« 京都・佐世保・小布施 まとめる前に | メイン | 高知の銭湯訪問[城下湯] »

2006年09月13日

●「ふらっと高知」ににやり

fratto.gif

高知県の公共掲示板「ぷらっとこうち」が静かに閉鎖されて半月以上。まあ一部の人たちのための掲示板であり、有益な情報もなかったりシステムが分かりにくかったり、特にないと困るということもなく経過した半月。

そう思っていたら、「ふらっと高知」がいつのまにか運営をスタート。まさにベタなパロディなんだけど、ちょっと過激なことを書き込んだらすぐロックされるぷらっとこうちに比べると、まあこちらの方がよっぽど自由に発言できるのかなあと思ったりする。・・・まあここで匿名で書いたら殺されそうですが(笑)






ぜひともクリック→→→四国ブログランキング

なんでもぷらっと高知側からクレームが早くも付いたらしく、明日には早々に閉鎖されるのだとか。まあやや(運営側からすると)イヤミも入ったパロディなだけにそんなことになってしまうのもまあ仕方が無いとは思うんだけど、そんなことやってる暇あったら少しでも早くぷらっと高知を再開してほしいものですな。
税金を使っているわけだし。

そんなことしてたら、ぷらっと高知も「指定管理者」じゃー「アウトソーシング」じゃーなんじゃーってされちゃいますよ。文化施設とかスポーツ施設がそうであるように。いくら高邁な目的があったって、目先の経営・運営が少しでもダメだったら「民間のノウハウ」でやらせるのが今の・・・というか本来の高知県なわけですよ。もしくは直接的な金員という利益があがらない「とさのかぜ」みたいに、廃止するぞーというてみるか。

そう考えると、高知県の事業で一番効果もあがっていない、一番県民の賛否もわかれる(でも知られていないから賛否もわかれないけど)事業であるところのぷらっと高知は、真っ先に切るか離すかするのが普通の判断なんじゃないか。・・・ふらっと高知の方を残した方が、ある意味ましなんじゃないか・・・? そんなことを思ったりしました。






ぜひともクリック→→→四国ブログランキング


コメント

 単に「お笑い掲示板」で楽しんでいましたら、「ぷらっとこうち運営委員会」なるものが、クレームをつけてこられたそうです。
 そんな時間があるのならさっさと再開するなり、関係者集会(当然私も参加しますが)開催すべきでしょうに。

 本当に「無能」さを曝け出しましたね。高知県の情報課のレベルの低さを全国に宣伝しているような「一時停止」の文章ですし。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)