« もうよくわからない、衆院選の行方 | メイン | 台風接近中 »

2005年09月01日

●衆院選の風景inはりまや橋

 衆院選の告知後初日の夜、はりまや橋交差点で信号待ちをしていたら、反対側の車線にある政党の街宣車?が右折しようと停まっていた。

 もう8時前だったから街頭演説とかの禁止時間直前で、まさにその日最後の街宣活動。ずっと見ていると、そのすぐ横を通過するタクシーがクラクションを鳴らして「応援」の意思表示をしたり、同じくタクシーに乗ったお客さんが窓をあけて「がんばって〜」と手を振ってすぎて行ったり、交差点から手を振っている人がいたり。それにひとつひとつ街宣車はありがとうと答える。
 なんか、こんなにも生々しい?選挙前の風景って久しぶりに見たような気がする。それも、高知のまさにど真ん中で。

 なんだか、これまでももちろん選挙は行ってきたけど、どこか惰性で一票を投じてきたような気はする。もちろん全く考えていないわけじゃないけど、今回ほど迷わなかった。折しもこの街宣車を見ていたとき、丁度テレビでは自民党と民主党の党首がそれぞれテレビ演説をしていたんだけど、なるほど自民党のいい分もよくわかる気がしてきたし、民主党のいい分もわかる。まあ結局は、自民党は郵政民営化があらゆる改革の端緒になるという各論から入って、民主党は総論から入って全体を個別に改革していこうということなんかなと。明らかにパンチは前者が強い。だけど総論の説明がないからとっても不安。逆に後者は、総論は賛成できるけど、各論が弱い(まあ与党じゃないから仕方がないのだが)ので不安。ほんまかいなと。

 そんなことを、この風景を見た日、静かに思った。んー。わからん。

トラックバック

» 民主主義の経費=700億円とか from けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト
 今回の総選挙の費用は700億円を超えるらしい。それは選管の費用であって、全候補 [Read More]

» 政治への関心が高まっている!! from 京男達の『なんで屋』道中記
突然ですが、今回は政治の話を・・・。 9.11の衆議院選挙は、非常に興味深かったですね〜。 いまだに皆の中に熱いモノが残っている気がします。 というのも、なんで屋では、今でも政治関心アンケートを取っているんです。 それを見ると、今回の選挙の関心の高さが... [Read More]

コメント

同感です。今回はほんと悩みますね。
しかしここまで政治に無関心だった国民を、政治の方に顔を向けさせた小泉さんは評価すべきですね。
マスコミを使うのがうまい。
でも正直なところ憲法第9条問題もあるし、自民党というか小泉さんはいまいち信用できないというのが本音かな…。

その点はすごいですね。森さん時代、底打つほどに無関心になっていたのに、よくぞここまで。だけど、今の状態は少しひどいですよ実際。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)