ち合いの仕切り上にテレビがあり、番台のおばあちゃんの見たいものが流れている。
よって、ダウンタウンら芸人さんが一杯でてくる「リンカーン」が先週も先々週も見れたから今週もこの時間に・・・と思って行くと、なんかディープなドラマが流れていたりするので注意。





ぜひともクリック→→→四国ブログランキング

大浴槽は「あつ湯」と「ぬる湯」の2つがあるが、あまり温度差はない。
ぬる湯に隣接して電気風呂があり、少し離れたところに「菖蒲湯」「水風呂」「サウナ」がある。
菖蒲湯は沢マンの風呂よりも小さいくらいの浴槽で、水風呂も市内の銭湯では最も小さいのではないかというぐらいに小さい。一応全身入ることは出来るけど、ほんとにぎりぎり入るぐらい。幅60センチ四方の風呂とでもいったところか。
ちなみに一番奥に打たせ湯もあるが、これは番台に声をかけないと動かない。

更衣室もそれほど大きい訳ではない。
だけど、畳敷の大きな椅子でテレビを見ながら「みかん水」を飲んで、一服をするのは至福のひととき。
オーベルジュの待ち合いよりも気取らずのんびりできてはるかに実はオーベルジュ。

また、ここのみどころは「ジュース」置き場。
ちょうど男女の壁をくりぬいてジュースの冷蔵ケースが設けてあって、男女両方から同じケースに手を突っ込んでジュースを選ぶことができる。もしかするとむこうが見えるかも知れない、だけど絶対に見えない! そんな絶妙の配置。

城下湯は、たとえば更衣室のロッカーや浴室の広告などでよくみられるような銭湯独特のレトロさはないが、
浴槽の種類・浴室全体の規模、更衣室の雰囲気の良さ、なにより駐車場完備と、
なかなか高得点の銭湯なのだ。

城下湯
高知市小津町3-30
088-872-7652
PM1:40-11:30





ぜひともクリック→→→四国ブログランキング

コメント

ここは、うちのお風呂?!
まだ入ったことがないけど。
親戚のような気分。
やっぱり一度いっとかないといけないかな。
今、お風呂代いくらなんだろ?

外部接続おめでとうございます!。

>なんかディープなドラマ

リンカーンの裏のドラマって阿部寛じゃないですか?(他にもドラマ有りましたっけ?)
あれって多少ディープだったのは最終回だけだった気がしますよ。
よほど運が無い日だったと見ました。

流木ママ>お風呂代は確か320か330円。
これと石鹸やシャンプーを出して390円。
ぜひ行ってみてくださいませ。

14145>おかげさまで外部接続できました。どうやら最後は RSSの読み込み時間エラーではないかということで、最後はmixiの事務局にお願いして処理してもらいました。mixi事務局、とても対応早くて良かったですよ。
ちなみにおいらが見たドラマは終戦記念日前後の戦争ドラマでした。沖縄戦のさなか、Hをして最後は撃たれてしまうというなんかはかない感じのドラマでした。でもそのHシーンが銭湯に流れているのはなんかおかしかった。
その時、番台のおばあちゃんは寝てました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)