« 沖の島小旅5 「10月に泳ぐ」 | メイン | 大阪小旅1 「考えること」 »

2005年10月07日

●高知遺産を大阪で語る、の会。

osaka00.jpg
▲写真提供/405

 行ってきました「けんちくの手帖」。
 場所は梅田からほど近い中崎町の「common cafe」。このカフェは、中崎町駅からほど近い古いビルの地下にある、日替わりオーナー制の小さなカフェ。設計したのは建築家の吉永さんで、2年前からのつきあいだ。


 そもそも今回の「けんちくの手帖」とは、建築本を作りたい人たちのための連続レクチャーのような催しで、今回で4回目。ただこれじゃあいまひとつ分かりにくいので建築の手帖のHPから宣言文を引用しておく。

 建築やまちづくりに関して一冊の本にできるほどのコンテンツを持っている人は少なくありません。個人で本を出版することは経済的・流通的に難しいことですが、それでも自らの思いを本に託して世に伝えたいと思っている人はたくさんいるはずです。
 「けんちくの手帖」プロジェクトは、そうした欲求を持つ人々と"けんちく本"を集めて、既成の出版とは違うルートで世に広めることをたくらむ有志の集まりです。
 その手始めに「カフェでしか読めないけんちく本」という企画を始めます。これは大阪、中崎町のカフェ「Common Cafe」の本棚に面白い内容にも関わらず本屋や図書館では扱っていないけんちく本を並べ、業界の方はもとより一般の方にも読んでもらおうという企画です。
 また、この企画と連動したイベント"architects' BAR「けんちく本つくりたい人集まれ」"を3ヶ月に一回ぺースで行います。有名無名を問わず興味深いけんちく本を作っている方々をゲストスピーカーに招き、自らのけんちく本について熱く語ってもらうイベントです。
 建築について面白いアイデアやデータを持っておられる方は関西にもたくさんいらっしゃいます。しかし、それを紹介するメディアが乏しいため、そのポテンシャルは十分活かされていないのではないでしょうか。この企画がけんちく本のarchiveとして関西の建築メディアの一翼を担えればと思います。あなたも関西発の建築メディアを創立に参加してみませんか。

 とまあこんな感じのイベントなので、「高知遺産」はまさにドンピシャ。今回は特に「自費出版で、既に本を出しましたが、その過程とこれから」について語るべしとの命を受けて、東京に続き大阪デビューを果たしたというわけである。
 高知遺産から出席したのは、おいらとイドカメラ。高知からはるばるイドカメラ号にてのんびり4時間かけて(デミ子なら3時間)大阪入り。しかも梅田、神戸、東大阪とこの日は阪神高速各地での事故があり、大阪周辺の道路のあちこちが大渋滞。結局豊中から市内に入るまで1時間半以上かかってしまった。

DSC03542.jpg

 開場は7時。それまでにとりあえずmacminiを据え付けして、「失う前に、もう一度。」展の時に使ったスライドを流しっぱなしにしておく。そして8時前からは三味線の演奏が始まり、会場もいつのまにか30人くらいのほぼ「満席」に。
 レクチャーの詳しい内容はたんぽぽさんの日々雑記を参考にしてもらった方が客観的で分かりやすいと思うけど、前半40分はkeynoteを使いながら「高知遺産のはじまりから出版に至るまでの戦略と歴史、これから」をおいらが説明。そして中盤40分くらいは「失う前に、もう一度」から高知の風景をおいらとイドカメラが説明、後半は12時過ぎまで質疑応答等々。。。結局4時間以上喋り続けていた勘定になる。

 ここで改めて知ったのは、「高知遺産」という本が、偶発的になのか必然的になのか、悲しい街の現状を取り上げながら、ある意味爽やかにしなやかに、そのことがまとめられた一冊に仕上がっているということだった。
 また、今回この本であえて軽くしか触らなかった、「街のこれから」の部分をいかに今後提案していくか、そのことが大変重要な課題であるということも。このことは、たんぽぽさんが書いてくれている「『高知遺産』の場合、「知らんかった高知が載っちゅう」ということで買われても(販売としてはここまでで目的達成かもしれんけど)、そっから先の「失う前に、もう一度」の受容のされ方(こっからは利益抜きの作り手の想いのベクトル?に関わってくる域かなぁ)はまた幾つかに分かれてくると思います。」というのが端的に示してくれているんだけど、出版以後も次々と消えていく遺産を前にして、何もできないこの歯痒さを何とか解消していくためにも、必要なことなのかなと。

43766320_241.jpg
▲写真提供/まっさま

 まあそれ以外にもたくさん思ったこと考えさせてくれたことはありますが、ここではこれ以上書きません(笑) 次のステップできちんとおいらたちが実現していきたいと思いますので。

 ちなみに、東京のポポタムの時には、1ヶ月の高知遺産展の間に、高知遺産のトークを1回、沢マンのトークを1回(VTR1回)の計3回をやった。あらあら、なんだか微妙な高知ブームだなー池袋では・・・とか思っていたら、今回の「けんちくの手帖」でも今回は「高知遺産」をやり、次回1月には沢マン研究家の第一人者加賀谷君による沢マンのレクチャーをやるのだとか。なんだか高知のディープなところが徐々に取り上げられつつある感じですなあ。
 ちなみに、アルネやクウネルでは、「ライト」高知がどんどん取り上げられていっている。セブンデイズホテルとか日曜市とか、主に梅原さんの関係でどーんと。最近では「沢田マンションにあの人が!」でも書いたように、料理研究家の高山なおみさんまでやってきた。
 いままで、高知はなんだか特に中央から取り上げられることもなく、いつまでたっても龍馬関係でしかネタにならないような感じになっていたけど、ここ数年でかなり風向きが変わりましたな、なんてことも静かに感じた一日でございました。






 第一位の座からついに無念の陥落。次はいつ復帰できるのでしょう?
 百足館により多くの人に脚を運んでいただくためにも、四国ブログランキングをぜひチェックしてみてください。

トラックバック

» けんちくの手帖vol.5 『高知遺産』 from 日々雑記
昨日は待ちに待った「けんちくの手帖」へ、京都にいる弟も誘って行ってまいりました!!場所は中崎町のCommonCafe。本来は建築や街づくりに関する本を自費出版したい!というような欲求を持つ方たちの有志の集まりなのですが、建築に関わる勉強をしていない私のような者に... [Read More]

» 高知遺産〜けんちくの手帖 from refs VOICE
. . 長い......しかし 心して お目通し頂きたい . . . 年月を経た美しさ これは つくろうと思っても なかなか 再現できるモノではない そこに 人々は勝手な ノスタルヂィを感じ 残して欲しいと云う勝手なワガママを抱く 廃墟や廃校などは そ... [Read More]

» けんちくの手帖 from きょうのできごと
10/7 中崎町のcommon cafeで『高知遺産』を語る会があった。 なかなかアツイイベントでした。終了後も、興奮醒めやらぬKカメラ(18専属)と 語らい、終電を逃す羽目に。。 イベント詳細はけんちくの手帖で。 『高知遺産』とのつながりを辿ってみると・・・ 一... [Read More]

コメント

どうもです。
先日はとても楽しい講演でした。
『高知遺産』という本が

>>偶発的になのか必然的になのか、悲しい街の現状を取り上げながら、ある意味爽やかにしなやかに、そのことがまとめられた一冊に仕上がっているということだった。

全くそのとおりだと思います。
そしてあんなに色んな方たち、建築を勉強中の若い方から、既にその道で知識も経験もお積みになっているような方、私のように建築とは全く無縁の者までみんながあの場で『高知遺産』を見ていろいろ思いをめぐらしていたことが、なんかおもしろいですねぇ(笑)。
私は最初本を手に取ってひとりで消化していた期間は、知らんかった高知を見た感激と好奇心、それからそれらを「失いたくない」ということしか考えていませんでしたが、何か今回あの場所でいろんな方の意見を聞いたりして、失いたくないのはモチロンですが、じゃあどうやって時代の物理的な都合と折り合いをつけていくかというようなこと、それについて決して悲観的でなく、なんか可能性はあるなぁ、というようなことも思い始めました。

それについては

>>次のステップできちんとおいらたちが実現していきたいと思いますので。

これ、頼もしいです。

にしても、あの会のことだけにしてもブログを通じて「反応している」いろんな方の意見に触れられて、たのしいです〜。

陥落させちゃったついでに1500の壁も突破しちゃったよ。
勢いってのは恐いね。多分直に復帰されることと思います。

さて高知遺産ですが、メッセージを伝えるだけじゃなくて、その先が重要と。
ふむむ、凄いなあ、若いもんもなかなか捨てたもんじゃないよなー、とオバサン感心しきりです。
なんかもう一回(・・・って表現も妙だけど)まちづくりに燃えたくなっちゃってます。
何かやる?高知で。
オオサカやらトーキョーでの発信ももちろん価値はあるけんど、地場からもなんかやらなね。

.

先日は遠いところ お疲れサマでした。
お話できて 嬉しく思います。

また 当日の「けんちくの手帖」こと
自分なりに 消化作業中です。
まとまり次第 ブログにてアップして
またTBなぞ させて頂こうと思っております。

Mac mini 携帯に便利そうですね。
旧 i-mac ユーザーの自分としては
mini へのスライドが便利かなと感じてしまいました。

なには ともあれお疲れサマでありました。


ささやかですが
出来るかぎり毎日伺ってクリックさせて頂こうと思っておりマス。

.

Tムラ君、色々と飛び回ってますね。
その行動力と意見には頭がさがっりぱなしです。
小生も以前、建築設計の仕事に係わっていたので考える所がたくさんあります。
時間が経つほどに風合いや親しみ、愛着のわくような建物や家具など、高知の自然から生み出される物から発信できると思っています。
大きな山、大きな川、大きな海がたくさんある自然力と風土力を持つ高知だから。
後は人間力だけです。

 どもどもみなさま。おいらもまだ大阪での出来事(翌日も含む)や出会いを消化しきれず、それどころかあまりにも歩き過ぎて筋肉痛になりました。
 高知だけでやっていては分からないこと、見えないこと、そんなんが前回の東京も含め、今回の大阪では一気に色々と見えてきたような気がします。来週には高松でもあるので、ますます楽しみです。。。

 今度は、今次々と「高知遺産」を通じて得させていただいている収穫や出会いを、高知で高知流おいらたち流にまたアレンジして、これまでの高知にはなかった刺激をまた作って行けたらなと思っています。そして、高知というフィールド内での話に限らず、これまでどこか一方通行だった都市と地方の関係も、長い眼で何か変えて行きたいですね。これまた今すぐできる問題というわけではありませんが。

 まあなにはともあれ、今回の大阪は、収穫大でした。詳しくは明日あたり記事をアップしますね。

今後の予定記事
1.大阪で学んだこと、そして高知流へ
2.高松小旅 秋の編
3.文佳人 海月の宴
4.山の麺プロジェクトが始動

お疲れさま☆緊張しました?ポポタムで確か呑みながらだったような。。。
それより写真右の男性の手の位置が怪しく見えて笑っちゃいました。失礼〜
色々のせて下さいね楽しみにしてます!
去年「アルネ」で高知日曜市、セブンデイズを見てますます行くきっかけに。

緊張は最初の10秒間でしたね。あとはいたって普通に。
ポポタムの時と同じでした(笑)
また高知も来るべし、ですよ。
東京・大阪・京都・神戸と高知のパイプ、おいら的にはどんどん太くしていきたいっす。
高知にきたら、おいしいタタキを食わせます!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)