« みんなの駅広会議、まもなく開催 | メイン | とっても微妙な四国ランキング »

2006年01月12日

●勝手に高知駅前広場を考える

scan-26.jpg
今日からいよいよスタートしました「みんなの駅広会議」。 告知もそれほどしていないですしあまりお客さんの数は期待していないのですが、ぜひご来場ください。期間中は高知駅前広場の現在の計画や四国の他の駅前広場の概要を示したパネルのほか、現代企業社社長による駅広パネルやおいらが勝手に考えた高知駅前広場のプランなどなどを展示しています。期間中最後の方では村岡マサヒロさんの漫画や季刊ベロシティのスタッフによるイメージパースなども登場の予定です(あくまで予定ですよ)。

 また、今回の期間中得られた皆さんの意見は、今月中にまとめて高知市の方に提出する予定になっています。むろんそのままその意見を反映してほしいだなんて一切思っていませんが、大学やコンサルタントの偉い先生たちの意見とは違う、生の市民の思いというのをどこかで少しでも反映してもらえたら。
 上のイラストはおいらが勝手に考えた駅前広場の案。右が南口、左が北口で、真ん中が高知駅の大屋根ですな。路面電車を斜めに振ると、意外と楽しい広場ができそうな感じになってきました。詳しい解説文などは会場のパネルにありますので、お近くの方はぜひ見に行ってやってくださいませ。

 ちなみに下が現在の基本設計案。ちょっと真面目なプランすぎてどこが「高知らしい」のかよくわからない・・・

eh_6_2.jpg


参考ブログ016-003.gifみんなの駅広会議


■来週月曜日あたりに、今回の駅広会議と百足館が主催している「高知ブログアンテナ」に関する記事が高知新聞に掲載されます。。。





ようやく「書く気」が復活の兆し。今日のランキング順位は・・・四国ブログランキングはこちら。

トラックバック

» みんなの駅広会議レポート from こうちコミュニティシネマ
いよいよ本日から始まりました。 高知駅が大きく変わります。 変わる前に一言あなた [Read More]

» どうする高知駅前広場 from けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト
  市民有志が、高知市内のギャラリー・ファーストに集い高知駅前広場をどうするか意 [Read More]

» みんなの高知駅はどうなるが? from 土佐人がウキウキブギウギな高知周辺を見せちゃうき
現在、高知県と高知市によって南北の高知駅前広場の整備が進めらゆう。その内容をほとんど知らんかった私は、今日『みんなの駅広会議 トークライブ』というのへ行ってきた。 この会議は「みんなの駅広会議実行委員会・NPO高知市民会議」が主催してみんなで新しい高知... [Read More]

コメント

私はアンケートの方に、広い歩行空間に海の景観をデザインしたものが良いと書きましたが、タケムラさんのプランはとても良いと感じました。植栽スペースには、いい感じのアンジュレーションも頭に浮かんできます。(南口案についてです。)
略歴を見たら、ランドスケープとありましたので、なるほどと思いました。私も同業です。(今はメインではないのですが。)
基本設計案は、ほとんど機能だけを並べている感じですが、これからデザインを何案も出させて練らないとダメですよね。東京のコンサル(パ○コンあたりでしょうか)に手抜きさせてはいけません。高知の顔ですから。

東京かどこか知らないけど、コンサルが確実に手を抜いているのは明らかですね。
おいらも一応仕事柄たくさんの計画を見てきましたが、
今の高知駅の案ほど「基本に忠実で」「何の工夫も無い」計画は見たことがありません。工学系の学生の課題じゃないんだから。
そのことに行政は気づいているのでしょうか。

行政の担当者や大学の大先生も、少しはガチガチ土木から頭を離して行かないと、いつまでたってもコンクリートの街ですよ、高知は。
まあたぶん「高知」なんてものはどうでもいいんでしょうけど。

なんていうムカムカがこみ上げてきますね、基本設計案は。

ちなみに、私も今はランドスケープは本業ではありません。
しかし以前どれかの記事でも書きましたがランドスケープ的な視点が今の仕事諸々の基盤にあるなーというのは思いますねー

北口の駐車スペースが、盲腸みたいだったり、直線にならぶ植木と親水設備が、シムシティみたいだったり、灰色のタイルが北斗の拳みたいだったりしているところとかにプレゼン力の差が見えますね。タケムラさん、これで仕事どっとくるかもねw

次は勝手に拠点街区、どうですか。

勝手に拠点街区。コンテストやるんですよね?
りょうまCITYとかになるんだったら困りますねー。

 50人のまちづくりのつわもの、オタクが集結していましたね。朝のセーリングで疲れていて眠りながらの2時間でした。面白かったです。
 おかげで家内とヤマダ電機へ行く約束を反故にしたため、こじゃんと怒られました。

オタクばかりでした(笑)
どこかで見た人知った人は大多数?来ていたような感じでした。
でもそれ以上に、そうした方々とはまた違った若い人がたくさん来てくれたのが、逆に新鮮な驚きでしたね。
それにしてもやっぱり怒られましたか。週末はまたそこらへんの話、聞かせてください(笑)

江の口川が込み潮のとき、よく見てください。
意外と低地に駅があるでしょう。
市内電車の軌道を少し高くして駅構内へ引き込む、ヒゲ線を新堀川に向けて東から南へ江の口川へと伸ばしても面白いのでは。
新堀の周辺グルリは文化遺産だらけ、お江戸日本橋の日本橋川でも高架を除けようというご時勢、これからふただなんて考えられる。

今この設計案みると、全然木が少ないなあ。

さて。
新堀周辺の文化遺産や環境、これらを現代的な価値や物差しでみたとき、どうやったらそれを幅広い人々に伝えられるのか、そのことが問題なような気がします。
これは、どんなことをやるにしてもそうですけど、もし一人でも多くの人に共感してもらいたいなら、相手の価値感にいかに響かせるか、そのことが大事なんかなあと。相手に迎合するというのではなく(いや、迎合をすれば、きっと簡単に共感はしてもらえるんだろうけど、つまらない)。
何か新堀川周辺に色々な人の眼が向くような、(だけど目的をばりばり表明することはないような。これ重要)仕掛けなりスポットができたら、新堀周辺の価値というのも変わるかなあ・・・などと思ってしまいます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)