« 沢マンも満載! 里中あや写真集「初恋電車」 | メイン | もっと頑張ってほしい、大切なホームページたち »

2005年11月21日

●【あきさんぽ】不気味な子ども

DSCN0141.jpg
 土佐くろしお鉄道「ごめん・なはり線」は安芸駅前に新しくできたという石像。。。 童謡の里をPRするべく安芸市が進めてきた弘田龍太郎の歌碑の最後を飾るものなのだとか。

 ただこの石像の中央にいる子どもに、メガネが。

 あまりにはまりすぎです。


おっさんやないか。

活動27年最後の曲碑完成 弘田龍太郎出身の安芸市 高知新聞はこちら。


12/3は「あきさんぽ」の日。みんなで石像を見に行きましょう。


高知県立美術館「南国土佐を後にして」展関連ワークショップ
「ごめん・なはり線で行く あきさんぽ」

ごめん・なはり線に乗って安芸へ行き、ガイドブックにはない名(迷)所を巡る散歩ワークショップ。
消えつつあるまちなかの風景を「失う前に、もう一度」を合言葉に、
写真と文章で記録した話題本「高知遺産」の編集メンバーが、案内人をつとめます。
カメラ片手にまちなか散歩。気になる風景をあなたも一緒に見つけてみませんか。

2時間のルート中では、安芸市街地東部の「飲み屋街」を散策。
長屋風居酒屋建築群や昔ながらの商店、映画館跡などを巡ります。
与えられたテーマに従って、自由にレトロな安芸を撮影してください。。。
撮影した写真は後日美術館制作室にて展示予定。
※デジタルカメラの画像を後日提出していただきます


開催日時:12月3日(土) 10:30〜16:30
日 程:10:30高知駅前に集合
     11:09高知駅発-12:13安芸駅着-昼食-13:00散策-15:21安芸駅発-16:17高知駅着/解散
      *途中駅、安芸駅からもできます
定 員:20名
対 象:子ども〜大人(ただし、小学生は保護者同伴でご参加ください)
参加費:500円(交通費は含まれません)
持ちもの:お弁当(安芸駅でも田舎寿司やパン等買えます!)、デジタルカメラ

申込方法:美術館に電話でお申し込みください。(先着順)
申込・問合せ:高知県立美術館 〒781-8123高知市高須353−2 tel.088-866-8000
主催:高知県立美術館
協力:アートNPO TACO(申請中)


コメント

かけられてしまったメガネは、たぶん老眼鏡です。

あーシュールでいい光景。。。
参加したいの山々ですが、お仕事なのでいけません。
写真見せて〜。

最新情報!
眼鏡は外されていました!
日曜日に実家に帰っていたのでチェック。持ち主見つかったのかな〜

安芸もおもろい、いいとこいっぱいあるのに、最近チープな建物&看板がやたら目立つ、表面的な薄い町になりつつあるのが痛々しい(涙)
「変化」することが悪いとは思わないけれど、残念な「変化」が多いのです。

202>了解
ai>あやー外されておりましたか。安芸は確かにこの数年で一気に・・・いい街なんですけどね。安芸平野の西はしの道とか最高に好きですよ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)