« 【恐るべしNHK】地球大進化 | メイン | 矢野絢子 »

2004年05月21日

●道案内の作文

国語教育のあり方がまさに問われる問題や〜。
学校で教わる国語には、答えがひとつしかない。「筆者がどのように考えたのか、答えよ」とかそんな質問に、高校生時代の自分も必死に「良い解答」を考えたものだった。でも数学や理科じゃないんだから、んなもんあるわけないっつの。一般的にみれば「こう考えていたんでは?」という答えはできても、それは決して答えじゃない。
Yahoo!ニュース - 社会 - 産経新聞

この質問は良問なのか悪問なのかはよう分からん。ただ「あなたがおじいさんにどのような配慮をしているのかがわかるように」という一文は、確かに難しい!

・・・見る限り体力がなく、果たしてどこまで歩いていけるのかすら分からないようなおじいさんと見受けられたので、公民館へ行くことなくまず病院へ行くことを勧めた・・・0点

コメント

作ったやつは面白問題だぞって浮かれたと思うんだ。
自由に点付けてで今の若い奴の感受性を試しちゃう
ぞーとかって。
でも問題の構成がダメダメだからみんな迷ちゃった
と思う。誰かダメだしするヤツは居なかったのかね…

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)