« やっと本格始動・百足館 | メイン | 高知の市町村財政待ったなし »

2004年12月08日

●フィアットパンダ

7年間乗り続けたデミ夫がいよいよ調子が悪く、乗り換えを検討している。そのなかで、はじめて車を買おうと思ったときの第一候補「パンダ」がここにきて急浮上している。

101_0119.JPG


中古で探すと30〜120万まで幅広く、とてつもなく悩ましい。安全性能はこれまたとてつもなく低いような感じだが、果たしてパンダに決めてしまっていいのだろうか。
高知に帰ってきてからパンダはいままでほとんど見たことがない。高知ではおそらく知名度もそれほど高くはなさそうだ。一歩間違えればただの古い車。だけど飽きのこない、7年前に購入を検討していた時代となんら変わらない不思議な魅力を放つ車。Macintoshともどこか通じる、絶対にA級にはなれない、だけどなんだか可愛らしい、なくなってはほしくない・・・という気持ちを持たせてくれる車なような気がする。
問題は左ハンドルになるので、その時沢マンの駐車場に安心して入れられることができるかどうか。実はここが一番頭が痛い。

コメント

うむむー。そうねえ。駐車が恐いねえ。 でも黄色いパンダはいいよ!!

リーダー勇気ありますね。すごい、パンダとは!
白ってありますか?白のパンダに黒で柄を落書きさせて下さいよ。まんま。

いま考えているのは青か赤。黄色はいまのところ市場に出てないねえ。白のパンダは・・・かわいすぎる・・だけどそれでは職場には行けないかも(笑)

初めまして。
トラックバックピープル経由で参りました。
なかなか見掛けないですよね、パンダ。
でも偶然見掛けると「おっ!」と思ってしまいます。
沢マン、mac、パンダ・・・すごく魅力的な響きです。

なかなか中古屋さんまで見に行く時間がなく、なかなか決まりません。高知では滅多に見ないので、なんか楽しみですね、これで高知を走るのが。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)