« 合併はどんどん破綻 | メイン | 今日からよさこい »

2004年08月09日

●鳥肌実時局講演会

またもや行って参りました鳥肌実。
以前ほど「ネタ」重視ではなく、どちらかというとまさに「時局を斬りたい」んだけど最近の時局はいまいち斬り甲斐がなくて苦労しています・・・という空気を漂わせつつ斬っていくところがおもろい。
重慶のサッカー問題では、戦車でスタジアムに乗り込んで中国人めがけて云々などと言いながら、ホントにこれでいいのか?とちょっとマジ話的なところも。日本がこれまでにODAでいくら中国に投資をしてきたか、重慶のスタジアムはどこのお金でつくったのか、なのにそれでなぜミサイルを向けられ、こうして罵声を浴びなければならんのか?・・・ネタというよりも「真」。
その他なんだか普通に帰ってきてしまったジェンキンズさん、なんだか普通に落選してしまった辻本さんや宗男さん、どういうわけだか四国遍路の管さん、もちろんお約束の創価学会や共産党など、ホントに時局のことばかり。いまひとつ現実は鳥肌のいうように「斬り甲斐のないオチ」に収まってしまっているので確かにやりづらそう。
これからの時代ってなんだか複雑な時代すぎて、鳥肌のようにざくっと斬るのは難しくなっていくのかも知れない。だからこそ斬ってほしい。それが楽しみ。

ちなみに、一番受けたのはナベツネを首相に据えたら日本はすごいことになるという話。

コメント

鳥肌実時局講演会の情報が来るようにと、
メルマガの契約はしてるんだけど未だに予定が合わず。というか、ひとりで行くのはちょっと怖い。
だってホームページが怖い。

ドモ!
兄さんを見つけてはしゃぎすぎました。スイマセン。
どうですかねー。ヤマちゃんとも言ってたんですが、ネタはやっぱ去年の方がオチ的にも聴衆を満足させてましたよね。やっぱ今回はネタが厳しかったからかなぁ。
うんうん、ナベツネ首相ネタおもろかった!
あと忘れてしまったんやけど、冬ソナに対抗して、
夏の…なんやったっけ??思い出せないー!

とにかく難しかったよね。鳥肌も観衆の反応を見ながらネタを出していたような気がする。イラク人質のとことかは慎重だった。
いやしかし、それでもやはり毎年聞きたい。その折々の時勢をどう語るのか?

鳥肌の公式が立派になってたので驚いたなぁ。
以前あった半ズボンの鉄の写真が無くなってる。
あの人かなーりイイ味出してたんですけどね…

私も行きたいがひとりではちょっと、、、
ジョウちゃん一緒に行く?妹は何度か足を運んでいるようです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)