« 13日よりいよいよスタート、高知遺産 東京展 | メイン | 東京小旅1 「そのお楽しみとは」 »

2005年07月15日

●迫力の絵金【須留田八幡宮宵宮】

DSC02174.jpg
昨日見そこねた赤岡町の須留田八幡宮宵宮に絵金屏風絵を見に行った。 有名な絵金祭りは明日から。でも、ゆっくりと絵金を見たいなら宵宮だと聞いていたので、今年初めてぶらりとしにいった次第。 この宵宮は、いわば絵金祭りの本祭で、「絵金祭り」はホントは後夜祭みたいなものらしい。 7時30分以降は通りの照明がすべて落とされ、まさに暗闇の中に絵金の屏風絵が浮かび上がる。 こうしてみると、すごい迫力。絵金蔵で見慣れた屏風絵の数々も、また違ってみえる。。。

ちなみに絵金蔵では、この絵金祭りに合わせて蔵長の語り部講座が催されるほか、白描の展示、土佐山田の幻の絵金屏風の展示なども行っている。また、16-17日は絵金蔵の前の農協倉庫で土佐絵金歌舞伎の上演、酒蔵開放などもあるので、ぜひに赤岡へ足をお運びくださいませ。

詳しくはこちら→絵金蔵

トラックバック

» おどろおどろしき絵金祭りかな from はたけの収穫
先週の7月17日の日曜日、赤岡町にて行われた、土佐赤岡第29回絵金祭りへ行ってきた。    絵金の芝居絵大屏風は、一年に一度、夏祭りの宵にだけとり出されて戸外にかざられ、人々の前にあらわれる。幕末に始まって以来、百数十年の間、変わることなく続けられている [Read More]

コメント

えっ!もう絵金見れるのですか?
知らなかった(大汗)
明日よさ練後に頑張って行ってみようかな・・・

昨日今日が「宵宮」で、お祭り的な装置がないのです。
明日あさってがお祭りモードですね。

うわ〜〜!!見たかった!すごく良さそう〜、
絵金歌舞伎ってのがまためちゃめちゃ魅力的。今年は祇園祭にも足を運ばず...高知うらやましいです。いいなあ。。ため息。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)