« 意味不明な誘い | メイン | 【一歩ずつ進歩】ゴーヤチャンプルー »

2005年03月16日

●夜のうどん屋【おかだ】(高知市)

今度新しく創刊する雑誌velocityの打合せが週に1-3回。
といわけで昨日もそれだったんだけど、終了後編集長と話していたらうどんの話になって、突然編集長オススメのうどん屋さんへ。

 司の近くの小さなうどん屋さんで、なんでも夜しかやっていないんだとか。もう午前1時前だというのに店内はサラリーマンたちで埋まり、なんだか中野とかあたりにありそうな感じのお店だ。
 おいらは醤油うどん(はじめていく店では醤油うどんを注文することが多い)。ちなみに編集長はとろろうどん。うどんは少しべたっとしてるけど自分的には好きな感じ。厨房を見るとうどんを機械で切っていたので得々よりはいいのかな。醤油も適量だけボトルに入っていて、ある意味安心。愛想のないおんちゃんと微妙な愛想のおばちゃんが次々注文をこなしていくのもまた印象的。

うどんのおかだ
088-871-5516

DSC00917.jpg

1回だけ真心のクリックを