« 小津神社の一方通行で・・・! | メイン | 全ての原点20W製作所、そしていま、【Voile】 »

2005年08月19日

●AppleのKeynoteがすごい

motion_flip20050111_2.jpg

 「高知遺産」第二版もほぼ完売。第三版をさていつ出すかというのが次の問題になってきていますが、それとは別に最近「高知遺産」の関係でいろいろなところでお話をする機会が多くなってきました。
 6月→高知市民会議の会にはじまって、7月→池袋、9月→四万十市の青年部みたいなところ、10月→大阪中崎町「けんちくの手帖」、高松TMO「まちラボ」、11月?→高知女子大、かるぽーと等。。。
 そもそもおいらは人前で大きな声で喋るのが嫌いなので(話せて5人まで)、そもそも場違いなのです。なのでポポタムがそうであったように、人前で話すときは、大抵は酒を飲みながら誤摩化し誤摩化しでやってきたわけですが、この先は果たしてそうもいかないものも多そうだと。また、9月の会は会社の業務で作成した「仁淀川お宝地図」の制作過程のレクチャーも含め「会社」の名前で呼ばれたのでなおさらです、酒を飲みながら喋るのは無理そうです(笑)

 そこで導入することにしたのが「keynote」。ひとことでいうと、MS社のダサダサプレゼンツール「PowerPoint」が200倍かっこよく、使いやすくしたソフトです。スライドからスライドへのジャンプもスムーズかつ美しすぎるアニメーション。テンプレートもいちいちかっこいい。色も16色しかないような(イメージとしてですが)PPとは違い、自由に渋い色を選択できます。日本語フォントは少ないですが、もともとMSゴシックにあたるヒラギノがきれいな書体なので、その点でもあまりストレスを感じません。
 そして何より驚きなのが、一日もあれば使い方がすっかり分かるという単純な操作。おいらは今回ワードで元原稿をつくって、そこからプレゼンを作成したんですが、一日でほぼ全ページできあがってしまいました(むろんその後は手直しを続けていますが)。PPも過去何度か触ったんですが、そのときはいまいちよく分からなくて1時間で手を引いてしまいました。まあこれはおいらがapple信者(だけど細かいことは分かっていないエセ信者)ゆえかも知れませんが。。。

 まあなにはともあれ、これからはkeynoteです。イラストレーターとワードを足したようなデザイン性の高いワープロソフト「pages」と合わせてワンパッケージで8.190円。これはお買い得です。。。


ランキング参加中! ぜひクリックをお願いします!

コメント

今更ながらに、10月の大阪中崎町でのことを知りました。
cafecommonやけんちく手帖のサイトも早速見てみました。もし、お話になる内容がどんなものか大筋でも決まっているようでしたら、教えていただけませんか。
予定の日は会社の月次の定例イベントがありますが、何とか都合をつけて、聞きに行きたいなーと思っているのですが。

common cafe、けんちく「の」手帖でしたね、コーフンのあまり、間違いだらけ、すみません(笑)

どもども。。。
緊張しますなあ(笑)
でもぜひ聴きにきてみてください。。。けんちくの手帖自体、なかなか面白いイベントですよ。。。自分の回だけじゃなく、他の回もぜひ参加してみてくださいね〜

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)