« 比島の「椿荘」消える | メイン | どれがどれやら。個性なき新町章の数々 »

2005年11月14日

●迷子のミネルバ、永遠に。

 11月12日の朝日新聞で、なんだかどうしてもおかしくてたまらない記事が。繰り返し読んでいるとなんだか心の底から笑いがこみ上げてきます。
 イトカワとかミネルバとかがまるで人に見えてくる・・・変な感情移入。
 とっても真面目な記事だし、成功すれば日本の宇宙探査にとっても大きなものになるわけだけど、漂ったり飛び跳ねたり、ぎくしゃくしたり一瞬だったりと、なんだかもういまミネルバやその周辺に起きていることの表現がおもしろすぎる。。。ほんま機械かロボットか?


 また、トレッキングのあとの温泉は最高さんによると、ハヤブサがイトカワに投下するマーカーには100万人の名前を刻んで届けるというすてきなプロジェクトもあったのだとか。。。失敗したことで100万人(正式には87万)の名前が刻まれたプレートが小惑星となって永遠に宇宙を漂うことになってしまったわけで、これはこれで微妙に感慨深い。

 「そこに、名前を刻んだ本人達も存在しなくなり、覚えている人が誰一人いなくなっても、そこに有りつづけるでしょうね」

 それはそれで素敵です。


 いずれにしても、後に続く「はやぶさ」の成功を祈っております!!!


探査機「はやぶさ」、投下したロボットが行方不明

 地球から約2億9000万キロ離れた小惑星「イトカワ」の観測を続けている宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ」は12日午後3時半ごろ、イトカワへ小型探査ロボット「ミネルバ」を投下したが、イトカワ表面には到達せず、行方不明になった。13日以降、ミネルバの所在を確認するが、予定した表面観測は難しくなった。はやぶさは19日と25日には、予定通り探査の最大の目的であるイトカワへの着陸と試料採取に挑む。

 宇宙機構によると、ミネルバは高さ10センチ、重さ約600グラムの円筒形をした手のひらサイズのロボット。本来、はやぶさがイトカワまで約60メートルの距離で分離、投下する予定だったが、地上からの分離指令が届いた時、はやぶさは予想以上に高い約200メートルの位置にいた。

 はやぶさは上昇中で、想定よりわずかに速い速度でミネルバを放出、地球の10万分の1ほどしかないイトカワの重力につかまらなかった模様だ。はやぶさとの通信は一部維持されており、イトカワの付近に漂っているらしい人工衛星になっている可能性もある。ミネルバからのデータが地上まで届くのは13日夜以降で、宇宙機構はデータを解析して行方を探すことにしている。

 はやぶさは、何もしないとイトカワの重力に引き寄せられ、落ちてしまうため、定期的にジェット噴射をしているが、指令のタイミングがずれると大きく上下動してしまう。これまでに起こった一部の姿勢制御装置の故障が、じわじわ響いている格好だ。

 プロジェクトマネジャーの川口淳一郎教授は「不幸にして、ミネルバの投下はうまく行かなかった。姿勢制御装置の故障で、はやぶさがぎくしゃくした動きになっているが、修正して19日の着陸に臨みたい」と話した。今後の予定に変更はないという。

 行方不明となったミネルバは、日本の宇宙探査史上初めて、小惑星表面での写真撮影と温度測定に挑むため開発されたロボットだ。小さな体にはさまざまなアイデアが詰め込まれていた。

 遠いイトカワに地球からの指示が届くには時間がかかるため、自律的に動くように工夫されていた。重力が小さいため、内部で回転する重りの反動を利用し、地表を1回のジャンプで5〜10メートルも跳ね回って移動する仕組みになっていた。

 惑星や小惑星、彗星(すいせい)などを探査する目的は、太陽系の起源や成立過程を調べることだ。ミネルバは、127億円の経費をかけたはやぶさの探査全体の中では「おまけ」的な存在だったが、そこから、太陽系の理解を深めるためのデータが一つでも得られれば、と関係者は期待していた。

 はやぶさは今後、「ミューゼスの海」という地点に一瞬だけ着陸。金属球を表面に打ち込んで舞い上がってくる物質を採取し、07年6月に地球へ帰還する計画になっている。着陸時には岩を避けるため、30メートル四方の位置に下りなければならず、より難しい機体制御が必要だ。成功すれば、小惑星からの物質採取は世界で初めてとなる。

記事の引用元(朝日新聞)★探査機「はやぶさ」、投下したロボットが行方不明
衝撃写真(産經新聞)★「ミネルバ」投下失敗 宇宙に飛び去る画像届く






 今日こそ一位奪還? 今日のランキング順位は・・・四国ブログランキングはこちらから

トラックバック

» カップめん、行方不明? from 金魚のこころ
探査機「はやぶさ」再挑戦、小型探査ロボット投下へ 2005年11月11日 http://www.asahi.com/science/news/TKY200511110114.html かっこいい~。 探査機「はやぶさ」、小型探査ロボットを投下 2005年11月12日 http://www.asahi.com/science/news/JJT200511120009.html や... [Read More]

» 行方不明!? from hirosuke
二日酔いの頭で今朝、新聞を手にすると 1面トップに「探査ロボ投下失敗」の記事が出ていた。 地球から約2億9千万キロ離れた小惑星イトカワの観測を続けている 探査機「はやぶさ」から小型ロボット「ミネルバ」を投下したが 行方不明になったそうだ。 ... [Read More]

» 「はやぶさ」88万人の「星の王子さま」たちへ from Prophetの小部屋(楽天支店)
朝から、ジンワリ感動しておりますJAXA宇宙科学研究本部 的川 泰宣さんのコラム 必見です!JAXA「はやぶさ」88万人の「星の王子さま」たちへ探査機はやぶさの小惑星イトカワへの1回目の着陸を追ったドキュメントですトラブル→復活→トラブル→復活...を何回も繰り... [Read More]

コメント

わたしらの一家の名前が宇宙にただよってるのか。
死んだ犬の名前も入れたのにww

発射成功の時はすぐにメールきたのになぁ
失敗だと放置プレイかw

いえ、いえ、失敗したのはミネルバという観測ロボットです。

名前の刻んであるマーカーは19日予定のハヤブサ着陸時に投下される予定です。

お邪魔します。TBありがとうございました。

>成功すれば、小惑星からの物質採取は世界で初めてとなる。

『世界初』って、アメリカやロシア、中国が見向きもしない事業なんでしょうね。
隙間産業を狙う中小企業みたいで、なんだか悲しい。

しかし、もともと「おまけ」と言い出したのは、宇宙航空研究開発機構さんなんですか?

ネームの投下は失敗してなかったのですか。
早とちりでした。

ありゃりゃとんだ誤報でした(笑)
でもなんだか夢のある話ですよね。。。
だけどなんだかおかしい。
なんなんでしょうねこれは(笑)

はじめまして。
TBありがとうございました。

「ミネルバ」は行方不明になりましたが
きれいな写真を送ってきてましたね。
ほんとにこれからのミッションを成功させてほしいです。

そうですね。残りのミッションは頑張ってほしいものです。
せっかくなら、アメリカや中国がしないような分野で地道に。そして楽しく(笑)。

>世界初

彗星からのサンプルリターンはアメリカが挑んでいますね。ロシアと中国は、現時点では宇宙科学では見る影もありません。ソ連だった時にはそれなりでしたが。
というわけで、隙間産業ではないんですよ。

>おまけ
本当はNASAのミニ探査機が載るはずだったのがNASAの予算不足でキャンセルされて、急遽日本で作ったものです。というわけで、まあ、オマケです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)