« 迫力の絵金【須留田八幡宮宵宮】 | メイン | 東京小旅2 「両国・世田谷・池袋」 »

2005年07月23日

●東京小旅1 「そのお楽しみとは」

明日24日、ポポタムで開催中の「高知遺産 いきなり、東京展」でのイベントに出るべく、間もなく高知を出発いたしやす。

今回の小旅における小さな「お楽しみ」は往路の「サンライズ瀬戸」。
まだ客車時代には何回か乗ったことがあるけど、電車化されてからは初。
ああ・・・やっぱりこういうところで元・鉄男の血が騒ぐ。
ちなみにノビノビ座席だと16000円くらいで東京まで行けます。
高速バスは12500円なので、お買い得です。

明日は新宿・世田谷・池袋辺りをウロウロする予定です。
でもなんか東京ってあまり行きたいところないなぁ・・・
これが関西とか山陰とか九州だったらもっと楽しいんだけど。
しかも地震あったみたいだし・・・こえー

地震嫌い

コメント

まあ、そう言わずにまた遊びに来てくださいよ。
久々の再会楽しかったです。
今度は高知で、かな?

はじめまして。「文佳人」で検索かけてたらこちらの5月の日記に行き着きました。東京小旅のコメントじゃなくて申し訳ありません。
私は文佳人に今年、嫁にきた者なんですが、4年ほど前まで、グラフィティのある建物の2階で働いてました。グラフィティができた時に退社してしまったので、ギャラリーにこられる作家さん達はほとんど存じ上げなくてすみません。
文佳人を飲んでいただいているようで、有難うございます!こんなマイナーな酒によくぞたどり着いて好きになってくださって…。グラフィティのパーティー(?)で文佳人を、だなんて、私的に何だか「縁」を感じてしまったのでコメント残させていただきます。
今後ともうちの酒をよろしくお願いします!

おお〜すごいつながりですね! 
文佳人はほんまおいしくて、大好きです。
先日のパーティでは、自分も含め2人が酒を持ち込んだのですが、両名とも文佳人でしたよ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)