« 美酒を飲むなら【はがじぞう】(高知市) | メイン | 高知市長に提言書提出 »

2006年01月24日

●文佳人をたらふく飲む(香美市土佐山田)

DSCN0900.jpg
ついに夢の文佳人蔵を見学!!!!!!

mixiのコミュニティで「美酒 文佳人」を立ち上げたのが秋の頃。
以来参加者の書き込みに任せて基本的には放置主義を貫いてきたのですが、コミュニティ参加者でもあるみちるさんの勢いを借りて本日初のイベントを開催です。それも、生きていて最も幸せな瞬間である酒蔵見学

今回の参加者は12名。TACOにしても駅広にしてもブログオフ会にしても沢マンにしても、ここんとこちょっと動くとどうにも濃いメンバーばかりですが、おそらくは基本的にみんな酒好きの面々ばかりでしかも村岡さんや路上詩人のはまじさん、神母の木のタムナオさんなどなどまた濃い感じです。

というわけで12時30分過ぎに高知駅をJRで出発(車だと飲めませんから)。山田について一時間くらいは街歩きですな。あきさんぽならぬ「やまださんぽ」。
やっぱり山田はいい。商店街自体は空き店舗だらけで少し寂しい感じだけど、せせこましい高知から離れてTACOの拠点をおいてもよさそうなくらいなんだかおっとりした雰囲気。ところどころに洋館みたいのがあったり、おばあちゃんの味丸出しのケーキ屋さんがあったりするし。

ま、それはさておき。

2時、ついに駅前の蔵で見学コーススタート。社長夫妻とは先日の芸西村でのイベント以来で、案内は夫人のまの字さん。

DSCN0882.jpg

早速入り口には酒米の松山三井の袋があったりする。おお。これが酒になるがやねえ・・・と思うと静かに興奮(写真左)。
蔵は木造の小さな建物で、そこに所狭しと樽や精米、麹室、瓶詰めのスペースが並んでる。この雰囲気は以前訪れた司牡丹や愛媛五十崎の亀岡酒造と相通じるものがあって、ほのかに漂う酒の香りがまたたまらない(写真中)。
もろみタンクの部屋では、仕込みタンクでふつふつと発酵する文佳人たちが。いくつかのタンクを開けてくれて、意外と優しい香りの発酵している様をみせてくれる(写真右)。普段飲み用によく買っている「鳴子舞」のタンクも見せてくれて感動です。

その後瓶詰め、火入れ、冷蔵のコーナーなどをそれぞれ見せて頂いた訳だけど、瓶詰めとか一本一本手仕事なんですな。酒造りというとどうしても仕込みタンクのところに目がいきがちだけど、この最後の工程を見せてもらって、なんだか感動しましたですよ。夜遅くまで瓶詰めして火入れして冷やしてというのを少ないスタッフの皆さんでやってくれてる。
そして、精米も蒸すのも何もかも、手仕事なんですな。ここまで手仕事で作られているとは思わなんだというくらい、徹底して手仕事。本当に一本一本愛情注いで・・・と、言葉は寒いかも知れないけど、たった一本の酒でもそこにかかる仕事量や思いというのは本当に重すぎるくらいに強い。

そして、面白かったのは安めのパック酒は機械でごっそり精米したり蒸したりと、全く扱いが違うということ。ここまで扱いが違うのか!と改めて驚きましたですよ。これは確かに味が違うわ、と再認識しますね。


そして・・・最後にお楽しみの試飲です。

DSCN0899.jpg

目の前に並べられたのは純米吟醸松山三井や純米吟醸吟の夢など五本の文佳人兄弟。
もうほとんど「おあずけ」状態で涎を垂らす犬のように説明を聞き、試飲スタート。

どれもこれもやっぱりうまい。そして一本一本味が違う!
てゆか、ウキキ風にいうと、まさにうまいがやきぃ〜!
魚に合いそうな文佳人、一本で飲みたい文佳人と、それぞれに米の違いとかが出ている感じ。
飲み過ぎて結構ふらふらになりましたが、旨いんだから仕方がありませんよ。
そして絶対変な悪酔いはしないので安心して飲めます。。。

最後は酒粕を生手で掬わせてもらって、おいらは「うすにごり」と「松山三井」をゲット。
これでまたしばらくはシアワセです。
また3月11-12日には「とさのおきゃく(おいらも新京橋で「おびさんぽ」を展示予定)」で文佳人が中央公園に登場予定とのことなので、そのときまでに飲み干していこうかと・・・


※ちなみにmixiの「美酒文佳人」コミュニティは、本日初見だったReikaさんの「文佳人狂」ぶりを拝見して、早速管理人をお渡ししました!


016-003.gifお買い上げコーナー」


016-003.gifアリサワ酒造
016-003.gif関連記事 Reikaさんの「Delightful life in KOCHI





今年もよろしく四国ブログランキングはこちら。

トラックバック

» 文佳人酒蔵見学 from Delightful life in KOCHI
最近、土佐の日本酒にハマり中。高知に来て思ったけど、お酒ってその土地に行って飲むと、美味しさ断然アップこれは東京では感じられなかった。高知の風土には、高知の酒が合っている。とってもそう思います。 本日の午後は、土佐山田にある「文佳人」の酒蔵見学ここ最... [Read More]

» 土佐の銘酒「文佳人」の蔵 from はたけの収穫
1月24日火曜日、ブログが結んだ縁で「土佐山田にあるアリサワ酒造へ蔵見学に行かないか?」というお誘いを受けたので、せっかくの機会だと思い、有給を取って見学へ行ってきた。 [Read More]

コメント

今度は亀泉の蔵見学会を企画してやろうよ。
自分が段取ってもいいんで。
でも、場所的に車でしか行けないのが難点。

う〜、私も行きたかったです。残念…。
ところでおびさんぽって3月5日ですよね?

先日はお疲れ様でした。タケムラさんを通じて、文佳人の輪がじわ〜っと広がっているのを感じます。ホント感謝です。
人手をかけた造りを、少ない人手で無理してやっている為、慢性の手不足です(涙)。せっかく来て頂いてロクなご案内も出来なくて失礼しました。
これに懲りず、また時間があるときにいらしてください。有難うございました。

昨日香北町にいって、帰りに土佐山田駅から汽車に乗りました。駅前に蔵があり、ああ、文佳人だ。と思い、駅の売店で聞いてみましたが、ありませんでした。
ああいうところで売るのは、難しいんですかね。
でも、売店のおば、いえ、お姉さんと、話せてよかったです。

風邪っぽくなったりしてしばらく放置プレイになってしまいました。
さてまとめて返事。

たっくんさん>亀泉やりましょう! あすこもまたいい感じの蔵ですよね。
ちなみにSの件ですが、行きたいがまだ時間の調整がつきませぬ・・・
3月までにぜひ。

ビリビリさん>では次の亀泉にご一緒ということで。
おびさんぽは、3/5にやりますよー。
でもその前にプレでやるかも。
展示は3/11-12の予定です。

甚六さん>文佳人に関する記事は、ブログの中では百足館がきっと一早かった!と勝手に自負。だっておいしいので仕方がありません。
酒造りをお手伝いすることはたぶんできませんが、その他の面でご協力できることがあればぜひ!と思っています。
ついでに、またひっそりとお忍びで酒蔵見学行くかもしれません・・・!

おはなし屋さん>駅のキオスクとかは仁淀川お宝地図も置かせてくれなかったくらいですから、たぶん固い商売なんでしょうね。もう少し考えたらいいのに・・・と当時思ったもんです。
まあそんなときは蔵まで行ってみてください(勝手にいうなという感じですがw)

タケムラssi 先日はお世話になりました。ロケーション&メンバーさんやら、もろもろ あったか企画でとっても良かったです。

でも、「それはさておき」 しないで〜〜!(笑)って、TACOさんの拠点はまだ見つかってないのですか? 駐車場+お家賃が何とかなれば…山田に是非!!

どもどもタムナオさん。
しかしすごいメンバーでしたね。
TACOの拠点はまだですよー。
山田もおもろいですよね。
支店的にやれたらどんなにおもろいか。。。
伊野や赤岡も、面白そうですよね。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)