« 【沢マン18号のえせスローライフ】今日はタケノコ | メイン | 【展覧会】失う前に、もう一度 »

2005年04月21日

●再び赤岡へ【おっこう屋】(赤岡町)

ちょっとだけ久しぶりに赤岡。なんかここんとことっても赤岡づいている18号です。

本日は高知遺産の納品で絵金蔵へ。しばし蔵長と話をして、それからましろさんのお店へ。
移転から2日目ということで次から次へとお客さんが。
んでそうこうしているうちに草履とフラフ袋を購入することに。
んで今日はお金がないのでお取り置き扱い。普通なら予約済みと書くところ、紙を渡されて「なんかえい言葉でかいてみーや」と筆を渡される。


ほんでおいらは草履に「人待ち草履」、フラフに「待ちフラフ」としたためた。
なんかえらい人待ち草履を気に入られて、買いに来るがはいつでもかまんきまたきーやとのこと。

DSC01290.jpg

はいいわれんでも行きますき。また珈琲飲ませてください(笑)
※写真はまた明日

>>>はよう写真アップせえと思ったらここをクリックしてくださいな

トラックバック

» アイデアとセンス from sawaman room11
昨日、絵金蔵の蔵長が誕生日プレゼントだ。 と米袋をくれた。(写真では緑っぽいやつ) いえ。ただの米袋ではございません。 高知・赤岡町のとあるお店にて購入: 米袋を裏返し、両端はミシンで縫ってあって皮のひもがついてある。 表には色合いよく切抜きしたり色え... [Read More]

» 【ちょっと蝋燭の灯で映画、観ましょうか。】赤岡シリーズ from 高知沢田マンション百足館通信
はい、またもや赤岡です。昨日は夕方はシノッチとNPOのこととかで打ち合わせして、女子大で雑誌のラフのことでお話して、その足で赤岡町の「道(タオ)」で開かれた『ちょっと蝋燭の灯で映画、観ましょうか。』に行って参りました。... [Read More]

» おっこう屋と「曲がった根性もまっすぐになるお茶」 from 日々雑記
赤岡の絵金蔵近くに、珍品揃いのおっこう屋という、骨董あり、街のおじいちゃんおばあちゃんの手作り雑貨あり、の何とも異次元なお店があります。 ぼぉーっといろんな品を見てますと、ちゃきちゃきのはちきんおばちゃんが寄ってきて、「まあ茶でも飲んで行きや」ってなこ [Read More]

コメント

はじめまして。
今夏帰省の折、絵金蔵の帰りに偶然おっこう屋に立ち寄りました。わたしはコーヒーでなくて「曲がった根性も直るばあ、苦いお茶」をもらいました(笑)。
トラバさせてもらいました。沢マンは北環のせいで実家からも近くなりました。またちょくちょく遊びにきます!

TB、コメントありがとうございます!
絵金蔵、おっこう屋、道と、赤岡はなかなか面白いことになってます。。。高知の田舎町では最も静かに面白いのではないでせうか。
おいらはおっこう屋の草履、ずっと気に入って履いています。「旅日記」の京都・大阪、東京ともいずれもこいつで。もう靴には戻れません!

おっこう屋のホームページを開設しました。
見て楽しんで下さい。

楽しいおっこう屋のホームページを新しく開設しました。新しいページを増設したんで楽しいですよ。

楽しいおっこう屋のホームページを新しく開設しました。新しいページを増設したんで楽しいですよ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)