« 高知遺産の本づくり2 | メイン | やっぱりappleは面白い »

2005年01月09日

●車が決まらない

ついに昨日愛車デミ夫が壊れた。燃料ポンプが壊れてしまった。
1998年以来16万km、東は伊豆から西は鹿児島、北は白川郷までホントにあちこち一緒に走った車で、しかもはじめての自分の車だったから愛着もひとしおだったのだが、もう限界っぽい。
この日は、フィアットパンダを見ようと思い(どうしても決め手に欠ける)、コンビニでどこの店にあるかを下調べしていた。それで南国・大津方面にあることが分かって出発しようと思ったら、デミ夫はエンジンのかからない体に。
至急マツダさんに来て貰って診断してもらうと、エンジンに燃料がきていないとのこと。当然パンダを見に行くどころじゃなくなって、デミ夫はそのままマツダのお店にドナドナ状態で牽引されていってしまった。まるでパンダを見に行こうと思ったその時に合わせるかのように、止まってしまった。


夜、ロッキーを借りて家に帰ってくると、ツタヤの駐車場で今度はパンダに遭遇。ひさしぶりに実車をみたがこれもまた運命的なすれ違い。やっぱりこの車だけだ。魂を揺さぶられるのは。
しかしやはりパンダはあまりにもろすぎる。はじめてまともに日本車メーカーのHPも見て色々考えてみるが、パンダほどくすぐられる車は見あたらない。でもデミ夫がこの日そうであったように故障でいなくなるのは(それも頻繁に、の可能性がある)困るし、日本車の新車の魅力も棄てがたい。唯一いいと思ったのはマツダのジムニーみたいな車。ジムニーじゃなく、これがマツダというのがいい。もともと軽の4WDは魅力的だったというのもあるけど・・・
そして今日。昼ツタヤに車を何も考えずにとめるとそのジムニーもどきが隣に。これも運命か?いな、どれが運命なのだ?

コメント

外国バイクをもっていた経験があるけど、メカに詳しくなかったら国産がいいよ。でも調子が悪いのも魅力だったりします。

友人二人が所持しておりますが、機構が単純なのによく壊れます。夏で渋滞するとすぐにオーバーヒートします。サンルーフの布の部分がほつれます。雨がたれます。ドアがぺらぺらで常に不安です。坂道で原付に抜かれそうです。

でも、かわいい。二人の友人はすごいうれしそうな顔をして壊れた話をしょっちゅうします。

近くにいじれる車やさんがあるといいのですが。

あとはよりハードにLADA NIVAというのもあります。これ僕欲しい。
http://www33.ocn.ne.jp/~vaz2121/
http://usedcar.autos.yahoo.co.jp/detail.html?arid=F0501061000F054016859

ソ連の車です。基本設計をFIATでやったみたいでパンダを四駆にしてワイルドにしてソ連にした感じ。(どんな感じだ)
是非これにしてください。見に行きます。

ご指摘どうもです。ホントに迷い続けましたが結局新型デミオにしました。結構乗る自分にとって、パンダはあまりにも不安要素が多すぎる。いい車屋さんも知ってるのですが、やっぱりその方もパンダはあまりオススメしてくれなかった。入院したら長くなるとも。。。
ちなみにこのソビエト車もすごいひかれてました。まーでもソ連でしょう・・・?

あのデミオ壊れちゃったの?
で、また新型デミオか。
なんつーか、
タケムラさんらしいよね。

・・・って
おひさしぶり。
元気そうで何より。
そして、色々活動してて何より。

わたし、ここのブログ今日知ったよ。
連絡してもレスなしなのは
相変わらずね(笑)
しかもケータイアドもかえたでしょーー
(`へ´)プンプン

今、わけあって高知に帰ってきてます。
私もブログとかもってるよ。
詳しいことはここじゃかけんから
一度メールちょうだい。

もーレスなしはやめてくれー。

あなたいつも突然に突然の用事を言ってくるので対応できないんですよ(笑)
家・携帯・車と次々更新しています!

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)