« 土佐山田でアートと路地を考える | メイン | マンゴレ・ビアンコ 絵金蔵マンドリンライブ »

2005年09月18日

●【道(タオ)】の「道カレー」(赤岡町)

taokare.jpg

 だいぶ疲れてきました。ので、絵金蔵でのマンドリンライブに先立つこと2時間、赤岡町の「道(たお)」へ。
 ここは3月の旅福まで、約2年にわたり何回来ても何回来ても何回来ても何回来ても「閉まっている」というどうしても「行けない店」だったのです。が、春以降はやっと自分の中で「縁」ができたのか、月に一度は必ず行っていると思われる店になりました。


 この店は、もともと工科大の卒業制作でつくってしまったもので、それがそのまま仕事場になってしまったという少なくとも高知では希有な例。江戸時代から続く赤岡の脇本陣の一部を改装したお店で、隣はおいらが愛する「人待ち草履」と「待ちフラフ(手提げ)」を購入したおっこう屋。なかなか濃い一角なわけです。

 さて、まずはおっこう屋で杉を使った三日月型のペンダントを購入することになりかけたりしつつ、道へ。まずは珈琲。きはじめの頃はおいらの滑舌の悪い低い声に「え?え?」と聞き返すばかりだったマスター・サワさんも聞き慣れてきたのか or 聞き流すことができるようになってきたのか、コミュニケーションも順調になって参りました。
 んで、詳しくは書けませんが、現在計画中のプロジェクトのこと(おそらく秋にはこのブログでその一部始終を公開?)などについて検討。なんだか変に盛り上がります。んで、腹が減ってきたので道カレーを注文。このカレー、好き嫌いはありそうだけどおいらはとても好きな味。夏とかに食べると脳天から汗が出るのが分かります。でも、めちゃ辛いわけでもなく、甘い訳でもない。ちなみにこのカレーを食べている間もずっとその「プロジェクト」について話をしておりました。それゆえ食べ終わるまで何分かかったことやら。

 まあそれはおいといて、そうこうしているうちにおっこう屋の間城さんがやってきて、しばしお話。この方も旅福ではじめてお会いして(事実上拉致)、以来なんだか可愛がってくれている方です。まだ草履代とフラフ代の残り4000円が未納です。きちんと払います。まあそれはおいといて、間城さんからは12月に開催される「冬の夏祭り」のことを、ちょうど葉山から送られてきた「葉山のこみち」を見ながら色々と伺いました。そしてお祭りのポスターづくりのことやその他の企画のことで、また一度お話しましょうということに。実は冬夏はまだなんか都合が合わなくて一度も行った事が無いのですが、今年はなんかいい形でかかわれそうな感じです。
 
 あれ。なんかとりとめないエントリーになってもた。なにはともあれ、「道」と「おっこう屋」、まだ行ったことの無い方はぜひ。「絵金蔵」「食蔵一」とあわせ、おすすめのお店です。

(つづく)
 
ここをクリックすると、四国ブロックのブログランキングが見れます。ぜひに一日一度のクリックをお願いいたします。
→最近アクセスはアップしてもランキングに比例しないという悲しい事態に頭を悩ませています。
んで、意外と一日何回も押してくれている方が居る模様。一日一回しか反映されませんのでご注意を・・・!

コメント

絵金祭りの時は「道(たお)」で ナンカレー食べました。
読んでたら行きたいな〜って。思い出したよ。

>一日何回も押してくれている方が居る模様。一日一回しか反映されません...
って知らんかったよ。二回ほど押したりしてたかも。勉強しました。

明日は道3周年記念Pでっせ。
6時くらいからあるみたい。会費は3000円なりよ。。。
えいで、道は。とことんまで和みます。

>って知らんかったよ。二回ほど押したりしてたかも。勉強しました。
これからも押し続けてねん。
mixiの方も最近洗濯ネタで盛り上がってきてるのう(笑)

道(タオ)の横隣にあるおっこう屋です。新しくホームページを開設しました。是非、見て来て下さい。楽しいですよ (^o^)/

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)