« 2004年04月 | メイン | 2004年07月 »

2004年05月28日

●懐かしのMacSE

もう10年くらい前、京都にいた時代、その部屋にはSE30があった。当時ですらほとんど実用にならず、せいぜいテトリスをやるくらいしかないマシンだったが、その部屋にとってなんだかとても大切なパーツだった。

続きを読む "懐かしのMacSE"

●さすが小泉、言うことが違う!

小泉首相:「金総書記はおだやかで快活
 小泉純一郎首相は27日の参院イラク・武力攻撃事態特別委員会で2度にわたる日朝首脳会談を行った北朝鮮の金正日総書記の印象について「独裁者と言うとおそろしい、不気味というイメージを持っている人が多いと思うが、おだやかで快活な、冗談を飛ばす、頭の回転の速い人だ。信頼できようができまいが、交渉していかなければならない」と述べ、評価した。その後、記者団から「どんなジョークを飛ばしたんですか」と問われた首相は「まあ、それは忘れたね」と述べた。

続きを読む "さすが小泉、言うことが違う!"

2004年05月21日

●矢野絢子

自分は一度しか見たことがないけど、とにかくその歌声の迫力は「歌小屋の2階」で見たいくつかの歌うたいとは比較にならないものだった。いや他の人が良くないとかじゃなくてたくさん好きな歌うたいはいるんだけど、矢野絢子の歌声は確かに深くてずんずんと入ってきた。
そしてデビュー。果たしてどこまでいけるのかも分からないけど、比較的近いところからこうした人が出ていくのはわくわくする。

●道案内の作文

国語教育のあり方がまさに問われる問題や〜。
学校で教わる国語には、答えがひとつしかない。「筆者がどのように考えたのか、答えよ」とかそんな質問に、高校生時代の自分も必死に「良い解答」を考えたものだった。でも数学や理科じゃないんだから、んなもんあるわけないっつの。一般的にみれば「こう考えていたんでは?」という答えはできても、それは決して答えじゃない。
Yahoo!ニュース - 社会 - 産経新聞

続きを読む "道案内の作文"

●【恐るべしNHK】地球大進化

《地球大進化》トップページ
こいつは目を離せない。地球が燃え、地球が凍る。CGの迫力がすごすぎる。山崎努がはまりすぎる。NHKスペシャルの底力を改めて感じさせるシリーズ。
最近、民放はつまらなすぎる。どうにも今までの番組を焼き直したようなものばかりだわ、ニュース番組も拉致報道あたりで程度が知れてみれなくなるわ、なんつかかんつか。それでNHKがすごいとか言うつもりはないけれど、民放も張り切ってNスペ程度の番組は頑張って創ってほしい。。。

2004年05月19日

●恐るべし老師の力【市町村合併】

合併期限の接近を前に、高知県でも市町村合併がいよいよ本格化してきている・・・とか思ったら、ここへきて合併は続々破綻を続けている。高知の市町村はどこもかしこも財政が破綻直前だというのによくやるものだ。単独自立で果たしてどこまでやれるというのだろうか?

続きを読む "恐るべし老師の力【市町村合併】"

2004年05月09日

●店づくり【升形安宿MAKAとカフェ食堂マツテラ99】

友人が安宿とカフェが一緒になった店を高知市内に新しく開くことになった。
それで今日は彼女等が借りた一軒家の大改造工事一日目に自分も微力ながら参加。あまり慣れないけど好きな大工仕事というか大工仕事補助をしながら一日が終わる。
昨日は会社の草刈りで、この2日は久しぶりに体力をつかった〜また詳しくはこのブログでもお知らせしていきます。

2004年05月07日

●Macが壊れた!

ついに壊れた。愛機PowerBookG4 500、突然カチカチと異音を立ててハングアップ。
再起動を数回続けているとなんとか起動してバックアップを取れたものの、生きた心地のしない約一日間なのであった。

2004年05月03日

●「おーい!竜馬」にはまってる

このGWは働きはじめてホントに初めての「のんびり過ごす」1週間になっている。それで本棚を増設したり5月以降の活動に向けて色々なことを仕掛けたり、ゆったりとしつつもなんだかそれなりに充実した毎日になっている模様。
そんななかで、本棚整理で「後ろ」から「まえ」に出てきた漫画が『お〜い!竜馬』。一気に生誕からテロまでを読み切ってしまったのだが、なんだか妙に色々なコトが気になってきて、しばらくネットでうろうろ幕末のことについて調べだしてしまった。
竜馬の葬式はどんなんだったのか、竜馬暗殺の真犯人は誰なのか、ホントに春嶽候と竜馬は親しかったのかとか後藤象二郎は竜馬とどんだけ和解していたのかとか。
ほいたら結構漫画の方は脚色が多く、あんだけ親しいはずの以蔵と竜馬が知り合ったのは結構後とか、象二郎と竜馬は結構早いうちに気があっただのなんだの。
漫画なんだから仕方がないけど、やっぱり歴史漫画はある程度は史実に忠実にあってほしい、かもと思ってしまう。まあ面白ければそれでいいんだけどね。

「お〜い竜馬」にツッコミを