« 「あきさんぽ」開催のお知らせ(第一報) | メイン | 迷子のミネルバ、永遠に。 »

2005年11月12日

●比島の「椿荘」消える

tubakisou.jpg

「高知遺産」の24pでも紹介し、微妙に人気があった「椿荘」が取り壊された。
ここは5年くらい前に比島界隈の街歩きの会をした時にはじめて発見し、以来なんだか好きで近所の「栄田市場」や細路地と共にたまに訪れていたところだった。
なんでそんなに惹かれたかといえば、内部に曲線を使った階段があったりアパートの銘版が浮き文字になっていたりと意外と洒落ていて、「沢マン」「大虎」と並ぶ高知三大アパートと勝手に思っていたぐらいのところだったのだ。

 高知駅北東部で進む区画整理事業は順調に進んでおり、残るは「栄田市場」(これも24pに掲載)などわずか数件になっている。ちなみに、市場についてはもう1ヶ月もしないうちになくなりそうだ。高校時代好きだった人が通っていた学校も跡形なくなり、おいらが昭和町に暮らしていた子ども時代に通っていたスーパーも間もなくなくなりそうな気配。また、高校時代に眠れなかった日の夜明けに遊びに行っていた産業道路のゲームセンター前の瓢箪川の橋跡なども間もなく埋められる見込みだ。
とにもかくにも子ども時代と高校時代にこの界隈は腐るほどに走り回ったところだったから、現在の新しい区画を見ているとなんだか頭がついていけなくなる。今はまだところどころ「昔の痕跡」があるからいい。たとえば、水路の跡や、大きな木の跡、電信柱。
 されど、これらの痕跡だって、たぶんこの冬が暮れるまでに消える。

 新堀川だってそうだ。いま、江ノ口川を渡る橋台の下になってしまった場所は昔製材所だった。予備校の帰りには、この製材所と川との間の狭い堤防のところでよく「一服」していた。付近は古い家も多かったから、プロパンガス屋さんを撮影したりもしていた覚えがある。
 今や「かるぽーと」の下になってしまった四ツ橋は、大学時代の卒業制作でこの川を意識した文化施設+公園(これはこれで時代錯誤だが)を構えた場所だったし。

まーなんでこうも思いのある場所から消えて行くかなー。
事業をいちいち云々するつもりはないけど、ただただ寂しいですな。

高知遺産のお買い求めはこちら





 今日こそ一位奪還? 今日のランキング順位は・・・四国ブログランキングはこちら。

コメント

椿荘、覚えてるよー。
「高級アパート」って名乗りが変な感じで印象的だった。
...もうないのか。ああ。

跡形も無く。
あの界隈、もう何も跡形ありませんで。。。

高知遺産を取り出してみてみた。
比島は、結婚前少しすんでいたことがあり、会社まで自転車通勤していたので、変わりように涙が出る。雪蹊寺の前の道も、建物の取り壊しが進んでいる。門前町、遍路宿の匂いがなくなってしまった。
これも、「おじいちゃんの自転車」か。

雪渓寺の前、そんなことになってるんですか。ひえー。長浜は道が狭いのは確かだけど、なんだかなーという感じですね。もちろん道路は大切だけど。
最近思うのは、あと10年もすればなくなってしまうような限界集落でも、なにかの工事とかで何億という金が飛んで行く。その一方で美術館の年間予算は億にもならない。受益者というのを考えると、果たして何が大切なのか、ようわからんくなります。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)